<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

予想に反してよく出来てた!映画版「ダ・ヴィンチ・コード」(ネタバレなし)

a0028078_1173087.jpg知的好奇心とサスペンスに満ちた原作の情報量を、2時間30分の中でどう映像化できるのだろう?
どれほどムリがあるか、を確認するかのようなキモチで、5月20日全世界同時公開された映画版「ダ・ヴィンチ・コード」を観てみたら…。これが、予想に反して原作を手際よく映像化していて、面白かった!
ただし、原作を読んでいない人が「モナ・リザの秘密を解き明かす映画」だと勘違いして観ると、そうでないことが分かる頃には重要な情報を見逃してるかもなので、映画を観る前にパンフレットを買って、「西洋史的キーワードを読み解く」のページだけでも読んでおきましょう。これは殺人事件を追うサスペンスではなく、キリスト教がこれまで隠してきたものを追っていく物語だから。八百の神様がいる日本では、一神教を信仰する世界の人が、この作品の内容にどれだけショックを受けるかなかなか分かり兼ねるんだけどね。

映画化にあたって一番心配だったのは、ストーリーの根幹となる追いつ追われつ&裏切りの連続となるのサスペンス部分と、作品のテーマとなるシオン修道会が守り続けてきたキリスト教の根底を揺るがす<秘密>に迫る謎解きと歴史の説明部分を、どう映画的に配分するか?ってこと。
サスペンス部分に重点を置くと、ハリウッド的アドベンチャー・ムービーになってしまうし、テーマの説明部分に重点を置くと、ナショナル・ジオグラフィックチャンネルの歴史番組のようになってしまう可能性があるもんね。
心配をよそに「けっこう面白い」と感じたのは、そのストーリー部分とテーマ部分をどちらも犠牲にすることなく手際よくまとめていたから。
そう、一言でいうなら<手際がいい>。すごく細かいカット割りで視覚的な情報を積み重ねていくのと、アナグラムを解いていく思考イメージを<可視化>してみせるなど、映像的表現を最大限に使って、情報密度の高い展開をちゃんと娯楽作品として仕上げてました! 現在時制でない部分やキャラクターの内面描写を、荒れた画質のフラッシュバック処理にすることで、現在時制から観客の意識が離れていかないようにしたのが、お見事。最後までテンポの良さとテンションをキープしてたもん。

ただし原作で一番ワクワクしたダ・ヴィンチの絵画に秘められたトリック、とくに「最後の晩餐」のイエスの左隣にいるのは女性という件は、TV特番のような引っ張りもなくサラッと展開してしまうので、文字からの情報と目にうつる情報とのインパクトの差を感じましたねー。つまりそれって「そういうものだと思って見てしまうと疑うべき部分に意識が向かない」という原作から得た教訓をテストされてるようなものです。ここに登場する人たちは皆頭脳が明晰で、進学クラスの授業スピードで物事を理解していっちゃうから、僕らはたとえ原作を読んでいたとしても、スクリーンをしっかり見なくてはいけません!ラングトン教授の専攻である象徴学のように、説明を加えず象徴として見せる部分や、なにげなく反復される言葉やセリフで、説明不足に感じる部分を補ったり、映画的なパズルにもなってますよ。


教会から内容や設定の変更を迫られたというニュースもあり、原作で展開した一大宗教告発部分が、どれくらい映画に反映できているかという点も、核になる部分は原作そのままでした!ただし原作では「事実」というページから始まるのに対して、映画ではエンドクレジットに「これはフィクション」とことわりを入れています。そうすることで教会からの圧力を突っぱねて、ストーリーを守ったソニー・ピクチャーズは偉かった!(実際、創作部分がほとんどですからね)
いくら大ベストセラーであっても、映画の方が小説を読んだ人よりはるかに多くの人に影響を与えちゃいますから、あくまで娯楽作品という体裁をとったことは正解ですね。真っ当な歴史探究ものにしてしまったら、マグダラのマリアの存在を大きくクローズアップさせることも、聖杯伝説の新解釈をオープンにすることも、困難だったろうから。娯楽作品であっても、抗議行動が世界各地で盛り上がってるくらいだし。抗議が加熱すればするほど、そこに真実が隠されている気がして観たくなっちゃう反作用が起きるのにねぇ…。

関連団体からの意見で変更されたものとして、色素欠乏症のコマンダー修道僧:シラスの目の色が、赤目でなく青目になっていました。ビジュアル的に特異なシラスは、映画の中で存在感がすごく際だってましたよ。

ラングトン教授のトム・ハンクスはじめ、キャスティングはけっこうぴったりでした!
ソフィー・ヌヴーを演じたオドレイ・トトゥは、はじめ影が薄く感じるんだけど、だんだんと独特なオーラを放ってくるあたり、「アメリ」のただならぬ存在感はこの人自体の魅力でもあるのだと再認識。
リー・ティービングを演じるのは、「ロード・オブ・ザ・リング」でガンダルフを演じたイアン・マッケラン。僕、このじいさんの顔の表情が大好きなんです。富豪の宗教史学者じーさんが、こんなにも魅力的なキャラクターになったのは、イアンのおかげ。



a0028078_1182061.jpgこの作品は、パリのルーブル美術館をはじめとした実在する場所で事件や謎解きが行われるので、ネットでその場所の写真を検索しながら小説を読んだものでした。くそー、ルーブルに行きてぇぇ!とものすごく思いました!
だからこの映画の一番の見どころは、舞台となった場所でのロケともいえます。原作ファンは、細かな違いを比較なんてせずに、「ダ・ヴィンチ・コード・ツアー」に出かけたつもりで、実在するその場所の映像を楽しみましょう!

全世界同時公開の直前、ワールドプレミアとなったカンヌ映画祭オープニング上映前のプレス試写では、評価がかなり低かったというニュースが大々的に流れましたよね。それってカトリック教会から送り込まれた刺客による妨害作戦だったんじゃないかなと思いましたよ(笑)カトリック教徒にしてみれば、自分が信じているものを「真実じゃない」と告発されて、面白い気はしないもんね。
プレス試写から一転してカンヌのオープニング上映では5分以上のスタンディングオベーションだったらしいよね。映画としてかなり力の入った作り方をしているので、映画が好きな人ならその仕事に拍手したい気もわかります。

(2006年5月21日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7)

「ダ・ヴィンチ・コード」鳴りやまない拍手(5/19)[スポーツ報知]
映画版「ダ・ヴィンチ・コード」プレミア前に抗議広がる[CNN.co.jp]

原作を読んだ時の僕のレビュー(2004-7-4)

ーーーーーーーーー

■原作を読んだ人もまだの人も、予習としてナショナル・ジオグラフィックチャンネルでオンエアされた、次の2本がすごく参考になりますよ。もし録画してる友だちを見つけてぜひチェックを!
「禁断の聖書〜キリスト教の歴史を紐解く:第1部テンプル騎士団」
「ダ・ヴィンチ・コード 真実と虚構の境界線」

また、フツーの日本人をやっているとわかりにくいキリスト教についての基礎知識として、カトリック的にこれが正しい解釈とされているメル・ギブソン監督作品「パッション」を観ておくのも参考になると思います。

映画版「ダ・ヴィンチ・コード」オフィシャルサイト:ちょいと重いです。このサイト。
「ダ・ヴィンチ・コード」公式ファンサイト

すでに原作or映画をご覧になった方へ:
X51.ORG:ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」に隠された人物像を発見か
[PR]

  by tzucca | 2006-05-22 01:01 | → MOVIE

GWのまとめ日記

はあぁぁ、GW終わっちゃった。今年は、カンペキにお仕事から離れて、アーリー・リタイアしたかのような日々を過ごすことができたよ。明日からきっぱりスイッチを切り替えられるかなぁ。いや、切り替えないとね。

新しいテレビと大掃除以外では、クラブに行ったり、友だちと会ったり、買い物したり、髪切りに行ったり、映画は2本だけ観て、最終日の今日は週1回通っているダンススクール「ZEAL STUDIO」の発表会を観にいきました。

クラブに行くというと、ナンパ目的?という人もいますが、僕がそんなことするはずないでしょ(笑)SUGUYAくんのイベントだと、ショータイムの撮影したり、ふだん会えない人たちといっぺんに会って話せるのが楽しいけど、それ以外でクラブに行くとなるとHIPHOP系でなくトランス系がかかるやつ。HIPHOPだと、振りとかカラダの使い方をついつい気にしちゃうけど、トランス系だとぜーんぜんそんなこと気にせず、音に包まれてカラダを勝手に動かしてるだけ。まさにトランスしちゃってる。友だちが一緒でもお構いないしで、自分一人でキモチよくなってるわけ。他人のことは知らない、この場合(←超自分勝手)

ZEALの発表会「Fever!」
でも、今日ZEALの発表会「Fever!」を観たら、「そんなことじゃいけない!もっと志を高く持って踊ろう!」って気分になっちゃった。セットといいダンスのレベルといい、発表会といえどもすでにエンターテイメント!一緒にSUGUYAクラスに出てるGENKI君が、出番は多いしめちゃイカしてたよ。昔一緒のクラスだったMICHIが踊ってる姿も観られて、ますます頑張ろう!って思っちゃった。
それにしても、SHUNさんがカッコええのう。ついついSHUNさんを目で追ってしまう。
女の子たちもビッチなお衣装が多くて、よろしいよろしい(^^)

ーーーーーーーーー

ちなみに2本観た映画というのは、「プロデューサーズ」と「グッドナイト&グッドラック」。
方向性がまったく逆の2本を、同じ日に観るというのが面白かったねぇ。

「プロデューサーズ」
「プロデューサーズ」は、くっだらないことを最高の芸で見せてくれるミュージカル・コメディ。
ミュージカル映画といっても、最近のリアルなドラマと音楽を融合させたようなものではなく、往年のMGMミュージカル映画のような作り方が嬉しかったねぇ。
僕は小学校高学年の時に、ラジオで毎週、映画評論家・淀川長治氏の60分番組を聴いていたおかげで、いろんな映画の見方の一環として、MGMミュージカル映画の楽しさを教育していただきました(感謝)だから、この映画は二重丸。
だけど、ミュージカル=最高のエンターテイメントという認識を身につけていない人が観ると、ちょっとキツイかもです。

ブロードウェイのプロデューサー:ビアリストックと会計士レオは、高額の制作費を集めたショーが初日で打ち切られた場合、実制作費以外は全部フトコロに入るというプランを実行に移します。最低の脚本・演出家・役者を集めて、初日打ち切り確実のショーを作ったはずが…。
ここに登場する演出家とその助手らが、思い切りオネェなゲイ。そもそもゲイって言葉は<陽気で楽しく>って意味だから、どんなシリアスな内容の脚本でも陽気で楽しくハッピーエンドにしちゃえ〜!と歌うのが大笑い。

映画のキャストは、ブロードウェイでチケットが買えないことで有名だったオリジナル初演版のキャスト。そこに「キル・ビル」のユマ・サーマンが、スウェーデンなまりのビッチな女優志願の美人秘書役で加わって、役者は揃った!という感じ。マシュー・ブロデリックがこんなにダンスがうまいとは思わなんだ!ユマ・サーマンとのダンスシーンは、まさにフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャース風!サラリとやってのけるところがスゴイ!


きらきら・ぴかぴかでお下劣の寸止め大会「プロデューサーズ」に対して、「グッドナイト&グッドラック」はモノクロ映像の思い切り硬派で渋い映画。

「グッドナイト&グッドラック」
1950年代前半、共産主義者やそのシンパを意味する「赤」を社会から排除させようとする「赤狩り」が激しさを増し、マスコミも自分が標的となるのを恐れて沈黙せざるを得なかった時代。
「赤狩り」を先導するマッカーシー上院議員に真っ向から立ち向かった、実在する伝説のニュースキャスター:エド・マローと、その番組スタッフを描く、すっごいクールな作品。「愛国法」によって言論の自由に圧力のかかるブッシュ政権下の今、ハリウッドでこんな社会派の映画を作ったジョージ・クルーニーに拍手です!

世の中全体がある方向に流れていく中、それは間違っている!と声をあげることは、真実を報道することへの信念を持っていたとしても、ものすごい勇気を必要とした行為です。
冒頭とエンドに流れるマローの講演は、今のテレビメディアの送る側・観る側の良識を問う、耳の痛い話です。
モノクロ映像で緊張感のある展開に、挟み込まれるジャズ。登場する男たちは、ひっきりなしにタバコを吸いまくっている。そう、映画は1950年代の話ですが、そこに描かれる内容は、タバコ以外はまさに今の問題。

日本でも「赤狩り」がありました。歴史の教科書にも載ってるけど、そこまで進まなかったかな?僕は大学の映画史の時間に習いました。その時に職を奪われた人(注)が、まだ大勢生きているんですよ。そんな昔の話じゃない。(注)公式発表では1万2千人。実質4万人以上という資料もある。
この作品の制作に、日本の東北新社がクレジットされてるのに、この会社の志のようなものを感じました。あと字幕スーパーの文字がね、フォントのレーザー焼き付けでなく、昔ながらの字幕文字をフィルムに直接打ち付けるパチ打ちなんですよ。当時を知っている映画人のお仕事なのかもしれない、と勝手に思い込んで感慨深くなりました。

をっと、映画の話になるとまた長くなっちゃいそうだ。
これはGWの日記だったっけ(^^;

ーーーーーーーーー

ハイビジョン、美しいです(涙)
最後にもう1ついい?
SONYのブラビアが届いて、地上デジタル放送で「世界遺産」を観たら、そのあまりの美しさにゆいと感動しちゃった。まるでPhotoshopの画像がそのまま動いているようだ!ハイビジョン番組の美しさを思い知りましたよ。というかデジタル放送を観ちゃうと、アナログ放送はもう観れないね。まるでJPEG-30%圧縮画像のような荒れ方してるんだもん。

ということで、0時もまわったらから、スイッチを切り替えて夜更かしせずに寝ませんと!
では、職場で!(休み中に考えておくと言った宿題、やってないや!やばい!)
[PR]

  by tzucca | 2006-05-08 01:12 | → MOVIE

大掃除とDVDの整理

a0028078_3113.jpg新しく買ったテレビは、今と同じ画面サイズながら、かなり軽量。
でも、今あるテレビはブラウン管で奥行きもあって、重さも1人じゃとても持てないくらい。
こいつを運び出すためには、玄関からテレビ設置場所までの通路スペースを確保する必要があります。
ということで、年末でもやらないくらいの大掃除となりました。

このゴミ袋の量!なんでこんなにいらないモノを溜めてたのかしら?(^^;


a0028078_312433.jpgついでに、HDDレコーダーで録画した映画のDVD-Rを整理しました。
休日でもないとやれないことだよね。
ディスク12枚収納ができるクリアファイルを、ジャンル別にラベリングして、一気に収納。はぁぁ、すっきりした!

こういうCD収納ファイルって、100円ショップでも売ってるけど、また同じものが欲しいと後で思っても入荷しないことがほとんど。100円ショップの品は、「一期一会」でございますから。
同じファイルで整理したかったのと、並べた時にファイルが型くずれしないように、ケース付きのが欲しかったから、ネットでまとめてダンボール買いしました。

あとは、持ってるタイトルをデータベースで整理できたらいいんだけど、それはさすがにめんどい!

近々HDDレコーダーもデジタル放送対応のものを買い換えするとなると、今録画してある映画も、また録りなおすことになるんだろうなぁ。
写真とは別の場所の棚にぎっしり詰まったVHSとBETAのテープをどーするかなぁってのも、考えたくないことでして(汗)

そんなに保存しておいていつ観るんだよ、という突っ込みもあり(苦笑)
老後の楽しみだよ。と弁解しつつ、その頃はまったく違うフォーマットやメディアになってたりして(焦)
[PR]

  by tzucca | 2006-05-07 03:02 | → LIFE

液晶テレビ購入日記

GWいかがお過ごしですか?
お仕事だぃ!というみなさんも、妬みをモチベーションに変えて、うまくやり過ごしてください(笑)

さて。我が家のテレビがヤバい状態になって1ヶ月以上になります。
電源をONしてから、画面が映るまでに30分以上はかかるようになってしまいました。
しかも画面は赤みがかった、はじめっからシネマモードみたいな色。
なんとか夏のボーナスまで保ってくれたらなぁ、という期待もダメそうです。

仕方ねぇ、このGWに、テレビを買い換えるぞー!


2世帯で住んでるゆいのご両親が使ってるテレビも前々からヤバくなっていたので、「ついでに同じのを」ってことになり、このGWにテレビを2台買うぞー!(さすがに2台分のお金は出せないので、実費でね。)

だからこのGWは、できるだけお金を遣わず過ごそうと思っていたのに、毎日なにかしらお出かけしてると、どんどんお金が出ていってしまうじゃないの。
ばかばかばか>俺(^^;

そして昨日、自転車で行ける距離にあるコジマで、SONYのBRAVIA 32S2000を2台購入しました。
日曜日に届きます。さー、家の片づけをしませんと!

テレビを購入するのにまずやったこと。それは、大型店でメーカー各社の32インチ液晶を見比べて機種を絞ること。昔は、プラズマのきめ細かい画質に比べると、液晶はいまひとつだなぁと思ってたんだけど、今の液晶は40インチ以下だったらプラズマより明るく見えるので、ホームシアター派でもないかぎり十分でございます。
液晶テレビの一番人気は、SHARPの亀山工場モデル。見た目では、画面が一番鮮やかに見えるのが東芝のREGZA、画面全体の色階調がなめらかなのがSONYのBRAVIAでした。40インチ以上だとPanasonicのVIERAもキレイですね。で、個人的な好みからSONYのBRAVIAに決定。

つぎに、ネットから最安値店のページをプリントアウトして、「他店より1円でも高いものがあれば…」とうたっているコジマとビッグカメラで、これより安くならない?と聞いてみました。
どちらも、お店独自の保証がつくため、売りっぱなしのネット安売り店と同じ値段はムリというお返事。でも、店頭表示価格より引いた価格から、さらに引いた価格を提示してくれました。その価格は2店ともほぼ同じくらい。ただしビッグカメラは、ポイント10%分を含めてですけど。
ここで決め手となるのは、今あるテレビのリサイクル引き取り料金です。新しいテレビを2台買って、古いテレビを3台引き取ってもらいたいんですよ。買った台数と同じ台数の引き取り料金は、ビッグ・カメラの方がちょっと安いんだけど、3台目のたんなる引き取りの料金となると、ビッグは一気に7500円ほどに!しかも新しいテレビのセットアップに1500円ほどかかるとのこと。となると、3台目の引き取りが4500円程度で、セットアップ無料で、5年保証期間中購入金額までの修理が何度でもOKのコジマの方がずっとお得!

ところで、ビッグカメラのテレビ売り場は、すごい混雑ぶりでした。店員さんには「応援」と書かれた人もいっぱいなのに、なかなか相手をしてくれません。買おうと思っている時に限っては、質問に答え終わると立ち去ってしまう店員さんは、どーなのよ。あ、これも聞いておこうと思うと、また新たな店員さんを捕まえるのに、すごい手間なんだもん。。

はぁ。高額商品の家電買うのって、けっこうめんどいわ。

でもこれで、GW明けは、おニューのテレビ・ライフですぞ!(^^)


[PR]

  by tzucca | 2006-05-05 14:11 | → LIFE

「ダ・ヴィンチ・コード」と「ユダの福音書」

a0028078_2555680.jpg駅や電車内に溢れる「ダ・ヴィンチ・コード」のモナリザのアップ。まもなく公開される映画、原作本、展覧会の広告。
世界同時公開となる映画版は、どんな仕上がりになっているんだろう?
小説の場合、ストーリー以外のキリスト教の秘密にあたる部分など、文章を理解するスピードは読者それぞれに任されているけれど、映画だと2〜3時間内にまとめないといけないんだもんね。
宗教の歴史番組になりそうなその部分を、どんな風に映画としてストーリーに織り交ぜているのだろう?その手腕が見物です。
教会からかなりの圧力がかかっているらしいですし……。屈せずにストーリーを守ってくれ、ソニー・ピクチャーズ!

TVCMもオンエアされ始めたGWの前半、ナショナルジオグラフィック・チャンネルでは、「ダ・ヴィンチ・コード」に関係する歴史番組を集中放送!
映画公開を前にしてのお祭りではあるけど、ここでは原作を読んでいることが大前提なので、オールネタバレ!
僕が原作読んだのは2年前で、すでに細部のディテイルを忘れているから、いい予習になりました。この状態で映画を観れば、原作のここと違う!という比較に終始せず、映画そのものを楽しめそうです(笑)

さて、そのナショナルジオグラフィック・チャンネルの番組群でも、目玉となっているのが、「禁断の聖書・ユダが残した福音書の衝撃!」
イエスを裏切ったユダ。キリスト教ではたとえ犬の名前でさえユダとはつけない忌み嫌われた名前。ナチスによるユダヤ人大虐殺も、ユダの存在に端を発したと言われています。
1970年代、偶然に発見された古文書が、数年前にようやく専門的な研究が可能な人の手に渡り、「新約聖書」の編纂から漏れた原始キリスト教の「ユダの福音書」であることが判明。番組では、その調査・研究の経過を追ったドキュメンタリーと、そこに書かれた内容をドラマで再現しています。
その内容は、ユダがイエスを裏切ったのではなく、イエスは自分の意志で処刑を選択し、自分をローマ兵に引き渡す大役を、一番信頼を置ける聡明な弟子(ユダ)に託したというもの。

「新約聖書」は、マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネの4つの福音書から成立していますが、一番初期に書かれたマルコの福音書ではユダは悪人扱いされていなかったのに、後期に編纂されたヨハネの福音書では、完全な悪人として描かれています。
最後の晩餐からイエスの処刑、復活まで、宗教の核となるクライマックスは、より万人受けする分かりやすさで語る必要があったわけですね。でないと信者が増えない!ハリウッド映画のような、万人に分かる単純化された悪人キャラクターとして、福音書編纂の後期になればなるほど、ユダが際だってきているようなのです。

発見された「ユダの福音書」は、炭素年代測定から本物の古文書と証明されましたが、内容については真実かどうか疑わしい、というのが研究者・宗教家の多数意見。史実がどうだったのかは分からないにしても、僕としては「ユダの福音書」で描かれたユダとイエスの関係の方が、はるかにあり得る話だと思えました。「新約聖書」がハリウッド映画としたら、「ユダの福音書」はミニシアター系映画のような、等身大の人間らしさを感じます。
番組でも、研究家の1人は「ユダの福音書」をまったく否定するのではなく、上級者向けのテキストという位置づけをしていました。


番組を観ていた僕とゆいは、「ユダの福音書」にあるユダとイエスの関係って、光瀬龍/萩尾望都の「百億の昼と千億の夜」に登場した2人の関係に似てるよね、と揃って口にしたのでした。「百億の昼と千億の夜」は、萩尾さんがマンガ化した初版が1977年で、光瀬先生の小説初版が1972年。古文書が発見された時代と近いという偶然が面白いね。


ーーーーーーーーー

ナショナルジオグラフィック・チャンネル
「禁断の聖書・ユダが残した福音書の衝撃!」スペシャルサイト

→写本の実物をAjax技術で拡大して見ることができますよ。

また、ナショナルジオグラフィックからは、「ユダの福音書を追え 」(著者:ハーバート・クロスニー /関利枝子 )日経ナショナルジオグラフィック社 /日経BP出版センター 1995円(税込)が発売になりました。
[PR]

  by tzucca | 2006-05-03 02:42 | → MOVIE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE