<   2005年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

サッポロ飲料「処方十茶」/お茶とハーブで花粉症対策するには

a0028078_22154380.jpg台湾の高級烏龍茶「凍頂烏龍」をベースにして、甜茶、シソ葉、グァバ葉、ユーカリ葉、ルイボスティー、柿の葉、レモンバーム、ネトルリーフ、エルダーフラワーといった、花粉症対策にイイといわれるポリフェノールを含んだ十種類の素材をブレンドしたお茶です。

1つ前に紹介した「KW乳酸菌 体質茶」が、花粉症を抑える体質づくりにサイエンスから向かっているのに対して、こちらは効果があるといわれている天然素材を集めてみました!というドリンク。そして、花粉症にイイとは一言も書いてありません。
「春スッキリ」とだけ。その場の爽快な気分を得るだけとなると、<のど飴>みたいなもんですね。味も…のど飴みたいです。

口に含むと、まずはユーカリのス〜とした感覚が。そのス〜感のせいで、烏龍茶がベースなのは分かっても、10種類の素材から成り立っている味だというのがよく分かりません(^^;
花粉症を抑えるのにイイと言われる素材でも、体質によって東洋の漢方系が合う人、西洋のハーブ系が合う人それぞれです。全部一緒くただと、どうなんでしょう?

同居している彼女のお父さんが、花粉症なんです。
そんなお父さんにバッチリ効いたのは、「甜茶」。市販のドリンクでもいいけど、出費を考えると、茶葉を買ってきて自分で煎れるかサプリで摂る方が現実的。
ゆいのBLOGで、お茶とハーブで、じょうずに花粉症とつきあう方法をまとめたページがあるので、ゼヒ参考にしてみてください。


(2005年1月17日 全国発売 350mlPETボトル/147円)
◆サッポロ飲料:ニュースリリース


[PR]

  by tzucca | 2005-01-29 20:21 | → DRINK&FOODS

キリン「体質茶」

a0028078_3295546.jpg話題のKW乳酸菌緑茶でございます。乳酸菌と緑茶。やはり、老若男女をターゲットにする健康機能飲料としては、どうしても「緑茶」にしないといけなかったのでしょうか!商品化への複雑な思惑を抱きながらも、とりあえず1本飲んでみました。

1本飲んだだけで、味がどうの、効果がどうの言うべきドリンクではありません。
継続して飲むことで、体質を改善させていくドリンクです。
分かっています。分かっていますが、味の感想を述べるのがこのBLOG。
で、味の感想はと言うと…

「緑茶買ってきたよ〜。このコップに注いでいい?」
「いいよ。って、うわっ、待ったぁ!」
「え?待て言われたって、もう注いじゃったよ。」
「う〜、それ昨日牛乳飲んだまま洗ってなかったんだよ。」
「マジ?あ、ほんとだ、緑茶がちょっと白く濁ってる。」
「まあ、いっか。俺のコップだし。捨てるのもったいないし。飲んじゃえ!」
「えー?洗って入れ直した方がいいんじゃ?」
「ヘーキ、ヘーキ。なんかちょっと香ばしさが加わって、玄米茶っぽい味になってるから」

と、こんなシーンをイメージしちゃう味でした(笑)

ともあれ、花粉症が深刻になる季節がすぐそこまで来ています。
今年は昨年の30倍!と警告されてますよね。
「体質茶」のパッケージには、「日本人の体質を考える乳酸菌」として[KW乳酸菌]を紹介していますが、例によってあいまいでよく分からない言い方です。
[KW乳酸菌]は、キリンビール(株)と小岩井乳業(株)の共同研究によって、数ある乳酸菌の中でも、アレルギー改善作用や花粉症症状を緩和するはたらきがあることが分かった乳酸菌です。その応用法が様々な分野で研究されているようです。

[KW乳酸菌]は、この「体質茶」の外にもヨーグルトで出ているし、毎日効率的に摂取できるようにサプリメントとして「ノアレ」という商品が発売されています。
そしてこの「体質茶」は、[KW乳酸菌]がついにお茶化!現代人にとって待望の健康緑茶!と救いの神のようなキャッチフレーズが並び、1本168円で売っています。

花粉症対策としては、もう今すぐにでも始めないと間に合わない時期にさしかかりました。花粉症に効果的と言われているのは、[KW乳酸菌]の他に、中国古来の薬草茶「甜茶」、「シジュウム茶」「シソの葉」がいいと言われていますね。
大量の凍頂烏龍茶もいいってことで、何種類も「凍頂烏龍茶」ドリンクが今の時期出ているんですね(でも高くつきそうだ…)

自分は1日1個のヨーグルトを習慣にしているおかげか花粉症ではないのですが、春がツライ人には、持続可能な方法で効果的な対策が必要だよね。

@カラダに有用な乳酸菌の発見っていうと、マンガ「動物のお医者さん」に登場する菱沼さんを思い出すのは僕だけかな?


(2005年1月18日全国発売 350mlPETボトル/168円)

◆キリンビバレッジ:ニュースリリース KW乳酸菌、ついに「お茶」化!「キリン 体質茶(たいしつちゃ)」を新発売 カラダに毎日 スッキリ習慣
KIRIN:乳酸菌KW3110株の健康機能性サイト


[PR]

  by tzucca | 2005-01-29 01:05 | → DRINK&FOODS

アサヒ飲料「白茶(パイチャ)」

a0028078_2444146.jpg中国茶といえば、烏龍茶とジャスミン茶しか知らなかった頃、当時銀座4丁目交差点にあった「英記茶荘」で飲んだ<白茶>に、お茶の美しさってものをはじめて味わった記憶があります。
パッケージに解説がありますが、中国茶は発酵度の違いによって6分類あるんです。
不発酵の緑茶から、白茶、黄茶、青茶、そして完全発酵の紅茶、後発酵の黒茶。
白茶は、白い産毛の生えた新芽を微発酵させた高級茶。新芽だけを使った白豪銀針、若葉のあるものを使った白牡丹などが代表的です。とてもデリケートで澄んだ味。お日様を浴びた干し草のようなやわらかさと、ほのかにフルーティな香り、喉ごしのほのかな甘み。

お茶に力を入れているお店でないと置いていない白茶。
その白茶がついにペットボトルになって、コンビニで買える時代になりました。
でも、ストレートな白茶じゃありません。白茶だけだと、味が薄すぎると感じる人がいるだろうから、って理由でしょうか。香料は使っていないのですが、緑茶とのブレンドです。口に含んだ時は、緑茶の味が勝ってしまってますが、雑味はなく、喉ごしには白茶独特の味わいを感じることができます。決してヘタなブレンドじゃないと思います。へぇぇ、とちょっと感心。

パッケージも、淡くデリケートな白茶のイメージをよくデザイン化しています。
色遣いも絶妙。おすすめです。

(2005年1月26日全国発売 500ml正角耐熱PETボトル 147円)

◆アサヒ飲料:ニュースリリース
中国茶六大分類のひとつで、中国伝統の貴重なお茶「白茶」を使用  「アサヒ 白茶(パイチャ) PET500ml」新発売


はみだしドリンク久順銘茶 ─金奨 凍頂烏龍茶

a0028078_2551046.jpgナチュラル・ローソンの今週の新商品で並んでいた「金奨 凍頂烏龍茶」。オシャレ系か健康系のデザインが主流のお茶ドリンクの中で、異質な存在感を示す台湾テイストのデザイン。
凍頂烏龍茶は、お茶文化の発展した台湾の烏龍茶でも、セレブ中のセレブ。しかも、この久順銘茶の凍頂烏龍茶は、2000年度の国際銘茶品評会で金奨を受賞。
うわー、すっげーものをペットボトル化したなぁ!と飲んでみたら…。最高級な凍頂烏龍茶って味じゃなかった(^^;
でも、台湾青心烏龍茶という名だったらナットクかな。この値段で最高級な凍頂烏龍茶を味わえると思っちゃいけないのだわ。やっぱり(^^;
[PR]

  by tzucca | 2005-01-28 00:24 | → DRINK&FOODS

カルピス「味わいフルーツオ・レ」

a0028078_121939.jpg今注目のジューススタンドは、おシャレでヘルシーな「飲む野菜」を提供するところだということは分かったけれど!
その流行をターゲットにしたコンビニドリンクは、いまだにフルーツ・オレってのは、どおいうこと?…ま、いいや。

フルーツ&牛乳のミックス・ドリンクといえば、やはりカルピスの出番でしょう!
ってことで登場していただきましょう!「味わいフルーツオ・レ」さんでーす。
パチパチパチッ。

カルピスから出ていますが、これはカルピスのバリエーションではないんですね。リンゴ、パイナップル、オレンジの果汁が、「八ヶ岳高原牛乳」にとけ込んだ、乳性飲料です。つまりは、昔なつかしいフルーツ牛乳味。パッケージもどことなく懐かしさを感じさせる、かわいいデザインです。

フルーツ、とくにパイナップルの味が立っているので、ベースになっている八ヶ岳高
原牛乳がどのくらいおいしいのか、正直わかんない…(^^;
甘すぎないまろやかさと、すっきりした喉ごしは、「味わいカルピス」を想い出しますが、増粘多糖類の使い方がうまいんでしょうねぇ。

というわけで。オシャレな気分というより、風呂あがりに片手を腰にあて、ぐびっと飲みたいドリンクでした(となれば、350mlくらいが調度いいかも)

(2005年1月24日全国発売 500mlペットボトル 158円)


◆カルピス:ニュースリリース 3つのフルーツがミルクに溶け込んだまろやかな味わい「味わいフルーツオ・レ」新発売
[PR]

  by tzucca | 2005-01-26 00:56 | → DRINK&FOODS

ローソン「ブルーベリー・コンフルッタ」「マンゴーピーチ・コンフルッタ」

a0028078_1305452.jpgローソン・オリジナルの大きめにカットされた果実が入ったヨーグルト・ドリンク。ストローがぶっといので、カット果実もちゅるちゅると吸い上げることができます。
極太ストローで果実をいただくオレとしては、セブンイレブン・オリジナルの「銀座クレムリ」シリーズよりも確実においしいし、ヘルシー感もあります。

ネーミングにある<con frutta --コンフルッタ>ってのは、イタリア語で「果実を加えた」という意味だそうですが、正直言いにくいし、文字が小さいから読まないよね(苦笑)この記事書くまで、このドリンクがそんな名前しているのに気づきませんでした。人はドリンクを手に取る時、パッケージ・デザインの全体的な印象だけ見て、いかに名前まで確認していないかが実感できました(笑)

ヨーグルトドリンクに、北米産のワイルドブルーベリー果肉がそのまま入った「ブルーベリー・コンフルッタ」と、10mmの角切りピーチ果肉とマンゴー果汁20%の「マンゴーピーチ・コンフルッタ」の2種類が出ていますが、行きつけのナチュラル・ローソンでは、圧倒的に「ブルーベリー」の人気が高いんですよ。
どっちもおいしいんですよ!
でも「ブルーベリー」の方が確実に売れていくのは、IT系オフィスの多い土地柄、目の疲労を感じている人が多いってことなのかも。

200gで210円。ランチに一品加えるデザート・ドリンクとしては、ちょっと高め。しかも、極太ストローなので、あっという間に飲みきってしまう<満たされない感じ>が、明日もまた買ってしまいそうな予感につながります。ああん、いけずぅぅ…。

ところで、ニュースリリースに掲載されている<最近伸長しているジューススタンドやフルーツカフェのイメージで味わっていただけるように>の文中にある、<ジューススタンド>って、今そんなに人気なんでしょうか?
僕のイメージだと、デパ地下や新橋にある、あのジューススタンドを想い描いているんですが、合っているんでしょうか?


(2004年12月21日 沖縄を除く全国のローソンで発売)


◆ローソンのニュースリリース「今人気のジューススタンド風・新タイプのデザートドリンクを発売 」
[PR]

  by tzucca | 2005-01-25 01:00 | → DRINK&FOODS

ミツカン su.no.mo.[ス・ノ・モ] (TM)

お酢がカラダにいい、ってことはガキの頃から聞かされていたこと。
カラダが固い俺は、酢を飲めばカラダが柔らかくなる、とも言われ続けていました。本当かいな?
ちょっと前まで、酢は調味料として扱われていたもんね。健康やダイエットのため積極的に摂ろうと言われ出したのは、アミノ酸ブームと同じ頃からかな。

お酢といえばミツカンから、手軽に飲める果実酢飲料として登場した[ス・ノ・モ]。「酢を飲もう」から来たネーミングなのね。かわいいわ。
調味料でなく、酢を飲む習慣に対応する商品を、20〜30代女性に受けそうな健康志向ドリンクとして提供するのは、お酢メーカーとしてマーケティング的に当然の展開。
とは言っても、発売された頃は、あんまり乗る気がなくて手に取りませんでした。

それが、昨年のおわり頃、行きつけのフィットネスジムで無料で配ってたんですよ。
タダでくれれば、当然飲みますわな。トレーニング後に酢を摂るのも、理にかなっているし。飲んでみたら、けっこうおいしかった。一度でも飲んでみれば商品の良さが分かる、というメーカーの戦略は的を得ていたようです。

お酢を口にした時、はじめは喉の奥がむせる感じがあるよね。
このドリンクも、人によってはちょっとだけ、はじめの1口だけむせる感があるかもしれません。でも、それははじめだけ。果実酢(りんご酢)と果汁のブレンドが、酢のクセを感じさせない組み合わせなので、もうちょっと味が濃くてもいいかな、と思うくらいのあっさり味です。

<グレープフルーツ>と<アセロラ&レモン>の2種類が出ています。
グレープフルーツは、「カロリー過多な生活に」「食物繊維でダイエット」。
アセロラ&レモンは、「日々の忙しい生活に」。
両方とも、果実酢5ml+果汁10%未満で125ml。

アセロラ&レモンの方が、果実のすっぱさに酢の味がとけ込んでいて、酢が苦手な人にもOKな味。グレープフルーツも、果汁のちょっと苦みのある甘酸っぱさに、後味で酢を感じる程度です。

ところで、酢の効能ってどんなものかをカンタンにまとめておきましょう。

酢の成分は、クエン酸などの有機酸とアミノ酸、そしてすっぱさを感じる酢酸。
酸性に偏りがちなカラダを、弱アルカリ体質に改善して、疲労を回復します。
殺菌効果も特長としてあげられます。
また酢の種類によって、とくにこの効果がある、というのがあるようです。
 ●果実酢…疲労・だるさをとる効果がある。
 ●米 酢…老化を防ぐ効果がある。
 ●穀物酢…脂肪燃焼効果・肥満抑制効果がある。
 ●野菜酢…血液サラサラ効果がある。

毎日お酢を摂ることは大切なんだなぁ、と思っても、[ス・ノ・モ]の税込参考小売価格は126円(近くのスーパーでは99円だった)。お家でハンドメイドした方が経済的ではあるよね。あとはサプリが手軽かな。

(2004年10月5日 関東甲信越エリア限定発売)


◆ミツカン:ニュースリリース『su.no.moグレープフルーツ』『su.no.moアセロラ&レモン』
→商品開発の経緯がなにげに興味深い。食酢の消費は50代以上の層に偏っていて、20〜30代の消費は全体の10%に満たないんだって。
[PR]

  by tzucca | 2005-01-23 00:10 | → DRINK&FOODS

北海道乳業「テオブロマ ショコラオレ」

チョコレートの名門「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」の名を冠にしたチョコレート・ドリンクですから、コンビニ・ドリンクにしては、がんばっちゃってました。
香料・着色料を使わない、カカオを選んだ本格チョコレートの味わい深さ。ちょっとビターな大人のショコラオレ。コンビニでこの味が楽しめるとは、なんて贅沢!

カカオの純度が高いドリンクは、口当たりが脂っぽく感じることもあるのですが、このドリンクにはそんなことはありません。口に含むと、ミルクでごまかしていない、ダイナミックレンジがありながらきめの細かいチョコレートの味が広がって、喉ごしはすっきり。
ポリフェーノール効果をうたった健康飲料でなく、味を楽しむことに徹した仕上げになっているのが、チョコ好きにはたまりません。

@とは言っても、コンビニで売れる値段のドリンクですから、すべてが高級素材というワケではなく、後味にちょっと感じるミルクはコンビニドリンクらしい味になってます(^^;

チョコレートのミュージアムという名の「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」は、今のチョコレート専門店ブームの先駆けと言える1999年のオープン。シェフ・土屋公二は、パリでの6年間の修行ののち、ヨーロッパの最高級チョコレートを越えるチョコレートを日本で創りつづけています。
このドリンクは、有限会社テオブロマとの契約で、北海道乳業株式会社が製造しています。

(200ml/168円 ナチュラル・ローソンで購入)


テオブロマ・公式サイト
函館北海道乳業のサイト(サイトにはこの商品は掲載されていません)
[PR]

  by tzucca | 2005-01-22 03:33 | → DRINK&FOODS

キリン FIRE「WHITE COFFEE」

どのコンビニにも決まって置いてあるドリンクって、そう多くないですよね。大ヒット商品か、定番品か、営業力の強い商品か。
このキリン「FIRE WHITE COFFEE」は、昨年の6月に発売されたのですが、今どこのコンビニに行っても置いてあります。勝ち組商品ってやつです。

でもね。すごくおいしいってワケじゃないんです(笑)
ミルク多めの缶コーヒーの中では、比較的マトモな味の部類ではあります。コーヒーのシャープな苦みと濃厚なミルクが、甘すぎないバランスでまとまってるし。でもやっぱり香料の強さとミルクの後味が、人工的で気になっちゃうんですよ。
お茶系ドリンクは無香料・無調味ものがけっこう出ているけど、コーヒー系ドリンクって相変わらず香料で作ってるんだよね。スタバのコーヒーも香料で盛ってるから、ナチュラルでおいしいコーヒーってのは、別ジャンルと考えた方がいいのかも。

なんで今このドリンクを取りあげたかというと、デザインがいいってことと、「白」という色が<今>を感じるから。
コーヒーなのに、牛乳を思わせる白をベースにしていることで、かえって目をひくのが作戦勝ち。特殊コーティングされた手触りのいいオフホワイトの下地に、金とダークブラウンという配色、余白を生かした枠線の取り方が、カジュアルな高級感を出すのに期待以上の効果があったようです。小振りな190gボトル缶だからこその、デザインバランスのよさも際だっています。
発売から8ヶ月経っているのに、<過ぎちゃった感>がないのはスゴイことです。

ところで、昨年を思い返すと、プロダクツデザインで<白>に目が行くようになったのが特徴的だったかも。大ヒットの「iPod」から、コンパクトで白いものへの好印象が生まれたとも言えますが。白いベルトも流行ったしね(今でもしてるけど)。
<白>という色は、なにもしていない素の色ではないんですよ。<白>という色を着色しているんです。素材による白さの差をうまく合わせた、ホワイト・オン・ホワイトが、ディスプレイ画面では伝わらない実物だからこその感触を与えてくれますよね。慣用的でない白の使い方に、新鮮なものを感じます。

秋冬の僕は、着るもの持ち物、黒一色になりがちなのですが、年末から年明けにかけて、白いものをあえて買う自分がおりました。白いコートなんて、昨年の今頃では到底買わなかったでしょうに!なにか新しいことへのチャレンジとも言える、白。
まだ当分白いものへ目が行ってしまいそうです。

(2004年6月8日発売 190gミニ缶/130円)


◆キリンビバレッジ:FIRE ホワイトコーヒー・サイト(NEXT QUALITY PROJECT)
[PR]

  by tzucca | 2005-01-22 03:25 | → DRINK&FOODS

thanks for 20000vistors!

a0028078_1285318.jpg気が付けば、訪問者数累計2万を超えていました。先週半ばあたりだったのかな。
特にテーマ設定しているワケでもなく、お役立ち情報があるわけでもない、ごくごく私的な隠れ家的BLOGです。隠れてはいるけれど、誰も寄りつかないとなると、寂しくて凹んでしまうのは、オトナが好きな〈隠れ家的お店〉と同じ(笑)
これを読んでくださっている、あなた!ほんと、ありがとうございます。
これからも細く長くおつき合いくださいましね。

ところで。いま僕は咳と鼻水の風邪ひきさんです。
ビタミンCをこれでもか!と摂っているのに、不覚だわっ。

アレをやりながらコレとソレをやって…とバタバタしているので、だんだんまわりが見えなくなっております。会社にいる間は、テンションが上がっているからいいけど、帰りの電車から家に帰り着く頃には、もうぐったり。腹筋する気も起きないや。
カラダに鞭打ちつつやってるけど、金曜日に納品する案件が、予想通り(苦笑)ぎりぎりまで仕上げがかかってしまい、夜中になってしまった。ちょっとこたえたかも。(仕上げが大変だったKの方がダメージでかかった様子…)

a0028078_1291347.jpg朝帰りした翌土曜日も、SUGUYA君の「iNFECTION2005.DP」なので、六本木でオール(^^;
今回のSUGUYA+Sun.SBは、超カッコよかったよ!こーゆーのが好き!って感じ。今年1発目ってこともあって、かなり楽しいイベントだった(^^)
DJ FUKUMUROくんからは、またいっぱいサントラCDをもらっちゃった。「チキチキバンバン」「華麗なる賭け」「大脱走」など往年の名作を10枚くらい。感激っす!っていうか、今はこんなタイトルまでCD化されているんだ…。

朝方帰宅した頃は、風邪菌がカラダ中まわってるって感じ(^^; さすがに1日寝込んでました。寒いし雨だしで、しっかり引きこもり。
上がったり、下がったりだね。
はうう。早いとこスッキリして、前向きなキモチになりたいなっと。
ちょっと朦朧しながら月曜出社してみたら、チームの半数が体調不良で休んでいた(^^;

@風邪は漢方で治す僕。先週までは「柴胡桂枝湯」、咳がひどくなってからは「麦門冬湯」をプラスです。
[PR]

  by tzucca | 2005-01-19 01:19 | → LIFE

Mac mini こりゃ、すげーわ

発表になったMac mini。こんな値段で!Macが!
ジョブスったらほんとにサプライズがお上手だこと!
もう重いPowerbook持ち歩く時代じゃなくなるのかも。。
今日は職場で、この話題でもちきりでした。
もちきりというか、「ボーナス前に発表になってたら、絶対思わずポチッとなってやってた」とヤバイヤバイの連発。
まぁ、ファースト・ロットは避けるとして(笑)、Winユーザーや買い換えMacユーザーには、ツボをついてるよね!

http://www.apple.com/jp/macmini/

Apple Storeで【Mac mini】¥59,590〜をポチッと買っちゃう人は…
[PR]

  by tzucca | 2005-01-12 11:24 | → LIFE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE