<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

頭で映像変換しやすかった小説「GOTH」

生活習慣病健診の前日。
待ち時間対策で、小説の文庫本を探していました。

本屋の文庫本棚に並んだタイトルを目で追いながら、
どれにしようかな〜
とぼんやり考えていたのですが、
ふとそこだけピントが合った気がして手に取ったのが
「GOTH 僕の章」乙一著。

観ればカバーデザインも趣味に合っているし、
カバー裏の解説を読むと、猟奇的なミステリーらしく
なんだ僕にぴったりじゃん!
とそのままレジに向かいました。

もしかしたら、以前人から薦められてたかもしれません。
ミステリという形式で書かれたライトノベルながら、
<本格ミステリ大賞>を受賞した作品です。

面白いなぁと思ったのは、
猟奇的事件の犯人や暗黒系な主人公たちの
理由は知らないけどそうしたいから、という心理と
本当の自分を押し隠して社会の中に紛れて生きていく術
の描写が妙にリアルなところ。

だからあとがきに書かれた
「GOTH」に登場する犯人たちは、人間ではなく妖怪だと考えてください。
の一言にはちょっとがっかりしちゃいました。
たしかに「現実感」を描く作品ではないのですが、
人物たちの光に向かわない性質は、真実味があると感じたんです。
殺人の理由やトラウマにあえて触れなかったことが、
物語性を押しつけるワイドショー的事件認識とは違う
ドライさがあっていいと思ったんですよ。
それに、猟奇事件が実際に多く起きている今、
それは決してダークファンタジーという安全圏でのお話ではないよなと。

僕は、小説の場合、文章を頭の中でいちいち映像変換しちゃうせいで
読むのがすごく遅いのです。
古くからの知り合いの方へ。いまだにそうなんですよ(苦笑)
「GOTH」はイメージが浮かびやすくてサクサクと読めてしまいました。
共感はしないけど、キモチは分かる、という部分が多かったからでしょう。
でもトリック部分は小説でなければ成立しないので、ここでは
触れずにおきますが、映像変換していたおかげで楽しめました。

僕は、現実でのバイオレンスには絶対反対!の人です。
しかしながら、映画でもマンガでも小説でも、
作品のモチーフとして猟奇的なものが
描かれていると、目が輝いてしまいます。
僕の中にも、無感動で暗黒に塗りつぶされた心の闇がたしかに
あります。ジェダイにゃ絶対なれねー、と思っております。
類は友を呼ぶとはいいますが、ダークサイドが見え隠れしている人に
惹かれてしまう自分がいます。親しくなりたいか?と言われると、
はてなマークですけどね(笑)

自分は●●●が好きだが、●●●が好きな人とは
あまり友達になりたくないという心理は、
矛盾しているんだけど、けっこうありがちなことじゃない?(笑)

----------------------------------------

僕が読んだ文庫版「GOTH」は、単行本「GOTH -リストカット事件」を
2分冊したものです。
「GOTH 夜の章」には、暗黒系、犬、記憶、あとがき
「GOTH 僕の章」には、リストカット事件、土、声、あとがき
という構成です。単行本とエピソードの順番が違ってます。
僕としては、「僕の章」の方が好きでした。
[PR]

  by tzucca | 2005-10-17 00:10 | → BOOK

「オーラの泉」優しさのトーン&マナー

「オーラの泉」は、愛の伝道師:美輪明宏さまと
スピリチャル・カウンセラー:江原啓之が、
ゲストのオーラや前世を説きながら
カウンセリングしていくという異色のトーク番組。

とても興味のある番組なんだけど、オンエアがダンスの日
なこともあって、なかなか観る機会がなかったんだ。

土曜日のゴールデンタイムに2時間スペシャルがあって、
珍しく2時間しっかり画面に見入っちゃいましたよ。
ゲストは中嶋朋子、花田勝、柏木由紀子の3名で、
他にこれまでオンエアされたもののピックアップで構成。
おもしろかったなぁ。
前世を知ることで、今の自分がなぜこうなのか
を解きほぐされていく様がね。
花田勝氏は、まるで裸にされていくようだ、と連発。
パンツも履いてないくらいの状態とも。

スピリチャルというものに、胡散臭いものを感じる人も
いるでしょうけど、
美輪さまと江原氏の持つ、穏やかで輝くばかりの才と優しさが
番組全体のトーン&マナーになっているのがいいですなー。

今の自分が、前世からつづくシリーズものの、<シーズンXX>
みたいなものだと分かることで、
救われるというか荷が軽くなる部分もあれば、
あらかじめ決められていたことにがっかりしちゃう部分
もあるように感じたりして。
でも美輪さまがおっしゃるには、前世とのつながりが
分かることで、現世をより良くしていける場合にだけ、
前世が見えてくるらしいですね。
ネガティブに前世を受け継ぐ者には、告げる必要がないもの
なんですね。

番組を観ていて、たぶんみんな思ってるのは、
「じゃあ自分はどうなんだぁぁ?」
ってことじゃない?
僕はどうなんだろうねぇ。

僕の世代で「前世」といえば、
「ぼくの地球を守って!」を思い出します。
その後「ムー」に集まった
前世でともに戦った戦士を捜すパターンの投稿群とか。
今生きている自分は、たわいもない存在ではあるけれど、
なにか意味があって生を受けているんだって思い、
誰にでもあると思うけど、前世がSF的設定になっちゃう
のは、「選ばれた自分」のはずなのに……という思いこみ
にすがっているようで、ちょっと寂しいかな。
それに比べると、「オーラの泉」で語られる言葉は、
ほんとナチュラルで優しくて、カウンセリング的なのが
説得力ありました。

このテキストを書いている今、「スタメン」という番組で
タイムリーにも「すぴこん(スピリチャルコンベンション)」
を紹介してました。
参加している知り合いのC氏から、何度かイベント情報を
いただきながら、いまだ足を運んでいないんですよ。
僕はそういう世界を胡散臭くを感じてはいない、むしろ
好きな人間ですが、突き詰めて勉強した訳でないので、
スピリチャルパワーを持っている人に理不尽な嫉妬を
感じてしまうことが、一歩踏み込めない理由なのかも。
仮定ですけど。

◆「オーラの泉」公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/aura/

◆オーラの泉実況
http://auranoizumi.seesaa.net/
→番組のトークを採録してくれているサイトです。
[PR]

  by tzucca | 2005-10-16 23:06 | → LIFE

早起き生活習慣病健診と極上団子

年に一度の生活習慣病健診。
当初の検診日から1ヶ月延期してもらって受けてきました。
さすがに胃がヤバイ状態だった先月よりは回復してるんで。

日暮里と鶯谷の真ん中あたりにある、社会保険鶯谷健診センター。
人間ドッグのフロアがすっごい豪華で、VIP扱いな施設。
生活習慣病健診は、一般健康診断と同じフロアで豪華じゃない。
でもいいの。この一月半でかなり医療費かかってるし、検査もいろいろ
したから、豪華人間ドッグは来年にするよ。
ゆいは、人間ドッグにチェンジさせたけどね。

生活習慣病健診は、健康ランドのようなパンツ&ガウンに着替えて、
採尿、バリウム飲んで胃のレントゲン、胸部レントゲン、採血、心電図など
10人1グループで次々と回っていきます。
1つ終わったらすぐ次に行く訳ではなく、いちいち待ち時間があります。

僕は、「待つ」ってことがイヤなんです。

だから、できるだけ早くさっさと終わらせるために、
最初の10人のグループに入るようにしているわけさ(順番は先着受付順)。
今回も午前8時までに受付すればいいところを、午前6時50分には会場入り。
3番目でした!(ピース)
え?スタートする8時まで待つのはいいのかって?
ゆっくり着替えをしたり、読書したりして、孤独を楽しむ時間だから
いいのよ、それは。

検査結果は、オプションの腫瘍マーカー以外はすぐに分かります。
ほとんどオールAのワタクシですが、一昨年からB評価になった
総コレステロール値が今年は223、評価C3で再検査になっちまいました(汗)
HDLコレステロール(善玉)値は50(40以上がOK)。
中性脂肪は75(149以下がOK)。
ってことは悪玉コレステロールが多いってわけで……。
たしかに外食がほとんどだけど、野菜はよく食ってるし、
脂ものはあまり口にしないし(とくにこの1ヶ月間は!)。
この1月半はお休みしてるけど、週に2度のジム通いと1度のHIPHOP。
運動不足って訳じゃない、と自分は思ってるんですけど。

ってことを、診断結果と改善アドバイスを説明するスタッフに言ったわけ。
そしたら、「そうですか……、数字上の区分ですから気にしなくていいかもしれません」
だって(^^; さっきと態度が豹変してる……。それでも再検査なんでしょ(^^;;

あと今年は視力がちょっと落ちました。
左1.0で右1.2。昨年まで左右1.5だったのに。
ディスプレイ凝視してるのに、この視力は奇跡ではあるけどさ。

検査は、お昼前には完了。会場はまだガウン姿の人たちで埋まっているのに、
着替えて早々に退場するのはキモチいいもんだ。


さてと。
前日の夜から食事していないし、普段はやらない早起きをした自分に、
ご褒美をしてやらねばなるまい!(^^)
ということで、社会保険鶯谷健診センターから日暮里駅に向かう途中にある
「羽二重団子」に寄って、煎茶と団子のセットをいただきました。
このあたりは、かつては江戸郊外の別荘地。江戸から明治にかけて、
風流人に人気のあった場所です。
「羽二重団子」は、夏目漱石「我が輩は猫である」に登場し、正岡子規が句に詠み、
森鴎外が常連だったという、明治の文人(セレブ)に愛されたスイーツの名店。

羽二重団子

森鴎外が好物だった醤油団子もすごくおいしいのですが、
やはり餡がすっごくイイ。口の中でふわっと溶ける、上品な甘さの餡。
餅自体もふんわりとした柔らかさで、口の中に幸せがひろがるお団子です。
自分だけ楽しんで、しかもそれをBLOGに書いたとなると、妬まれること必至。
おウチとWEB制作部メンバー用に、「しずくあん」をおみやげに買いました。

「羽二重団子」は、伊勢丹や三越でも買うことができるので、見かけたらぜひ。
時間に余裕がある人は、上野・谷中散策のついでに本店で食べてみてください。

羽二重団子 本店
http://www.hoyumedia.com/co/gr/habutae/body.html
[PR]

  by tzucca | 2005-10-16 00:52 | → LIFE

今シーズンは「BLOOD+」かな。

結局この連休も、ほとんど体調悪い人やってました。
胃の調子もだけど、天候不順はデフォルトで体調をダウンさせるんで。
弱っ!辛気くさいぜ、自分!(泣)

先月末に放送が終了した「攻殻機動隊 SAC 2nd GIG」が、
まるまる全話HDレコーダーに録ったままだったんで、
ちまちまDVD-Rに焼いてました。
難民、テロ、国家的陰謀と、このご時世にオンエアするには
かなりハードな内容で、劇場用アニメを思わせる圧倒的な
クオリティに、毎回拍手もので楽しませてもらいました。
野球中継による放送時間のずればかりでなく、
毎回オンエア時間が変わる深夜アニメだったから、
当日の夜に放送時間を確認しないといけなかったのも、
緊張感あったっけ。

今シーズンは、土曜の夕方にオンエアの「BLOOD+」が
猟奇的なアクションシーンがいい感じだったので、
これを録画で追っかけようかな。
「攻殻機動隊」と同じく、PRODUCTION I.Gの制作だし。

深夜になると、やたら遅くまでアニメをやってるよね。
いかにも今風キャラが登場する作品の多くは、
絵柄や設定の前に、ストーリーテリングがひとりよがりで、
どうにも乗れません。難解さとは違うんですよ。すごい空回りしてんの。

そういえば、「エヴァンゲリオン」が初放映から10年経つんだって。
「エヴァンゲリオン」は、設定やキャラの生々しさがよかったけど、
演出も素晴らしかったよなぁ。
市川崑やゴダール作品のようなテロップワーク、
ベルイマン作品のような「間」や「沈黙」の見せ方。
平成ガメラシリーズにつながる、人間の目線から巨大なものを捉える構図。
アニメのマニア向けというより、映画マニアをニヤリとさせる技が
随所に利いておりました。

その後は「lain-レイン-」というアニメにハマったっけ。
ネットの中に生まれる生命体って、インターネットがこれからって時に
すごくワクワクする展開だった。
サブカルチャーなテイストを取り入れたのがよかったね。
今でも、ネットの中を行き交う受信されないメールのパケットたちは
どこに葬られているのだろう?なんて考えると「lain」のこと思い出します。

でもね。「lain」ってば、全話LDで持ってるんですよ。
LD(レーザーディスク)ですよ!
DVDでソフトが出始めた頃だったんだけど、
なんでDVD版にしなかったのか悔やまれます(^^;
他にもね、LD-BOXどーしましょ。
「NIGHT HEAD」とか「TWIN PEAKS」とか…。

ハマるものの傾向がすごくハッキリしてますな、自分。
そうそう!コミックスを読んでいっぺんに惚れ込んだ「蟲師」が、
10/22からCX系でTVアニメがスタートするんです。
あの情緒感がどこまで描けているだろう。
とにかくチェックしないと!
[PR]

  by tzucca | 2005-10-11 01:55 | → LIFE

正体不明を演出するっていいね。

先日、若手と打ち合わせをしている時、
「TZKさん、今年になって『LEON』の話を持ち出すこと何度かありますよね」
と言われて、ああそうね、ちゃんと話聞いてるねキミと思ったもんです。

雑誌『LEON』といえば、
ニッポンの"おじさん"も、イタリアおやじを見習って、
モテることを意識したオトナの男として生きなさいよ
と説くファッション雑誌。
それなり年収を稼いでいる中年男を対象にしているから、
紹介されているモノはみな高級品。

しかしですよ。現実の妻子あるおじさんといえば、
稼いだ金のどれほどを自分のために使えるか、
シビアなもんではあります。

現実離れした夢うつつ、と苦笑するなかれ。
業界的に『LEON』が注目されているのは、
真っ当すぎない生き方を、落語のような軽さで言葉にする
笑えるテキストのスタイル。
<ちょいワルオヤジ>とかね。

まぁ、ちょっとワンパターン化しているし、
1冊の中で言ってることが矛盾しまくってますけど(笑)
数多ある雑誌の中で、成功例としてその名を刻むに至ったのは、
ターゲット設定のツボを得たこともありますが、
ファッション誌なんだけども、ビジュアルだけでなく
語り口調の功績が大きいって、面白いじゃありませんか。

創刊4周年記念号は、厚さが2cmほどもあるボリュームで、定価780円。
オールカラーでこのお値段、すご過ぎ。広告収入がとんでもないのね。
珍しく購入したこの号にはですね。俺の琴線に触れたテキストがあったんですよ。

[引用]ちょい「ロク」なオヤジは一体なんのご商売をされているんだか
正体不明を演出するのもお得意。「一体何やってる人なのかしら?」と
ニキータの興味を引くこと間違いなし。…

「正体不明」を演出する。ここです、ここ。
今でも実際、そんな感じの俺ですけど、
自己プロデュースするとしたら、その路線が自分の道。
「怪しい人」でなく「正体不明」って言い方がいい。
ちゃんとしているんだけど、ちょっと胡散臭いって感じ?
あはは。歳くったクリエイターって、そんなもんでしょ。
ニキータにモテる必要は別に考えてないんだけど(笑)
(のほほんとした『LEON』に比べて『NIKITA』はちょいと
力みが激しいんで)

とは言っても、高級品ばかりを身につけるなんてことはできません。
フツーの会社員でございますから。
最近またゴルチエ(のセカンドライン)が好きですけど、
着るもので一番持っているブランドといえば、ユニクロ。

そのユニクロが、メガブランド・ビルが集中する銀座に、
「次のユニクロを発信する」というテーマを掲げて、
10月7日旗艦店をオープンさせました。
地下が日本一高い鳩居堂の正面からすぐ、アディダスショップの隣。
1〜3階がレディース、4〜5階がメンズ。

エレクターの棚と物干し竿のように陳列された商品群という一般店舗と違って、
店舗デザインがシンプルな高級感にまとめられています。
服を着た時のイメージをより多く提示する。
1商品の点数を多く並べず、種類を多く見せる。
商品をいつもキレイに並べておく。
これだけでもスタッフの作業量が通常店より増えますが、
グレード感ある雰囲気づくりには、その手間こそ必要なことですよね。

というわけで。ユニクロ銀座店にはお世話になりそうです。
ユニクロで、「正体不明」を演出する。
がんばろうっと。ちょっとね。


【はみだしネタ】
ユニクロでも商品を回収するなんてことあるんだ。
今年の夏に発売された男性用スイムショーツ。
[引用]パンツ内側メッシュ・サポーターのメッシュ穴が、陰茎部先端の皮膚を挟み、皮膚等を傷つける恐れのあることが判明(全文→
あああ、なんてこと(^^;
[PR]

  by tzucca | 2005-10-10 16:45 | → LIFE

未来のキミに。

福田康夫前官房長官に萌えの人って、けっこういますよね。
あの肩幅と顔幅のバランスのよさ、表情の作り方のうまさ、
押しと逃げが巧みでユーモアのあるトーク。
昭和24年生まれですからけっこうなお歳ですが、
雰囲気のいいオトナの男として、見習いたい点が数多くありました。
官房長官を辞めることになった時は、たんにミーハーな理由から残念で残念で。
[福田康夫オフィシャルサイト]http://www.y-fukuda.or.jp/

話は変わって。
地下鉄に乗って、窓ガラスに写る自分の顔をみると、
異様に疲れて老け込んで見えますよね。
地下鉄でなくても、夜の闇を背景にガラス面が明るい車内を反射すると、
亡霊のような自分の顔を目にして、がっかりすることが多々あります。

なにを見るでもなくドアの窓から外の暗闇に目を置いていた時、
視界に、僕の後ろに立つ中学生らしい少年の顔が入ってきました。
ビジュアル系ではないのですが、端正な顔立ちをしています。
銀縁のメガネとまじめそうな目つき。
でも制服のボタンを上から2つまで開けていて、
ちょっとワイルドなのがいい感じです。
「キミはあと少しすれば、すごくイケメンになるだろうよ。」

そう思ってちょっと振り返って実物を見ると、
窓ガラスごしに反射して見た時よりも、
ずっと若くてコドモっぽい感じでした。
ロリさんだったら、ここでムラムラくるでしょうな。

枯れている僕は、そのまま目を窓の外に移し、
時々ガラスに映る彼の顔に視線を向けていると、
数年先の顔をそこに見ている気がして、
ちょっとおもしろくなってきました。

30歳くらいの彼の顔を想像できました。
ああ、こういう男いるだろうなぁ、
って感じの顔つき。

さらにその先。想像力を働かせて、
50過ぎの顔はどうだろう。
そしたら、いきなり、福田前官房長官の顔が重なってきたのでした。
目と口の感じ、顔幅と肩幅のバランス。
うわっ。
キミさ、今はまだどこにでもいるガキだけど、
ずっと未来のキミには萌えるかもしれないよ。
まずは高学歴をクリアしたまえ。

この未来へのリザーブ感覚って、
「ハウルの動く城」の中の"未来で待ってて!"
ってセリフにつながるもの?
なんて一人で妄想にふけっていたのでした。

ふふふ。それはきっと、秋のせいってやつ?
[PR]

  by tzucca | 2005-10-10 02:02 | → LIFE

ランチは豆腐。男の料理って感じ。

2、3週間でよくなるだろうと思っていた胃の調子ですが…。

週の終わりになると疲れが出てきて、胃痛でじっとしていられないし
胃液を吐くしで、土日は家に引き籠もり。
3歩進んで2歩下がる〜♪ってな感じで、
亀の歩みのごとく超スローペースで良くなってはきています。

というわけで。職場で顔を合わせている人たち以外からは、
「具合どーなのよ?」と心配させたままで、すんまそん。
だってほら、元気じゃないのに返事のしようもなくってさ(苦笑)

BLOGが更新されていると、安心するって方もいて(ありがとね)
ダイナミックレンジの少ない生活しか送っておりませんが、
小ねたを拾って書いていきますね。
まずはページデザインをちょいと変えてみました。

やつれた。痩せ細った。
久しぶりに会う人から、まず言われますねぇ。

歳くってから急に痩せると、
頬がこけて、首から肩にかけてが細くなって、
老け方が加速したように見えます。
痩せてりゃいいって年齢じゃないからねぇ。
どうせじいさまになりゃ、痩せ細るんだし。

油っけのない料理で、量が今までの2/3以下という
食事でないと、すぐ胃が痛み出すんですよ。
意図せず、ダイエットをしているようなもんです。
土日は家に引き籠もっているから、
ゆいがおいしく食べられるあっさり料理を作ってくれるんだけど、
問題は平日をどうするか。

コンビニのお惣菜は、ヘルシーなものであっても味付けが濃い。
お弁当には必ず揚げ物が入ってるし。
安心して食べられるメニューとして、定番化したのが「豆腐」。
スーパーで絹ごし1丁を買ってきて、会社のレンジで暖めてから、
常備した刻みねぎとかつおぶし、ゆずぽんをかけて<豆腐ランチ>
のできあがり。まさに<男の料理>って感じの簡単&豪快さ。

すごいのは、毎日食っても飽きないところ。
「豆腐」は主食になり得ます!

胃の調子が悪い時は、豆腐!


あとはバナナやトマト、つくね焼きとか。
ランチの費用がいきなり300円代で済むようになって、
医療費の出費がかさんだ分、たすかり!

食事は量を少なく、回数多くした方が胃にやさしいので、
夕方におにぎり1個とか、小分けに小分けに。
ヨーグルトをたっぷり摂ってます。

健康的だわ。でもこれから一生ずっとこれじゃ、たまんない。
筋肉をつけるためにも、もっとスタミナ系を食べて
大好きなエスニック系料理を食べられるようにならないと!
[PR]

  by tzucca | 2005-10-10 00:10 | → LIFE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE