<   2005年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

UOMO[ウオモ] 創刊。これって40代のライフスタイル?

a0028078_1205223.jpg40代男のライフデザインマガジン UOMO[ウオモ]が創刊。
一流品に囲まれたモテおやじ像を啓蒙する「LEON」のヒットにあやかって、ちょうど隙間だった40代男をねらって出たわけね。
先日41になった俺としては、ほお、どんなライフスタイルを提案してくれるわけ?と興味を持って買ってみました。

広告はさすがにクオリティが高いものばかりだねぇ…。そして中身といえば、これ40代じゃなくて30代じゃない?と思うような感覚のズレが大きくて、日本版「ヴォーグ」男性版をやりたかっただけ?と期待をはずされました。

同年代の中に混じると、自分は若く見えすぎて浮いちゃうんだよね。話題や感覚もやっぱり自分はガキっぽくて、ギャップを感じることがある。とくにお子さんがいるパパの感覚は、子供のいない人とは決定的に違います。それは当然ですよね。
業種によっても世代感覚のギャップが大きいこの年代。自分とのギャップをさまざまな場面で意識することが多い中でこの雑誌をみると、さらにものすごいギャップを感じるわけで。こんな40代が世の中に何%いるんだろう?

和服の女性を表紙に持ってきて、秘境の温泉宿と隠れ家的お店を紹介する雑誌の方が、よほど身近な感じがするんですけど。もしくは物欲を刺激する「MONOマガジン」の方がよほど…。

「オトナ・ジャケット」の華あるスタイルや、ちょっと不良っぽいスタイルの提案はいいんだけど、モデルが若すぎるんだよねぇ。
表4(↑の写真:つまり裏表紙ね)からめくっていくと、中田のフォトセッションがあるんだけど、それで分かってきた。
40代男って、社会的な立場や家庭を守るために、生きる目的が自分自身以外のものにシフトしていくものだと思うんです。体力や肉体の衰えにも「もう若くない」というあきらめもつけなくてはならないし。そんな年代に「自分をあきらめるなよ!」というメッセージを送るべきなのが、まだ自分のためだけに生きている歳の男をカッコよく見せたところで、ギャップを感じるのは当然だよなと。
クルマの写真は、かなりハイセンスでしたけど。モデルの若造っぽさを、もうちょっとなんとかしましょう!

「東京エレガンテ24時」という記事で、<彼女を送ってBARで一杯。くつろぎの時はカジュアルジャケットで>というコピーに、苦笑に近いギャップの最大値がマークされたのでした(^^;
彼女を送って行って、帰宅してカジュアルジャケット着て、また街に出てBARで独り飲むんかい…。20代だったらありかもな。


集英社「UOMO」公式サイト
[PR]

  by tzucca | 2005-02-28 00:10 | → BOOK

Xファイル DVDコレクション

a0028078_2333146.jpg「TZKさん、知ってますか?」
仕事が建て込みすぎていて、気分が消耗気味だった僕に、ミネトモとAKIRA+が続けざまニコニコと話しかけてきた。
「デアゴスティーニから、XファイルのDVDコレクションが出る?」
薄墨色な気分の中で、ぽっと裸電球が灯るようなワクワク感。

日テレ「木曜スペシャル」の矢追ディレクターUFOレポートに夢中になっていた僕みたいなヤツにとって、「Xファイル」は拍手もののドラマだったよね。
といっても、第3シーズンまでしかちゃんと観てないんだけどさ(笑)
少なくても第1シーズンには、相当夢中になりました。当初は実際にあった超常現象をドラマ化したようなリアリティがあったよね。シーズンを重ねるうちに、だんだんリアリティから遠ざかって、シリーズを継続させるための味付けが「なんだかなぁ」と思うようになったけど。ファンではあっても「それはやりすぎだよ…」と思った映画版で、僕の「Xファイル」熱は冷めました(笑)

僕がネットをはじめたのは、まだインターネットが普及する前のパソコン通信時代。「Xファイル」がテレ朝でオンエアされるのにあわせて、あるコミュニティをやり始めたのが、今の僕にいたるきっかけだったと言えるかも。
僕の人生に多大な意味をもたらした「Xファイル」(おおげさか)
<過渡期>を意識している今、またも僕の目の前に現れたのは、どういう巡り合わせなんだろう?
このサイトのタイトルの【X-LINE】も「Xファイル」から来てるんだよね。そもそも。

デアゴスティーニから発売されるのは、隔週刊で、4話収録したDVDと関連する記事のマガジンのセットという構成。「Xファイル」は、毎回扱う事件の元ネタやその背景を知ってこそ面白さがプラスされるから、それらをマガジンで紹介していくのは意味があるってもんです。やっぱこのテの世界は、雑誌「ムー」的読み物とセットで楽しむのがお約束ってもんじゃないですか。ってことで、これほど意味があるデアゴスティーニものってないかも!ナイスな企画です。

創刊号が790円で、2号以降が1790円。すでにリリースされているDVD-BOXの中古を買った方が安いかも、とは思ったよ。でも、俺という人間を思うに、DVD-BOXってコンプリートしちゃった安心感を得るだけで、たぶん観ないだろうと思ったわけ(笑)
だったら、各週4話づつ、マガジンもついてリリースされる「Xファイル DVDコレクション」の方が楽しいと思って、ポチッと定期購読申し込んじゃいました。あは。



◆デアゴスティーニ:隔週刊XファイルDVDコレクション
◆FOX CHANNEL:「Xファイル」公式サイト
[PR]

  by tzucca | 2005-02-27 23:33 | → MOVIE

サントリー「アミノ式」新パッケージ

a0028078_3324556.jpgキリンビバレッジ「アミノサプリ」がいくつものバージョンでハデに広告展開していますが、ライバル商品で過去にCM賞を受賞したサントリー「アミノ式」も新パッケージで登場。
アスパラギン酸が1.5倍に増量したそうです。

「♪こんな運動しなくても〜」と、これさえ飲んでおけば激しいスポーツに相当する脂肪燃焼を期待できるようなCMでしたが、それは誇張です(笑)
アミノ酸の脂肪燃焼効果が発揮されるには、4000〜6000mgの摂取が必要らしいです。「アミノ式」500mlPETボトルで摂取できるアミノ酸は、2000mg。つまり、2〜3本飲まないと、脂肪燃焼しないってことですよね。ってことは、かえって糖分をとりすぎて太ることになるんじゃ?と突っ込みたくなります。
あんな運動ができるようになるくらい筋トレと有酸素運動する人には、疲労回復などに「アミノ式」はいいんじゃないかな。
ちなみに「アミノ式」に使用しているアミノ酸は、味の素さん製らしいです。公式サイトで自慢してました。

a0028078_3331538.jpgまぁ、それは置いておいて(笑)
今回この「アミノ式」を紹介したのは、商品バーコードで遊んでいるのが面白かったから。読みとりエラーが出ないように、バーコードには手を加えちゃなんねー、ってのがお約束だったのが、読みとりの安全性がクリアーであればこんなことしてもいいのね!とちょっとオドロキ。
これ、「デザインバーコード™」といって、デザインバーコード株式会社さんの仕業なんですね。サイトで紹介されている〈デザインバーコード™のサンプル〉を観ると、かなり面白いです。あはは。

(2005年2月15日・全国発売)



◆サントリー「アミノ式」公式サイト
[PR]

  by tzucca | 2005-02-27 03:33 | → DRINK&FOODS

俺のサプリ生活

a0028078_2541685.jpg写真は、俺が1日に飲んでいるサプリメント。ここには写ってないけど、眠る前にはファンケル「快眠サポート」も5粒飲んでます。
多いと思うか、まだまだ甘いわねと思うか、人それぞれだと思いますが、食品で必要な栄養素を摂るのは理想だけど、めんどくさがり屋なので、手っ取り早くサプリで補給する道を選びました。
はじめはビタミンCから。ビラミンCを飲むようになって、確実に風邪をひきにくくなったんだよね。これは確実。
毎日のように酒を飲むことを考えれば、サプリにかかる費用なんて、たいしたことない。(毎日のように酒とサプリを浴びるように飲んでる人もいるけどさ)
健康と美容、快眠、そしてパワー!
これだけ飲んでいてデフォルト状態のわたくし。もし飲まなくなったとしたら、どんなことになっているのでしょう。おおお、寒。…考えたくないです。

ではここで内容を紹介しておきましょう。
ウイダー:アミノタブレット(上の写真で一番でかいやつ)
 →高含有アミノ酸7,000mg(10粒あたり)BCAA含有 5〜7粒
●ファンケル:ビタミンC 3粒〜
●ファンケル:ビタミンE 3粒
●ファンケル:ビタミンB群 2粒
●ファンケル:亜鉛ツイントース 2〜3粒
●ファンケル:鉄 ツイントース配合 2〜4粒
●コエンザイム[Co Q-10] 1粒(75mg)
●ピクノジェノール[フラバンジェノール]1粒(60mg)
●ファンケル:快眠サポート 5粒

それぞれの効能を書いていくと長くなっちゃうから、「ビタミン・ミネラル効能検索」で調べてみてね。

ちなみに、話題の「コエンザイム」は、輸入品の〈GOOD'N NATURAL〉製。日本で買うより断然オトクです。
コエンザイムQ10(75mgタイプ)

抗酸化成分「ピクノジェノール」も、同じところで買ってます。ピクノジェノールの商品名の1つが、CMなどで耳にしたこともあるはずの「フラバンジェノール」。ピンときたかな。
ピクノジェノール 60mg

あと、ダンスした日とジムで筋トレした日は、プロテイン飲んでます。週に1、2度くらいじゃ、効果は期待できないけどね。
プロテインはいろいろあれど、友人から教えてもらった「ホエイプロテイン(チョコレート味)2.27kg」が、驚くほどおいしく飲めるので、おすすめ。ただし容器がでかくて、ぶったまげた。全然減りません(笑)
このシリーズでは、バナナ・シェイク味が一番おいしいらしいんで、次はそれにしようかな。
[PR]

  by tzucca | 2005-02-20 02:54 | → LIFE

今日で、41になりました。


僕が生まれた日は雪だったらしい。
この日が雪だったことは何度もある。そして今年も夜になって雪になった。
そういう日に生まれたから、フツーであることを嫌う人間に成長したわけね(笑)

日付ではもう昨日になっちゃいましたが、41歳になりました。
とはいっても、この面構えと体型じゃ、当分40代には見てもらえないだろうなぁ(苦笑)

この歳ともなれば、誕生日だからといって何かハッピーなことが起こるわけじゃありません。でもさ、自分が生まれたことの奇跡に感謝したり、これからの人生をちょっと考えたりするくらいはしてもいいじゃない?
ところが現実はそんな余裕がまったくない、昨夜から会社泊まりでバタバタした展開の1日でした。
うわぁぁ、こんなことしてたら、マジ間に合わないよぉ!と心臓バクバク状態なのに、打ち合わせや相談が次々と。気が立ってイライラ、黙って半ギレ状態。

チームのメンバーがお祝いのケーキを用意してくれてました。
でも、俺はほとんど席についてないし、ピリピリしながらMacに向かっていたりで、声かけづらかっただろうなぁ(^^;
ずいぶん遅い時間になって、ケーキ・カットしてみんなでいただきました。

それでも、何人もの方々からメールやミクシィでお祝いメッセージをいただいて、素直にうれしゅうございました。どうも、ありがとう。
この日をバタバタした展開にしてくれた意地悪な神様にたてついて、思い切り若作りに励んで、自然の摂理を崩壊させたる!と心に誓いたくなりました。

@とはいっても、毎日測ってる体組成計の体年齢では、今年に入って27歳判定は1度もなかった。だいたい28〜29歳です。さすがにもう27歳ではいられないわけね(^^;
[PR]

  by tzucca | 2005-02-19 05:02 | → LIFE

キリンビバレッジ「クエン酸サプリ 903 」

a0028078_0391469.jpg"運動して乳酸がたまると筋肉痛になる"
と思い込んでいて、<対乳酸プロジェクト>と肩書きのついたこの「903(キュウマルサン)」を一時けっこう飲んでました。すると、気のせいか激しく動いた後でも、筋肉痛が来なかったんですよ。

話が過去形なのは、ある時期から"乳酸は運動時の疲労原因物質じゃなくて、実は疲労を和らげてくれている物質"だと分かって、じゃあ乳酸をやっつけちゃマズイじゃん!と思ったから。これは、<対乳酸プロジェクト>というコピーが誤解を与えてしまった結果です。

クエン酸は、炭水化物が分解された糖から代謝されるエネルギーと関係しながら、エネルギーを作り出してくれるんです。運動が激しくて、そのエネルギーが欠乏してくる時にクエン酸を補給すると、またまたエネルギーが作り出されて、疲れにくくなるんですね。そして乳酸もまた、エネルギーのもとらしいです。クエン酸を補給することで、エネルギー切れを抑えることができるそうです。
だから、運動する人にクエン酸は必要なんですよ。

「903」は、<乳酸>に着目したサプリメントという言い方を今はしています。
スポーツメーカー:アディダスとの共同開発で、アディダス・テイストのパッケージ・デザインだった初期モデルから一新した2005年バージョンは、同時期にデザインが変わった「アミノ・サプリ」と同系統のデザインとなって、サプリメントという意味が強くなりました。スポーツをする人だけでなく、日常生活でのクエン酸補給を再提案しています。

味はマズくないので、また激しい運動(俺の場合はSUGUYAさんのレッスンね)を続けていけるようになったら、飲もうかなっと。

(2005年2月8日全国発売 500ml PETボトル 147円)


キリンビバレッジ:商品サイト
◆キリンビバレッジ:ニュースリリース 「キリン クエン酸サプリ 903(キュウマルサン)」を新発売 もっと手軽に「クエン酸」補給! スポーツに「クエン酸サプリメント」
◆NHK「ためしてガッテン」:常識が覆る!クエン酸ホントの健康パワー
[PR]

  by tzucca | 2005-02-14 00:10 | → DRINK&FOODS

チロルチョコ「きなこもち」復活!急げ!

a0028078_3283871.jpg「これはウマイ!」と噂が噂を呼んでいる、チロルチョコの「きなこもち」。
一時は、コンビニのお菓子コーナー棚で最も目立つ場所に、専用スペースまで設けられていました。
きなこチョコの中に、おもちの食感がするグミが入った和風チョコで、1個21円(サイズの小さい10円版もあります)。きなこを固めたものをチョコと言っていいものかどうか分かりませんが、種類別名称は準チョコレートと記されています。いんや、細かいことはこの際、どーでもいい!とにかくウマイんですよ!きなこ好きさんには絶好のエサ!(笑)

ところがこの「きなこもち」。昨年の発売時は、爆発的な売れ行きで供給が追いつかず、一時発売休止になって、その後なかなか姿を見ることができませんでした。
今は関西地方で売っているとか、九州限定だとか、いろいろネットに情報が流れていましたが、ついに、ついに、東京地方に再登場!ヤッホーィ!

でも冬季限定の再登場らしいですぜ。しかも話によると、1店舗2箱までしか発注できない状況らしいです。ヤバイです。これはもうオトナ買いしかありません。今日は1度に7個を2回やってしまいました(^^; もうほとんどそのお店には残っていません。

a0028078_22373798.jpgちなみに、チロルチョコからは「黒豆きなこ」ってのも出ていて、こいつもイケます。量がほんのちょっとというのが、泣かせますけど。
ただし、同時期発売の「イチゴプリン」チョコは、味が乙女すぎてダメでした(笑)


[PR]

  by tzucca | 2005-02-05 03:29 | → DRINK&FOODS

コカコーラ「春のミント習慣」

a0028078_149235.jpg花粉症対策ドリンク特集のラストは、昨年につづき今年は<the Wellness>シリーズとして発売されたコカコーラ「春のミント習慣」。ペパーミントのポリフェノール抽出エキス300mgを配合した、無糖紅茶です。

ミントポリフェノールは、くしゃみや鼻水などの鼻粘膜の炎症に効果があると言われています。ペパーミントの葉から香りの成分ミントオイルを取り除いた部分は、これまで捨てられていたようですが、その部分にこそ多くのポリフェノール成分が含まれていたんですね。この抽出エキスの開発・製造は、香料メーカーの小川香料さん。
花粉症にミントっていうのは、アロマやハーブなどのオシャレなイメージともあいまって、やりやすいかも。ラット実験では、ミントポリフェノールが「甜茶」よりも、アレルギー症状を抑える効果が高かったという記事がネットにあったことだし。

ところで「春のミント習慣」は、肝心のミントポリフェノールでなく、栄養素ナイアシンが7.5mg(1日に必要な量の半分)入っていることで、〈トクホ〉こと保健機能食品(栄養機能食品)になっています。
ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素だとパッケージに表記されていますが、二日酔い予防や血行改善にも効果があると言われています。
いろんな意味で「スッキリしたいあなたに」効果があるドリンクですね。

味は、ペパーミントのすっきりとした味が「ジャワティー」に似た紅茶の味とミックスされた、きりっと爽快な味です。
ハーブティー仕上げでなく、普通の紅茶をベースにしているのが、コカコーラらしい分かりやすい味づくりと言えるでしょう。
人によっては、もうちょっと甘みが欲しいと思うかもしれませんが、毎日飲み続ける必要のあるドリンクですから、カロリー0なのは譲れませんね。
ベースになっている紅茶の品種を別にした方が、もっとおいしくなるんじゃないかな?とは思いましたが。

(2005年1月17日全国発売 350ml/160円)

コカコーラ製品情報ページ
◆All About:ミントティーが花粉症に効く!


[PR]

  by tzucca | 2005-02-03 23:55 | → DRINK&FOODS

カルピス「インターバランス L-92〈ヘルシーグルト〉」

a0028078_23192077.jpg昨年から災害続きの日本ですが、今年は花粉飛散量が過去最大になるんだってね。こわっ。

昨年登場したカルピス「インターバランス L-92」は、今シーズン飲料タイプ3種類、サプリメントタイプ、水で薄めて飲む濃縮タイプと、ラインナップが拡大。攻めに出ています。

花粉症は、アレルギーの1つ。現代人は、ストレスなどで体内の免疫バランスが崩れて、アレルギー体質になりやすいんだって。
乳酸菌は、腸の免疫細胞に働きかけ、免疫バランスを整える働きがあるらしいのね。数ある乳酸菌の中から、カルピスが免疫力を高める効果で選び抜いたのが〈機能性乳酸菌L-92菌〉。
〈機能性乳酸菌L-92菌〉を商品化した「インターバランス L-92」は、花粉症・通年性アレルギー性鼻炎に対しても抑える効果があると、カルピスのWEB上で積極的にデータを公開していて頼もしいです。
「インターバランス L-92」31万人分体感モニター大募集というものもやっていて(募集は終了)、「春をスッキリ」というあいまいさだけの商品とは次元が違いますね。

味は、酸味のないカルピスって感じで、とても飲みやすいです。副作用の心配もなく、免疫に強いカラダになるため1年を通して摂取しやすい機能性ドリンクです。
現在店頭に並んでいる「インターバランス L-92〈ヘルシーグルト〉」は、昨年発売されたものより、L-92の含有量が多くなったバージョンです。

(商品写真の〈ヘルシーグルト〉は2004年12月20日発売:350ml PET 179円)

◆カルピス「インターバランス L-92」商品情報サイト
◆カルピス〈機能性乳酸菌L-92菌〉情報サイト
◆〈機能性乳酸菌L-92菌〉のさらに詳しい情報は「カルピス社基盤技術研究所」サイトへ。


[PR]

  by tzucca | 2005-02-02 23:19 | → DRINK&FOODS

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE