抹茶とカルピス

こ、これは、挑戦しとんのかいっ!
コンビニのドリンクコーナーに新商品として並んだ「抹茶とカルピス」。
7月26日から全国発売になった、新しいカルピス・ドリンクだ。

ちょっと和風でキレイにまとまったパッケージはいいとして、「抹茶」と「カルピス」という組み合わせが、頭の中で「どうするよ?」「どうなのよ?」とイエロー・シグナルを発している。

最悪のケースを想定しておこう。それは、まだ緑茶が半分残っている湯飲みに、誤ってカルピスを注ぎ込んじゃって、ヤッベー!でも、ま、いっかと飲んでみた場合より、プラスと出るかマイナスと出るか。

さっそく買ってきて撮影をしたのち、職場で試飲会。メンバーは、俺、AKIRA+、ミネトモの3名。「おいしかったらどうしよう?」とみな期待顔。
キャップを開けて、まず香りを。抹茶とカルピスの香りがする。う〜ん。
そして、カップに分けて口の中に。
「………。」
もう一口飲んでみる。
「……えっと、なんて言うか。」
3人とも顔を見合わせ、言葉を探してる。「微妙」以外の言葉を。
だって、抹茶とカルピスの味なんだもん。2つが融合しているワケでなく、のど越しが妙にサラサラした甘さを控えたカルピスと、後味に抹茶の香りと粉っぽさが残るんだ。
ミネトモは、水気のある果実のような味ではないか、と感想を漏らした。
俺はといえば、ボトル半分は飲めないよとあきらめムード。最悪のケースとトントンくらいか、この味は。

カルピスのサイトに行ってニュースリリースを読むと、清涼飲料市場における緑茶の売り上げが好調であることと、〈和モダン〉なカルチャーとしてカフェ・メニューとして緑茶や抹茶が定着したことを受けて、〈カルピス〉と組み合わせてみたらしい。
前者の市場分析は分かるとして、どうして〈カルピス〉と組み合わせようとしちゃったのか、論理が飛躍してる気も。
でも、商品特長としては、カロリー控えめで〈カルピス〉の甘酸っぱいおいしさと、抹茶の爽やかな香りとすっきりとした後口が楽しめるそうです。

見た目はメロンヨーグルト・ドリンクみたいでおいしそうなのになぁ…。
[PR]

  by tzucca | 2004-07-28 01:20 | → DRINK&FOODS

<< 「茶楽CAFE」<抹茶&オレンジ> 明日できることもできるだけ今日中に >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE