<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

オペラの夜

友人からチケットがリーズナブルな価格で手に入るのですがいかがですか?とお誘いを受けたのが、
イタリア・ベッリーニ大劇場・日本公演「ノルマ」@上野東京文化会館。
42年も生きてきて、劇場でオペラを観るのはこれで2度目。
1回目は日本語版の「魔笛」だったので、本場イタリア・オペラ、初でございます。

素人なので、入場したらすぐにプログラムを購入して、ストーリーと見どころを予習。
オペラ好きな友人からは「長いよ」と言われていたから、ちょいと覚悟していたんだけど、これがすっごく面白かったの!耳になじみやすい旋律で、分かりやすい音楽なのがよかった。そして…、三角関係のドロドロを描くストーリーが、ゴージャスな昼メロを観ているよう!舞台両脇に設置されている電光掲示板の日本語字幕スーパーを目にしながら、ゆいと笑いを堪えてました。

舞台は、ローマ帝国の支配下にあるガリア地方。主人公のノルマねーさんは、部族の意志決定を司る巫女の長。ローマに対抗して戦おうぜ!と血気盛んな男どもを、「神はまだそれを望んではいない」と鎮めている。
でもそれは、本当の神の声じゃあないの。実はノルマねーさん、敵のローマの将軍とできちゃっててさ、2人の子供まで作っちゃってたの。でもこれはトップ・シークレット。ノルマねーさん、祖国を裏切るようなマネをしてまで、好いた男のために尽くしていたわけ。

ところがですよ。ローマの将軍さんは、ノルマねーさんから心離れちゃってて、若い巫女にぞっこん。

言い寄られている若い巫女は、上司のノルマに相談を持ちかけるわけ。その打ち明け話を聞いたノルマねーさんったら、「ああ、私もそうだった…。あの時の私。あの時の彼。」と思い切り共感モード。だから自分の願望をこめて「巫女としての責任はいいから、恋を成就なさい」とアドバイスするんだけど、そのお相手を聞いた時に運悪くローマの将軍が現れて、絶体絶命の3人模様!

ノルマねーさん、「私のことは捨てて、2人でどこへでも行けばいいわ!」と強がるものの「でも私の呪いからは逃れられないわ」「その恋は楽しめないわよ」と毒吐きまくり。
と、ここで前半が終了。

後半は、子供を殺そうとするノルマねーさんの葛藤から始まるの。
あの人との子供を殺したら、どんなにあの人は苦しむだろう。憎い!憎い!でも、母として、この子たちを殺すなんてこと…。

「呪ってやる!」という言葉に、僕もゆいも反応しまくり。
これだったら「牡丹と薔薇」もオペラにすべきじゃん、と思っちゃった。
というか、大衆芸能だったのね、オペラって、というのが分かりました。

ノルマねーさん役のディミトラ・テオドッシュウさん。オペラ初心者の僕でさえ、歌唱力のすごさに圧倒されましたよ。好いた男の心をつなぎ止めたい、でも憎い、恨めしい、プライドもある、それらの感情を歌い上げる声のなんと豊かなこと。
人の声が持つパワーを思い知りました。キモチの起伏を強引にシンクロさせてしまう歌唱力。劇場中の空気を支配する声。いやぁ、すんごい。
4時間ほどある本編のあとは、拍手がいつまでもいつまでも続いて、何度も何度もカーテンコール。
オペラっていいかも…。また機会があれば行きたいな。リーズナブルな機会があればね(^^;


ところで、もうひとつ感慨深いことが。
それは、子供の頃に何度も連れていってもらった上野の東京文化会館が、古さを感じさせないままそこにあったこと。前衛的な優れた建築物は、時が経っても生命力がみなぎっているんだなぁと。
僕は子供のころから「劇場」という空間が大好きで、上野公園に連れていってもらうと、必ず東京文化会館の中に入って、ただ劇場の中をうろうろして楽しくしてたんですよねー。
僕、なんでそっち方面に行かなかったんだろう…。
[PR]

  by tzucca | 2006-06-30 23:01 | → ART&CRAFTS

箱根で、なにもしない、をするの。

平日に休みをとって、ロマンスカーで箱根へ行く。
オトナのときめきを感じさせるシチュエーションですね。
時に、アジサイの季節ですし。
最近建て込んでいた仕事から、ちょいと高飛びの1泊旅行でした。
a0028078_183324.jpg

昨年に続いて、今年も箱根富士屋ホテルに宿泊。
時を刻んだ歴史のある建物って、とてつもなく魅力的です。
西洋人のためのリゾートホテルだった西洋建築ではあるのですが、この屋根はどうみても日本のお城ですよね。モダニズムな西洋建築にしようとしたら、「なんか風格が足りないなぁ」と偉い方が言って「やっぱり屋根だろう!」ってことになったんじゃないか?と勝手に想像したりして(笑)

今回は富士屋ホテルの中でも一番古い、明治時代に建てられた棟にあるお部屋に泊まれたんですよ。一度は泊まってみたいと思っていたから、2度目の宿泊にしてラッキー!
高い天井がいいですねぇ。ドアノブの高さがすごく低くて、これって襖の取手の高さ?と思ったり。この部屋にはバスルームがあとから増築されたらしく、浴槽はTOTOがまだToYoToKiだった頃のもの。しかも洗面台がバスルームになく、ベッド脇のタンスの横にある、西洋的生活がこなれていないところが面白い。不便なんだけど、こういう歴史を感じさせる不便さはOKです。
a0028078_19847.jpg

この旅は、「なにもしない、をするの」がテーマ。

ホテルが十分に魅力的なので、チェックインからチェックアウトまで、ずーっとホテルに滞在してました。チェックインしたら、まず部屋のバスで天然温泉にゆったり浸かって、その後フットマッサージしてもらって、夕食までお部屋でお昼寝。

a0028078_0583879.jpg夕食は、別館の旧御用邸でもある菊華荘へ。
質素な日本家屋なのですが、柱の留具などには菊の御紋があって、なにげなくロイヤル気分。
富士屋ホテルといえば、男子は要ジャケット着用のメインダイニングでのフランス料理が有名ですけど、僕らは昨年も今回も、菊華荘の和食!
だって、和食の方が旬の食材が豊富に使われているし、その料理法や見せ方にサプライズも多くて楽しいんだもん!今回は11,500円の華会席をいただきました。
料理の詳しい情報は、ゆいのBLOGでみてね。

おいしかったねー、キレイだったねー、と食事を楽しんだあとは、ホテルの庭園にある水車小屋へ螢見物へ。本物の螢の光を見るのは何年ぶりだろう。人の魂と思われているのも分かるはかなさ。

ーーーーーーーーー

翌朝、朝食はメインダイニングで。この場所はね、とにかく内装が見物なの。
木造の洋風ホールなんだけど、天井には花鳥風月が描かれて、周囲には動物の彫り物が。まるでお寺のよう…と思ったら柱にはトーテムポール風装飾。そして欄干までも。和洋折衷のやりすぎ感が炸裂しております。


チェックアウト後は、昨年も行ったラリック美術館へ。
ここはほんと落ち着ける。セレクトショップにあるものも楽しいし、レストランもかなりいい味。
この美術館の庭園にある木々は、昨年はまだオープンしたばかりでよそよそしかったけど、今年はいい具合に鬱そうとしてました。
美術館の中に、庭を座って見るためのお部屋があって、そこから見るお庭が、本当にモネの絵画みたいになってましたよ。
a0028078_194572.jpg

2日間だけでしたが、なんにもしない、を楽しめました。
パソコンがないだけでも、相当ゆっくりできるもんですね(笑)
どうも最近、更年期障害かと思うくらいイライラすることが多くて、こまめに心のデトックスしないとあかんですなぁ。

ーーーーーーーーー

帰りは強羅までバスで行って、登山鉄道で降りてきました。アジサイはどうかなー?と思ったんだけど、まだ麓の方しか満開じゃなかったな。
満開のアジサイを見ると、僕、SOULなカラーアフロヘアを思い出しちゃうんですよねー(笑)

さて。あとはロマンスカーで新宿へ。今回ゆいが指定をとったのは、行きも帰りも新型車両VSE。木とライトブラウンのゆったりしたシートで、落ち着いた内装がいいですね。でね、せっかくロマンスカーですから、先頭座席で展望を見たいじゃないですか。でもやっぱり今回も2列目でした。1列目は「鉄」のみなさんのものなのね。分かっちゃいるけど、思い知らされました(笑)

おまけの1枚。箱根湯本で見つけたヘンなもの。
a0028078_0594845.jpg

[PR]

  by tzucca | 2006-06-25 00:00 | → LIFE

咳でごほっ、げほっ

a0028078_3484625.jpgエレベーターに乗ると、階数ボタンを押す前に管理会社表示に目が行って、シンドラーでないのを確認してほっとするようになりました。

こんばんは、tzucca(TZK)でございます。

この2週間ほど、激しく咳こむ風邪にやられておりまして、しゃべるのがすごく億劫になっております。
喉がやられているせいか、声のボリュームも少し小さめ。
咳こむと全身に強い衝撃がくるためか、腹筋が筋肉痛でございます。自家EMSエクササイズ?

仕事も建て込んでおりまして、フルパワーでバリバリしてなきゃいけないのだけど、1日1日がいっぱいいっぱいな割には、物事があまりに進んでいないので、ドキドキしっぱなしでございます。

実をいえば、ずっと通っているダンススクールのイベントで、SUGUYA君が久しぶりに
プロデュースチームを出すっていうので、どうしよう、、出たい、、、と思っていたのです。
ですが、仕事が建て込み過ぎていて、あきらめました。
最後にステージで踊ったのは、もう何年前? もう、そういう機会は巡ってこないかも…。
あとはよろしく〜って、仕事を任せられる体制になればねぇ。
その頃には、もう体力が追いついていないかもですが(泣)

今日は医者に行って、もらっている薬を飲んでも全然治らないんですが…と言ってみました。
そしたらば、「風邪を治すには、できるだけ安静にして、十分に睡眠をとって、カラダをあたためる食事をとって、さらに薬を飲むものです。だから、この土日はチャンスですよ、出歩かないで家でおとなしくしていましょう。ワールドカップも始まったことだし、家でのんびりテレビでも観ていてください。」
あの…、ワールドカップの放送は、夜遅くなんですけど…、と突っ込みたくなりましたが、
妙に親身に言ってくれたので、素直に受け止めたのでした(笑)

こんなヘロヘロ状態の俺ですけど、
昨日久しぶりに会った人からは、「血色がよくて元気そうでよかった!」
と言われ、微妙な気分になりました。
あなたのイメージにある俺って、どれだけお疲れモードの顔よ?と突っ込みたくなりましたが、
妙に親身に言ってくれたので、素直に受け止めたのでした(笑)
血色がいいのは、最近「養命酒」にハマっているからだと思われ。

「養命酒」はいいですよ。最近わけもなく元気がないなぁって人は、お試しください。
会社の近くにあるセブンイレブンへ深夜夜食を買いにいった時、カウンターの奥に半分ほど減った養命酒のボトルと、飲む時に使う小さなカップが置いてありました。
深夜の勤務は大変なのね。気付け薬かわりなのかな?

ーーーーーーーーー

話はまったく変わりますが(脈略なくかわりすぎ)
見逃した映像をなにかと「YouTube」で目にすることができて、
「YouTube」スゲー!と思う今日この頃です。
日本からのアクセスがやたら多くてサーバーダウンした、というねたが先日IT系ニュースサイトに載ってましたねー。

たとえばこんなものが観られます。

●Space Showerでオンエアされたスペシャル番組から「NEWS 平井堅 Hirai Ken」
お馬鹿なことを好き勝手にやってらっしゃいます。
http://www.youtube.com/watch?v=o-SZmb_QwhE&search=ken%20hirai

●今話題の「スプーのえかきうた」。衝撃的なおねえさんの描く絵!
NHKだから、絶対リハーサルはやったはずですよね…。なのに…。
http://www.youtube.com/watch?v=A8QoR8ux3kw&search=%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%BC

●13年ぶりに来日公演が決まったマドンナの「American Life」PV・ディレクターズカット版
放送禁止になったこのビデオ。圧倒的なまでの皮肉。発表当時の状況を考えると「グッドナイト&グッドラック」のマロー氏以上の勇気ですよ、これ。マドンナ、最高にいかす!でも日本公演のチケット高すぎ!(泣)
http://www.youtube.com/watch?v=RW9BCccxfvE
[PR]

  by tzucca | 2006-06-11 03:49 | → LIFE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE