<   2004年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

ペリエ アートボトル2004

a0028078_2434293.jpg今年最後に紹介するドリンクは、パーティーシーズンに限定発売された「ペリエ」のアートボトル2004。

「ペリエ」といえば、日本でもっともポピュラーなスパークリング・ミネラル・ウォーターですよね。ボトルラベルのクラシカルな「Perrier」ロゴデザインからも歴史を感じます。
それもそのはず、1903年に本格的な事業化がはじまって以来、今年で1世紀を迎えるんだって。おめでとう、パチパチ。

そのアニバーサリーとどの程度関係があるのか分かりませんが(笑)、時代の先端をいくクリエイターとのコラボレーションであるアートボトルが、数年ぶりに登場。

a0028078_24464.jpg今回のアートボトルは、フランスのクリエイティブブティック「ハートランド・ヴィラ」、そしてデザインプロダクション 「クレオ」のコラボレーションとのこと。
ルージュのようなピンクをベースに、クラシカルなロゴを思い切りポップでデジタルなテイストに料理しています。デジタルのドットを思わせる極小「Perrier」ロゴは、スパークリングの泡をイメージしているんですね。ちなみにピンクでコーティングされた内側は、普通の緑色したガラス瓶でした。

このデザインのハデさは、日本の感覚というよりも、パーティー・カルチャーの年期が入ったフランスの感覚なんでしょうね。

この時期、「エヴィアン」からもボトルデザインの凝ったイヤーボトルがリリースされます。1年の区切りを、仕事が!大掃除が!年賀状が!とバタバタするより、こんなミネラルウォーターをテーブルにドンッと置いて、「ハッピー・ホリデイ!」と脳天気に過ごしてみたいものです。
そうか!このボトルをマラカスのように振り回して(重いってば)、「マツケンサンバ」を唄い踊りつつ、年を越せばいいんだね!オレェィ!(笑)

(2004年11月発売・750ml/399円)

@といいつつ、「紅白」観ながら掃除してる俺(^^;
 「紅白」は、お衣装よりもバックダンサーを観るのが楽しみなんだ。
[PR]

  by tzucca | 2004-12-31 22:42 | → DRINK&FOODS

年末といえど、仕事が…

a0028078_416143.jpg会社の年内営業は28日で終了。でもその日は、ちっとも年末感がないまま、ふつうに仕事があって、打ち合わせがあって、部内ミーティングの時間もとれずにバタバタ。結局部内ミーティングは、毎年恒例で納会の後に。

年内あと5営業日となった時点で、「ヤバイ、年内中に仕事納まらねーよ。」と焦り出したんだけど、結局納まりませんでした(泣)
夜中、ひとり職場でお仕事お仕事。でも3時間かかってピックアップした写真も、年明け早々に動き出す案件のベースデザインも、結局没になってしまった(^^;
TVCMじゃないけど、「次、行ってみよー!」って感じ。

でもやっておかないといけない作業が、29日の夜になってもまだあって、雑然と散らかっている部屋の大掃除はどうしたらいいのだろう?などと考えながら、年内の踊り納めをしてきました。でも、来週もまた同じようにレッスンはあるわけで。
区切りがあるようなないような…。

雪景色に一瞬、どこか遠くに来たような錯覚を覚えたけれど、夜にはもう街の道路にはどこにも雪が残っていませんでした。でもね、ウチのまわりにはまだ雪がしっかり積もっているんですよ。
[PR]

  by tzucca | 2004-12-29 23:58 | → LIFE

THE DANCE SUMMIT.2 & 東京ミレナリオ

CHAPTURE-01

新高輪プリンスホテルの国際館パミールで、ストリートダンスとチアリーディング・ダンスのコラボレーションLIVETHE DANCE SUMMIT.2を観てきました。
SUGUYA君の誕生日でもあるこの日、スケールのおっきいステージで踊る彼を観るのは、親心として嬉しい限り。いい席を用意してくれて、ありがとうです。

「L.i.F.E」ユニットとしてオープニングを飾る時には、めちゃクールに決めているのに、エンディングでは<お笑い大将>に変身。トナカイの着ぐるみ姿は、夢に見そうだよ…(^^; といいつつ、SAKUMA氏、MITSUと何気なくウィンドミル決めたりして、風格ですね。

チアリーディングは、スポーティなんですよね。対してストリートダンスは、表現の幅が広くて、その対比が観ていて面白かった。
制作総指揮の森奥愛さん、舞台だと女王様スタイルがすっごくお似合いで、Ai-GUNDANのこなれたパフォーマンスは、やはりレベルが違います。
古くから親しくしているSun.SBのメンバー、Reinaのプロデュース・チームは、ドラマティックな展開に不自然でなくHIPHOPの振りがはまっていて、印象的でした。
はじめて観たATUSHIさんプロデュース・チームは、個々の見せ場と全体の一体感が、ストリート感覚を殺さずにうまく表現されていて、ちょっとオドロキ。
あと、「L.i.F.E」のSHINJIが、踊りはもうサスガの一言なのですが、表情の作り方などすっごい舞台映えするようになっていて、カッコよかったぁ。

プレミアム・シートを予約すると、開演までにデザート・ビュッフェを楽しめて、イベントもクリスマスを意識した内容だったし、いい感じに12月25日を過ごせました。


CHAPTURE-02

クリスマスついでに。品川から東京に出て、東京ミレナリオに行ってきました。
アーチの中をくぐるコースだと、工事中の新丸ビル脇からミレナリオのスタート地点まで約40分の待ち。何度目かのミレナリオだけど、入り口付近のシーンは、「うわー、キレイー!」と心が乙女になってしまう。立ち止まらないでください!という誘導の声が降りかかる中、みな携帯やデジカメで写真を撮りまくってます。
俺が撮った写真はこんな感じ。
東京ミレナリオは、夜9時で消灯するのね。僕らが、終着点間際でコースをはずれて、東京国際フォーラムに向かい始めたその瞬間。背後ですごい悲鳴。つづいてどよめき。振り返ると、まだ大勢の人がいるのに東京ミレナリオが消えていた(^^;
あはは。真っ暗だ。


CHAPTURE-03

東京国際フォーラムの広場で一服しようと思ったら、所定の場所に灰皿がない。あらら、イベントで人が多いから撤去されちゃったかな。と思ったら、JTが特別喫煙スペースとイベントをやってました。はじめて喫煙バス「Smoker」の中に入ったり、アンケートやゲームで、タバコやドリンクをもらったりして、あらあらいつもやってて頂戴よ、と思ったのでした。

長時間外にいて、さすがにカラダが冷えてきたので、インド料理を食べに行きました。そのあと、25日の夜に行われる、クリスマス→正月へのディスプレイのチェンジを観るために、銀座を軽く歩き回ることに。まだ一部の店と街頭のたれ幕しかチェンジが始まっていなかったのですが、これから深夜にかけてが戦場なんでしょうね。業者のみなさん、がんばって!
(←クリックで、もう少し大きく観ることができます。ちょっと報道写真っぽいでしょっ)


[PR]

  by tzucca | 2004-12-25 23:56 | → DANCE

クリスマス・ディナー

a0028078_224650.jpg気が付けば、年内あと3営業日で終わりなの?どっひぇ〜!
年々年の瀬の感覚が無くなってきていますが、今年はまったくと言っていいほど感じていません。歳のせいかも?としょんぼりしてたけど、職場のみんなも同様みたいで、ホッ(^^)
昨夜もダンス・レッスンを受けた後、友人に車で会社まで送ってもらい、残った仕事を独りしこしこ5時くらいまでやってました。はぁ、ほんとに今年は終われるのかなぁ(疑問)

そんな慌ただしい中、今日はゆいと恒例のクリスマスディナーをしてきました。
毎年必ず、同じ店で過ごすぼくらのクリスマス・イベントです。もう15年くらい続けているかなぁ。今年もまた2人でこの時間を過ごせることが、なによりラッキーなんだろうなぁ、とささやかな感謝を。

そのお店は、有楽町にあるリストランテ&バー 「ブオーノブオーノ」。
オリジナル・クリスマス・ディナーは、20代の頃は背伸びしたお値段だったけど、今ではけっこうリーズナブルなお値段。毎年趣向を凝らした、舌も目も楽しませてくれるオリジナル・メニューは、まさに自分へのご褒美です。

a0028078_231468.jpg
今回とくに、「すっごいおいしい!おいしすぎ!」だったデュッシュをご紹介。
ディナー2皿目の<フェガート・グロッソのパイ包み焼き 黒トリュフ風味>(写真左)は、リンゴのソースとトリュフとパイがすっごいマッチングで、一口食べるたびに、じ〜んと感動。これが今回一番のお気に入りでした。
3皿目の<伊勢海老とタリオリーニの甲殻類のソース フィノッキオ・フォリエを散りばめて>(写真中)も、ソースが絶品で、上に乗ったフェンネルの葉とパスタを一緒にいただくと、ふたたび至福感で涙目(笑)
デザートの<マンドレとカスターニャのモンテ・ビアンコ仕立て>(写真右)は、チョコレートの羽が「わお!デビルマン!」と思ったけど、クリスマスに悪魔を出すワケないよね(笑)このイタリアの栗を使ったモンブランは、ブラッド・オレンジのソースとよくあって、オトナのスイーツって感じ。しっかり満腹感。


a0028078_2574086.jpgこの店は三笠会館の系列なので、三笠会館のクリスマスケーキ「ボンバ」(左写真)を予約の時一緒に注文しておきました。濃厚なチョコレート・ケーキです。これで年末までの数日間、毎日ちょっとずつケーキを楽しむ日々を送れます。
ああ、これでやっと、年末って感じになってきましたよぉ。

⇨ディナーのすべてのメニューは、ゆいのBLOGで紹介しています。


a0028078_295357.jpg食事の前に、人でにぎわう銀座の街を歩きながら、クリスマス・ディスプレイのクリエイティブ・ワークをチェックすることも忘れてませんよ。ツリー1つでも見るべき作品がたくさんあって、楽しいもんです。「和光」は本当に毎年さすが!です。資生堂パーラービルの、星形クッキーで作ったツリーと小さなディスプレイも拍手!
この日、ゆいはカジュアルな着物で決めてました。グリーンとレッドのクリスマス・カラーの着物です。さすがに目立つ存在だったので、人がぶつかってこないで避けてくれるから歩きやすかった、と申しておりました。
[PR]

  by tzucca | 2004-12-23 23:55 | → DRINK&FOODS

コカコーラ「燃ヤセ」

a0028078_22231845.jpg目立つパッケージデザインです。「燃」と「ヤセ」が目に飛び込んできて、直感的に燃焼してやせるドリンクってことが分かります。一瞬間をおいて、この商品名って「燃ヤセ」と読むのかと冷静になり、つづいて<カルニチン300mg配合>の部分に目が行くと、「カルニチン」ってなーに?となります。

脂肪燃焼は、細胞の中のミトコンドリアで行われるのですが、脂肪をミトコンドリアまで運ぶ役目を担っているのが、L-カルニチンさんです。
はじめから体内にあるのですが、加齢とともに減少していくため、中年太りが起こりやすくなるんだって。
ちょっと健康に気を配っている人なら、<加齢とともに減少していく>と聞いて、「コエンザイム(CoQ10)」と同じじゃない?とピンとくるはず。
コエンザイムさんは、ミトコンドリアに働きかけて、エネルギーを生産する役目を担っています。若いエネルギーをキープして、肌の内側からシワやシミを改善する効果があると「あるある」で紹介されて以来、ファンケルでは予約して4ヶ月待ち状態になってしまったコエンザイムさん。
サプリ屋さんでは、ダイエット目的ならL-カルニチンとコエンザイムのセットをおすすめしてます。L-カルニチンだけ摂っていても、コエンザイムが不足していると、体脂肪は燃えないんだってさ。

ところで、この「燃ヤセ」に入ってるカルニチン300mgって、効果を期待できる量なんでしょうか。1日に必要なL-カルニチンは200mgらしいので、一応クリアですね。1日の上限目安量は約1000mgなので、「燃ヤセ」も1日3本までにしておいた方がいいってことですね。
ちなみにパッケージには、"米国では許容一日摂取量が体重1kg当たり20mgとされています"と書かれています。

でもこのL-カルニチンは、脂肪燃焼だけでなく、脳の活性化に効果があることでも注目されています。ってことは、DHAと一緒に摂ると、頭よくなる?

味の話を忘れちゃいけませんね。
機能性飲料の薬くさい濃い味かもと身構えて飲んでみると、これがけっこう飲みやすい、さらっとした薄味。シトラス・フレーバーと、抑えた甘みが、500ml飲み切るのにしんどさを感じません。
…がんばりましょう!(なにを)

@はじめてパッケージ見た時、「燃」を「激」と見間違えて、はげしいネーミングにしたもんだなぁ、とビビったものでした(^^;

@2005.2.15追記:
ドリンクレビューをたくさんしているBLOG「足して2で割ったような」で、迂闊にもはじめて気づきました。このドリンク「ねんやせ」って読むんですね。たしかに、コカコーラの商品ページのURLがnenyase/になってら!(^^;

●原材料名:高果糖液糖、L-カルニチンL-酒石酸塩、香料、クエン酸、ビタミンC、塩化K、グルコン酸K、マリーゴールド色素、イノシトール、甘味料(スクラロース)

(500ml/168円 2004年11月全国発売)


◆コカコーラ:製品情報ページ
[PR]

  by tzucca | 2004-12-18 22:22 | → DRINK&FOODS

ダイドー「乳(みるく)チョコイチゴ」

a0028078_2502932.jpgダイドードリンコの販売機って、ちょっとワンダーランドじゃない?
直球を狙わないマニアックな商品展開には、「SKYTIME ゆず」のような傑作もある一方で…、ボタンを押すのに勇気がいるようなものも(笑)

ダンススクールの入口近くにあるんですよ、ダイドードリンコの販売機。
スクールから出てくると、汗かいてシャワー浴びた後だから当然みんな販売機の前に行くわけです。僕の仲間は、そこでたいていある1点に目を留めます。でも思い直して視線を泳がせながら他のを選ぶの。そのはじめに目が行くドリンクっていうのが、この「乳(みるく)チョコイチゴ」。

「100円あげるから、それ飲んでみてよー」と僕が言っても「えー、今度ね」と言って逃げられます。しょうがないから、自分で買っちゃったよ(^^;

どきどき。ものすごく甘かったらどうしよう?と思いながら口をつける。と、意外にも強烈な甘さじゃない。そして、なぜだか妙に懐かしい味が。ええと…なんだっけ。そう!ちっちゃい三角形でミルクチョコといちごが半々になった「アポロ」
その「アポロ」が、味がうすくなって液体になったって感じです。

はじめに強烈ないちごの香りがするから、いちごの味を感じるんだけど、ミルクの味が妙にうすく感じます。ああ、そうか、ただのミルクでなくチョコと混ざってるからうすく感じるのね。でもチョコの味はほとんどしない。濃いビターなココアだったら、もうちょっと味がまとまったと思うんだけど、このドリンクの場合、ミルクとチョコが干渉しあって、よくわからない味になってしまったようです。
「アポロ」みたいな味、にこだわり過ぎたんでしょうか。
ドリンクの色は、ピンクがかったココアみたいな色でした。

どんなコンセプトで生まれたドリンクかを知りたくて、ニュースリリースにアクセス。するとコンセプト云々の前に、「色物乳飲料市場」って言葉に思わず反応(イチゴみるくのような色のついた乳飲料のことね)。身も蓋もない言い方するのね、業界では。
この「色物乳飲料市場」は、若年ユーザーに人気があり、紙パック容器で安定した市
場が形成されているらしんです。こちらは、xenical2000さんの「日刊ドリンク」でたくさん紹介されているジャンルですね。
「乳チョコイチゴ」は、市場動向から、若年層には慣れ親しんだおいしさ、中高年層にはなつかしさを訴求する企画だったようです。
たしかに、中高年層には「アポロ」みたいな味が懐かしさはあるけど、カロリーメイトのいちご味(あったっけ?)みたいだとも(^^;
ごめんなさい。半分までしか飲めませんでした。。

@そういえば、「チョコボールいちご味」ってのもありましたね。やはりあれも…。

●原材料名:牛乳、砂糖、いちご果汁、脱脂粉乳、クリーム、カカオマス、植物油脂、食塩、加糖脱脂れん乳、バター、香料、セルロース、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、コチニール色素

(280g缶/120円 2004年8月23日より自販機にて全国発売)


ダイドードリンコ:ニュースリリース
[PR]

  by tzucca | 2004-12-18 12:50 | → DRINK&FOODS

キリン「マシューズ ベストヒットソーダ 白グレープ」

a0028078_11525461.jpgクリスマスや新年のパーティー・シーンをねらった、スパークリング・ドリンク紹介の第3弾は、深夜バラエティ番組「Matthew's Best Hit TV」との共同開発第2弾・水引パッケージの白グレープです。

無果汁の白グレープ味で炭酸ちょっときつめ。ニュースリリースによると隠し味でカモミールの風味がプラスされているようですが、炭酸に負けてよく分かりません(^^;
第1弾の時は、目をひくイラストパッケージながら、味はありがちなシトラス風味で「三ツ矢サイダー?」と思ったもの。この時期発売されるスパークリングは、パーティー・シーンに合うことが大前提だから、シャンパンを思わせる白グレープ・スパークリングってところに華やかさがあり、今回の方がマシュー南の世界観と合ってるんじゃないかな。

a0028078_1575188.jpgちなみに今回の「水引」パッケージ。第1弾のハデなイラストとは別な意味で目立ちます。
お世話になった方々への年末年始のご挨拶も兼ねたギフト風とのことです。さらに!第1弾のヒット御礼も兼ねているそうです。
だけど。あくまで勝手な想像の世界ですが、↓のようなデザイナーへの指示が聞こえてきそう…。
「やっぱ、こう、棚の中でもパッと目を引くやつにしたいわけ。インパクトね、インパクト。パーティーシーンにあうようなプリチーなテイストも欲しいよね。しかもポップなゴージャス指向も隠し味で忘れちゃダメよ。ちなみに、今回イラストは描き起こさないから、前回の素材から適当に使って、うまいことデザインまとめてよ。んじゃ、よろぴく〜!(^^)」

……とあくまで想像ですよ、想像(^^;

想像ですよ…。


2004年12月7日全国発売
500mlペットボトル 140円(でも近所の100円ショップで買った)


◆キリンビバレッジ・ニュースリリース:「Matthew’s Best Hit TV」から生まれた
ユニークで楽しさ溢れるエンターテイメント炭酸、第2弾!
「キリン マシューズ ベストヒットソーダ 白グレープ」新発売

◆第1弾のドリンクレビューはこちらです。
[PR]

  by tzucca | 2004-12-17 13:34 | → DRINK&FOODS

トロピカーナ スパークリング「アップル」「ブレンド」

a0028078_1182634.jpgクリスマスや新年のパーティー・シーンをねらった、スパークリング・ドリンク紹介の第2弾は、濃縮還元果汁100%ジュースのトロピカーナから出たスパークリング アップルと、ブレンド。

果汁100%だけど、濃縮還元&香料入りで、ヘルシー志向というより<分かりやすい味>だよね、トロピカーナって。毎年年末に<冬季限定>で発売されるスパークリング・バージョン。今年は定番のアップルと、りんごとぶどうをベースにピーチを加えたブレンドが登場。

スパークリング・アップル(写真右)
思いっきり分かりやすい味!あまりに分かりやすいので、ためしに無果汁の「Newファンタ!ウインターアップル(冬期限定)」と飲み比べてみました!似たような味なのですが、比べてみるとたしかに、果汁100%の「トロピカーナ」の方がおいしいです(そうでなかったら寂しすぎる)

スパークリング・ブレンド(写真左)
まずはじめに甘ーいピーチの香りが鼻をつきます。
スパークリングじゃない「ブレンド」は決してキライじゃないのですが、炭酸が加わると…微妙でした(^^; よく言えば<華やか>と言えるかもですが、厚化粧の華やかさって感じ。これは好みによりますね。

昨日紹介した「ボトルグリーン」の絶賛と比べてしまうと、値段も全然違うのでかわいそうなのですが、大衆的でわかりやすい味を果汁100%で実現している点がポイントかな。


410mlペットボトル(スリムボトル)150円
2004年11月16日全国発売


◆トロピカーナ・ニュースリリース:トロピカーナ スパークリング アップル&ブレンド
[PR]

  by tzucca | 2004-12-16 00:10 | → DRINK&FOODS

ボトルグリーン「エルダーフラワー」「クランベリーオレンジ」

a0028078_2202895.jpgクリスマスが近づいて、子供もシャンパン気分を味わえるスパークリング・ドリンクがコンビニにも登場。ちょっとオトナな気分を味わえる、そんなドリンク、子供の頃って嬉しかった記憶ない?

というわけで第1弾は、カナダ生まれの<ボトルグリーン>を紹介!
ボトルやラベルもちょっとオシャレな<ボトルグリーン>は、カナダ産ミネラルウォーターに、ハーブやフルーツ果汁をプラスした微炭酸飲料。香料でフレーバードした「ライムペリエ」などと違って、人工甘味料や着色料を一切使わず、ハーブエキスや天然果汁によるナチュラルな爽やかさを味わえます。甘さも控えめで、テイストはオトナっぽいです。

エルダーフラワー(写真左)
英国の伝統的なハーブ「エルダーフラワー」は、免疫力を向上させ、身体をあたため
て風邪の症状を緩和させる効果・効能があります。ハーブティーでも売られてますね。
マスカットを控えめにしたようなほのかな甘みと香り、ライムのような酸味があって、後味はライチみたいです。
ハーブのおだやかさと微炭酸がよく合っています。素直にこれはおいしい!
ソニープラザでも人気のあるドリンクみたいですね。

クランベリーオレンジ(写真右)
ナチュラル感あるエルダーフラワーに比べると、こちらはノンアルコールで赤ワイン的な楽しみ方ができる味と香り。
ボトルを開けると、人工的でないワイルド感あるクランベリーの香り…。口に含んだ感じも、赤ワインのスパークリングウォーター割のような感触。
喉を通る時、オレンジの味がアクセントに加わって、爽やかな味にまとめています。

ワインの代わりに食事にも使えるレベルのスパークリング・ドリンクってことで、ヨーロッパで人気があるのも分かるような気がします。
ほかに「ジンジャーレモングラス」も出ているらしいのですが、ナチュラル・ローソンには入っていませんでした。
ネットで検索すると、通販でも買えますよ。
1本250ml 263円です。

原産国名:カナダ
輸入者:シープロ株式会社
主成分
ボトルグリーン主成分
ミネラル含有量
カルシュウム 100mg/L
マグネシウム  31mg/L
ナトリウム   6.4mg/L
カリウム    0.9mg/L
硬度      377.1

◆シープロ株式会社:ボトルグリーン紹介ページ
→カクテルを作るときの割合も紹介しています。
[PR]

  by tzucca | 2004-12-15 23:40 | → DRINK&FOODS

花王「ヘルシア緑茶」と体脂肪

a0028078_22215046.jpg「ヘルシア緑茶」は、登場した2年前に一度飲んで「苦っ!高っ!」と思ったきり手に取ることなかったんだ。
ところが、ホットを飲んでみたらけっこうイケてるじゃん。気が付けば毎日1本飲んでる最近。この2年で高濃度カテキン緑茶がいろいろ出て試し飲みしていたから、味に慣れてきたのかもしれない。

特定保健用食品の中で、<体脂肪が気になる方に適したお茶飲料>という表示許可を得ているお茶飲料「ヘルシア緑茶」。でも<ダイエット食品ではありません>とも表示されていて、あくまで<体脂肪が気になる方が健康の維持・増進のための食生活の改善にお役立てください>という控えめであいまいな期待をうながすもの。
体内の脂質代謝を高める作用が、見た目の引き締まりにすぐ直結するかといえば、運動の併用あっての効果だろうし、断言はたしかに難しいよね。

ところで、2週間以上毎日1本飲み続けた僕は、どうなったでしょう。
「ヘルシア緑茶」のサイトに掲載されている腹部全脂肪面積の変化のデータは、BMI平均25以上の人が、毎日1本12週間続けた結果。
2週間じゃ効果を期待するには早すぎか。しかもBMIは20弱だし、一応カラダも定期的に動かしてるから、ちょっとの努力で減るくらいの体脂肪ならとっくに減ってるよ、ってものだし。


a0028078_6483146.jpgそこで登場するのは、ちょうど2週間前に楽天でお安くゲットしたオムロン体重体組成計「カラダスキャン“コントロール” HBF-354」。体重と体脂肪のほかに、基礎代謝量、筋肉量、体年齢まで計測できるってやつ。
面白がって、毎日何度も測ってるんだ(笑)
体脂肪の計測は、毎日同じ時間帯で測るのがいい、って言われている理由がよーく分かりました。1日何度も測ってみると、時間によって体脂肪が2〜3%違うんですね。だから体脂肪率XX%と自慢している人は、XX%〜XX%って範囲を言った方がいいかもよ。ちなみに僕の場合は、13.0%〜16.0%でした。平均的に多いのは15%かな。AYUと同じじゃん(笑)
ところで、体脂肪率が1日でもっとも低くなるのは、朝起きて熱めのシャワーを浴びた後と、深夜にお風呂に入った後。僕でいうとその時の数字が13.0〜13.5%になるんだよね。

この体組成計で一喜一憂する項目は、体脂肪率よりも体年齢なんだよね。体組成や基礎代謝から割り出すみたい。僕の場合は27〜30歳でした。うほほ〜、器械相手でも思いきりサバ読めますなー(^^)


ということで。話はそれましたが、「ヘルシア緑茶」を2週間飲んでどう体脂肪が変わったかと言われても、よく分からないんですよ。12週間後にまた報告しましょう。
平均15%の体脂肪は、まあ低くはあるんだけど、お腹まわりは座ると掴めるくらい脂肪あるしぃ。これをどうにかしたいあるよ。腹筋運動はほぼ毎日してるんだけどねー。不快なのキライだから、体育会系の人みたいに自分を追い込めないんですよ(笑)

飲みやすいと感じた「ヘルシアあたたかい緑茶」ですが、コールド品と違うのはホット専用ペットボトルに入っているだけでなく、内容量が5ml少ないのと、ホットならではの香ばしさと濃い深みのある味わいに仕上げてあるようです。内容量がコールドより5ml少ないんだけど、含まれる茶カテキン量は同じ540mgなんだって。ちょっと濃いのね。でもホットの方が飲みやすいみたい。コーヒー1杯と同じくらいのカフェインが入っているから、お仕事中ドリンクにはいいね。

ネットでみてみると、これ飲んで体重が減った、体調が良くなっていったという人は、継続的に飲んでいたことは当然ですが、甘いものを飲まなくなっていったということがありそうですね。なんとなく、分かります。これだけ濃い味のお茶を1本飲む習慣がつくと、甘い系ドリンクが欲しくなくなるんです。
ということで、最近新製品ドリンクのレビューが書けない僕(^^;
いかんいかん。気をとりなおして、またチャレンジせねば。


◆花王「ヘルシアあたたかい緑茶」商品紹介ページ
MY News Japan:緑茶(色の安全・コンビニ編):香料を切り口にした緑茶の安全性について。「ヘルシア緑茶」にも香料が入っています。
[PR]

  by tzucca | 2004-12-11 22:23 | → DRINK&FOODS

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE