<   2004年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

「茶楽CAFE」<抹茶&オレンジ>

「抹茶とカルピス」でささやかな試練を体験した昨日の今日、コンビニの新商品棚でこれを目にして、その場で大爆笑。
7月27日にカルピスから新発売された、その名も「抹茶&オレンジ」!
すっげー、連打じゃねーか、カルピスさん!

またしても「抹茶オレンジ」じゃなくて間に「&」が入ってるし。
果汁45%のフロリダ産オレンジジュースに、わざわざ「抹茶」を加る必要があるのかどうか、〈おいしさ新発見〉というコピーをにわかに信じがたいキモチで、とりあえずゲットしてみました。
紅茶には、オレンジフレーヴァーなブレンドもあるんだけど、フレーヴァーじゃなくて、オレンジジュースそのものという強気が、カルピスからの挑戦状ですよ。

さあ、飲んでみますよ。
「……、ん?これは?」
単刀直入に申しましょう。「抹茶とカルピス」よりは遙かに飲みやすくマシな味です。オレンジジュースだと思えばいいんです。抹茶味がするけど(笑)
つまりですね。またしても両者が融合して生まれた新しい味ではなく、〈オレンジジュース〉と〈抹茶〉の味がするんですよ。どちらも存在を譲らずに、両方の味が主張してるわけ。

ここでハッと気づきました。
まったく異質なものをMIXして新たな味を作り出すのではなく、すでに知っている味同士を、口の中で同時に楽しめる新しい体験をカルピスさんは提案しているのだと。うん、考えてみると新しい。MIXジュースとは完全に逆発想なドリンクだったわけだ。

さっそくニュースリリースをチェック。
あれ?そんなことどこにも書いてないや(苦笑)
“和カフェ”の味わいが手軽に楽しめる「茶楽CAFE」シリーズの第1弾として、 「茶楽CAFE」<抹茶&オレンジ>を新発売します。
ですって。しかも、
宇治抹茶とフロリダ産オレンジジュースを絶妙なバランスでブレンドした、 チルドタイプの茶系飲料です。
をいをい、これ完全にオレンジジュースなんですけど、茶系飲料なんすか?

わからん!俺にはもうわからん!
この新味覚である融合させない味のブレンドが、どれくらい支持を得られるのか、おじさんは黙って見ていることにしよう。

◆「抹茶オレンジ」がメニューにある日本橋の和風カフェ『ZEN茶'fe』
[PR]

  by tzucca | 2004-07-29 02:16 | → DRINK&FOODS

抹茶とカルピス

こ、これは、挑戦しとんのかいっ!
コンビニのドリンクコーナーに新商品として並んだ「抹茶とカルピス」。
7月26日から全国発売になった、新しいカルピス・ドリンクだ。

ちょっと和風でキレイにまとまったパッケージはいいとして、「抹茶」と「カルピス」という組み合わせが、頭の中で「どうするよ?」「どうなのよ?」とイエロー・シグナルを発している。

最悪のケースを想定しておこう。それは、まだ緑茶が半分残っている湯飲みに、誤ってカルピスを注ぎ込んじゃって、ヤッベー!でも、ま、いっかと飲んでみた場合より、プラスと出るかマイナスと出るか。

さっそく買ってきて撮影をしたのち、職場で試飲会。メンバーは、俺、AKIRA+、ミネトモの3名。「おいしかったらどうしよう?」とみな期待顔。
キャップを開けて、まず香りを。抹茶とカルピスの香りがする。う〜ん。
そして、カップに分けて口の中に。
「………。」
もう一口飲んでみる。
「……えっと、なんて言うか。」
3人とも顔を見合わせ、言葉を探してる。「微妙」以外の言葉を。
だって、抹茶とカルピスの味なんだもん。2つが融合しているワケでなく、のど越しが妙にサラサラした甘さを控えたカルピスと、後味に抹茶の香りと粉っぽさが残るんだ。
ミネトモは、水気のある果実のような味ではないか、と感想を漏らした。
俺はといえば、ボトル半分は飲めないよとあきらめムード。最悪のケースとトントンくらいか、この味は。

カルピスのサイトに行ってニュースリリースを読むと、清涼飲料市場における緑茶の売り上げが好調であることと、〈和モダン〉なカルチャーとしてカフェ・メニューとして緑茶や抹茶が定着したことを受けて、〈カルピス〉と組み合わせてみたらしい。
前者の市場分析は分かるとして、どうして〈カルピス〉と組み合わせようとしちゃったのか、論理が飛躍してる気も。
でも、商品特長としては、カロリー控えめで〈カルピス〉の甘酸っぱいおいしさと、抹茶の爽やかな香りとすっきりとした後口が楽しめるそうです。

見た目はメロンヨーグルト・ドリンクみたいでおいしそうなのになぁ…。
[PR]

  by tzucca | 2004-07-28 01:20 | → DRINK&FOODS

明日できることもできるだけ今日中に

ここ数年、夏ってそんなに仕事が詰まってなかったんだよね。
9月からズドンと詰まりはじめて一気に年末まで、そして年明け〜3月末がピーク。
それが、今年の夏はかなりお仕事が建て込んでる。
全部やりきれるんかいな…、いや、やらんとならんだろうと思うと、背中にズドンと重みが。気分が圧迫されて、夏のウキウキ感がまるでない。う〜ん。

─明日できることは今日やらない。
という人は多いけど、僕の場合は、明日できることもできるだけ今日中にやっておくべき、というのが教訓。
─明日には明日の風が吹く。
まったくその通り。明日になると予定していなかったことが急に入ってきて、明日やろうと思っていたことに手をつけられないことが多い多い。これ続けていると、どんどんスケジュールが遅れちゃうから、どっかで追いつくようにムリしないと。また結局手をつけられずに放置プレイしちゃうものもポロポロ出てきて。すんまそん、決して決して悪気があって忘れていたわけではないんです(冷汗)

ムリできる体力にだんだん自信がなくなってきてるのが、建て込んでいる状態を前にどんよりしちゃう原因なんだよね。
自分がやったことに一番キツイつっこみ入れるのが自分なんで、「をし、これで行こう!」とイメージ固めるまでにどんどん時間がかかっているのも問題だわ(苦笑)
もっと気楽に、前のめりで走りたいもんだ。

@ただいま、ウチのチームでは、WEBデザイナーを募集中。→くわしくは…
 早いとこオイラを少しラクにさせてくれないかな。
[PR]

  by tzucca | 2004-07-27 02:02 | → WEB+DESIGN

花火大会は調布からスタート

あまりの夏の暑さのせいで、住民が町のピザ屋を襲撃する映画があったっけ。
そんな突発的な衝動を、日本の夏は花火大会で発散できちゃうのかもしれない。
あのダイナミック感と音響、美しさ、たまんねぇっす。しかも、タダで楽しめちゃうときたもんだ。

夏の花火シーズン、今年は調布の花火大会からスタート。
薦められて昨年はじめて行ったんだけど、実はプッシュされるほどスッゴイとは思わなかったのね。でもそれは、観る場所のせいだったみたい。今回は、絶好の穴場(ヒント:公式会場じゃないところ)で優雅にディレクターズ・チェア&テーブルで見物(写真上)。
そしたらもう、目の前の広い空全体に花火が打ち上がるじゃありませんか。やっぱり花火はこういう位置から見ないと、エキサイトしないよな。

丸玉屋さんの花火は、「ヤシ」がキレイなんだよなぁ。原色の色遣いもいい。オーソドックスな展開ながら、確実に楽しめる演出で、クライマックスは調布名物の尺玉100連発!ゆいとMさんが声に出して数えてたけど、途中の連発で数が合わなくなっちゃってた(ほのぼの)

花火大会に行くと、「夏」を実感しちゃう。今週は、もう10年以上足を運んでいる足立と隅田川があるから、花火大会ウィーク。夏の楽しみの1つのピークだね。

花火観るのが好きで、夏休みをまるまる1ヶ月半とって全国の花火大会の追っかけをしたい、なんてこと以前は夢抱いていたんだ。3年くらい前から、毎週のように花火大会に出かけていって、シメには秋田県の大曲まで遠征して花火を堪能するようになったのね。でも、あんまり花火を短期間に観ちゃうと、感動が薄れてきちゃうのが分かったんだ。大好きなはずなのに、ちょっと飽きてきちゃうんだよ。それもちょっと寂しくて、花火大会を厳選して行くことにしました。

花火大会は、「日本の花火」というサイトにあらゆる情報が集まっています。
行く予定のある花火大会のベストポジションなど、サイトの過去の記事を参考にしてみるといいよ。

ところで、この日は先日納品したあるイベント・サイトの開催最終日。納品した時点で自分の手は放れ、当日の更新にはかかわっていないのですが、やっぱり気になります。家を出る直前までサイトをチェックして、帰ってきてからもまずチェック。みなさん本当にお疲れさまでした。
[PR]

  by tzucca | 2004-07-26 00:49 | → 花火大会

今年の夏も登場。伊藤園の『冷梅』

昨年の夏、お気に入りだった飲料が今年も登場。伊藤園の『冷梅(ひやしうめ)』。
お茶系飲料では、圧倒的なシェアとクオリティを誇る伊藤園が、季節ごとに果汁10%程度の低果汁ですっきりした味わいのシリーズを出しています。果汁のおいしさをしっかり出しながら、サラッと水のように飲める味付けのうまさは、さすがです。

梅飲料って、だいたいどれも同じ味ですよね。すっぱさのあと口に残る甘さから、あとでお茶か水が欲しくなってしまうことも度々。
この『冷梅』は、果汁10%未満ですから、全然そんなことありません。名前の通りに冷やして飲むと、紀州産の梅果汁に完熟南高梅の梅酢が効いた爽やかなすっぱさを楽しみながら、ごくごく飲めちゃいます。

梅にはクエン酸が含まれています。激しい運動をするとクエン酸が不足し、クエン酸をきちんと摂取することで筋肉痛の原因ともなる乳酸の解消を早くさせることが知られていて、そこに着目したヒット飲料が「903」。
激しい運動をしていなくても、夏の暑さにバテているふつうの人もクエン酸不足なんだって。
梅の健康成分が濃縮した完熟梅酢には、クエン酸の他にもリンゴ酸など有機酸がたっぷり。今年の『冷梅』にはその有機酸が2000mg含まれています。塩抜きした完熟梅酢で、昨年版より酢の味が強くなりましたが、甘くなくておいしいですよ。

「夏負け知らず すっぱさ効果」というコピー通り、どうせ飲むなら、カラダによくておいしいものがいいよね。
梅好きさんにはうれしい『冷梅』でした。ただし、季節限定品はあっという間にコンビニから消えるので、ぜひまとめ買いを(^^;

@僕の生活エリアにあるスーパーには全然置いてないのですが、「ファミリーマート」「ローソン」にはありました。
[PR]

  by tzucca | 2004-07-24 15:57 | → DRINK&FOODS

正義は無料ゆえ…『スパイダーマン2』

1作目が思った以上に出来のいい映画になっていたので、料理のおいしかった店を再び訪れるようなキモチで2作目を観にいった。うん、今度もしっかりおいしかった!素材の味を活かしつつ、ほんのりビターな味付けは口当たりよく仕上げられていて、昔ながらの高級とはいえない食材を使いながら、ダイナミックで奥深い味覚を楽しむことができました。

ふふ、これが映画の感想。「死霊のはらわた」でデビューしたサム・ライミ監督を一流のエンターテイメントだって料理できる鉄人へ押し上げた前作が、決してマグレではなかったことを実証してみせた続編でした。

アメリカン・コミックスのヒーローはいろいろいるけれど、スパイダーマンが特殊なのは、宇宙から来た超人でも変わり者の富豪でもない、ダウンタウンに住むふつうの庶民が、ふとしたきっかけで正義を守る使命を背負うことになっちゃったところ。

1作目で設定の説明に費やされた時間が、2作目ではヒーローの素の姿を描くことに費やされています。突発的に起きるトラブルの解決に追われ、自分の生活ペースはめちゃめちゃ、本当のことを言えないことから周囲との間に溝が深まってしまい、家賃さえ払えない貧乏大学生ピーター。ヒーローのオフタイムは、実はとってもお気の毒な人だった!
スパイダーマンの善行は、無償だもんね。ヒーローといえど、生活していかなくてちゃいけない。ヒーローとして自己犠牲を強いられながら、どんどん自分の人生が荒んで自分を見失っていく様って、多忙な日々を送っているオトナには涙もののリアルさじゃない?
スパイダーマンとして摩天楼の間を飛び去っていく爽快なシーンと対局する、
自作のコスチュームをコインランドリーで洗濯して、一緒に入れた白い靴下とパンツに赤と青が色写りしちゃうなんていう、冴えない日常生活の描写がやたらいい味出しています。これはサム・ライミ監督のセンスだよなぁ。

新聞からは悪者扱いされ、好きな女の子は他の男と結婚する。自分は何のためにこんなことしてるんだ。しかも最近、糸が発射できなくなって転落しちゃう不調もある。
そう、スパイダーマンもストレスによって、自律神経が失調しちゃうんです。
かわいそうだよ。せめてスパイダーマンの意匠登録で、版権収入を得るくらいのこと、ヒーローでも許されるんじゃ?って思う僕。
でも必要なのは、本当の自分を知って理解してくれる人がいてくれること。キレイ事じゃなく、マジでそういうものじゃない?

これって見せ場全部じゃん!と思っちゃう予告編で、観た気になってしまう人も多いと思うけど、あれはハデな部分の寄せ集め。本編は、テンポのいいストーリーにダイナミックなアクション、ヒーローの葛藤にロマンスを詰め込んだ、最高のエンターテイメントです。ぜひ、そのおいしさを味わって欲しいです。

ちなみに同じ日、『スチームボーイ』も観たのですが、2作品ともどうして科学者ってのは常識を越えることに熱中して、えらいことしでかしちゃうんですかねぇ(^^;
今回登場する「ドック・オク」は、原作では最強の敵とされているやつ。自在に動く4本のアームがカッコいいぞ!

カッコいいといえば。映画のオープニングでは、本編の見せ場をアレックス・ロスのイラストで断片的にみせていくのですが、そのグラフィック・ワークがやたらカッコいいので、出だしからもう「間違いない!」Flashムービーを作っている人は、ここだけでも必見!

『スパイダーマン2』オフィシャルサイト
スパイダーマート:DVDからフィギュアまで選りすぐりのスパイダーマングッズが集まっています。
[PR]

  by tzucca | 2004-07-24 02:24 | → MOVIE

絵が動く動く!『スチームボーイ』

[ネタばれはしておりません。安心してお読みください。]
劇場版アニメ『AKIRA』から16年。たぶん多くの人が、『AKIRA』以上のサイバーSFアニメを期待したであろう大友克洋監督の新作は、19世紀のロンドンを舞台にした蒸気機関の巨大なパワーをめぐる冒険活劇と聞いて、「なんで?」って思ったかもしれないよね。僕もそうでした。

『AKIRA』を作って以来大友さんは、描いた絵が動くというアニメーションの魅力に、すっかり取り憑かれたのでしょう。
『スチームボーイ』のすっごいところは、とにかく描いた絵が動く動く!
もちろんCGを導入した部分もあるけど、全編微塵の乱れもない統一感で描かれた動画は、力のあるクリエイターが7年もの歳月をかけただけの極上品。
やたら動くといっても、ディズニー・アニメのようにぐにゃぐにゃしているワケでなく、やたら髪の毛だけなびくアニメの2次元的常套表現を追究しているワケでもない。キャラクターが、自分の意志や無意識から自然にカラダを動かしているのを、丁寧に描いているんですよ。まさに〈アニメーション〉の語源通り、見慣れた「平面の大友キャラ」に、〈命が吹き込まれた〉かのようでした。

人物キャラとともに、独特なレトロ・メカのデザインもすごくいい。そして大友さんの才能の1つでもある、多彩なアングルと構図の力。ここまで画づくりのうまい映画はそうないですよ。スチーム城コントロールルームでの、ルーペを重ねてズーム・イン&アウトさせる見せ方なんて、アクションの少ないシーンで画面密度を作りこんでいく匠の技って感じでした。

たぶん『AKIRA』の系統を今やるとしたら、『イノセンス』のようにCG&デジタル処理のオンパレードになっちゃうのを、あえて動画の持つ魅力を発揮できる題材を選んだのでしょうね。
CGやデジタル処理をあくまで表現を実現するためのツールとして使い、アナログな職人芸的力量を発動させるのに、無骨でやたら重量感のある蒸気をエネルギーにしていた時代を舞台にするのって、なるほど納得のマッチング。

ストーリー的には、このまま宮崎さんが作っても成立しちゃいそうな、『未来少年コナン』や『天空の城ラピュタ』のような発明少年レイを主人公にした冒険活劇。
でも、大友さんが宮崎アニメ風冒険活劇アニメを作った、ってだけではないですよ。
なんでも蒸気で機械を動かしちゃう時代がかつてあった、というところから、あーんなクライマックスに持っていっちゃうのは、さすがサイバーな大友さんの持ち味でしょう!
電子チップではなく歯車と蒸気出力レバーで制御される機械の描き込みも、さすがの大友ワールド。鈍い色をした金属の質感表現も究極です。ああいう機械にわくわくしちゃうのって、子供の頃学研の「科学」の付録にわくわくしたキモチを思い出しちゃう。
あとは人物設定が特徴的。登場するほとんどの大人が、いかにもな悪人や、とことん善人という単純なキャラ設定でなく、立場によって自ら正しいと信じる行動に出ているという点も、宮崎アニメじゃないテイストになってると思う(「もののけ」のエボシはこういう系のキャラでしたが)

ヒロインでもある富豪の孫娘スカーレットの性格が、エヴァのアスカっぽいのがいいね。金を儲けることの何がいけないの?という傲慢なだけでない現実性と、無邪気な子供っぽさの同居がリアル。萌えキャラじゃないから、そっち系アニメ・ファンには肌が合わないと思うけど、やたら生き生きとしたキャラなので、後半男ばっかになる展開の中、紅一点の華をばっちり担ってました。声をあてた小西真奈美がうまいのにも驚いちゃった。
公開初日に発表になった、続編の主人公は彼女らしいです。何年後の公開になるんだろ(^^;

ところで、ロンドンの街がここまで破壊された映画って、初めてなんじゃないかな。
東京や福岡、マンハッタンのように、怪獣や天変地異が襲って来ない場所だからね。
架空の場所ではないんだけど、妙に新鮮さを感じて興味がわいてきました。
ちょうど六本木ヒルズで、「スチームボーイ 19世紀ロンドン展」という企画展を開催中で、時間があれば行ってみたい!

作り手がやりたいことを思い切りやったんだなー、という思い入れから、ちょっとエピソードを詰め込みすぎな感じもするのですが、この密度の濃さはDVDで何度も観ることを前提にすればいい案配でしょう。
登場するレトロなメカも楽しいので、それだけじっくりDVDで観たいとも思うし。

今年観た映画の中では、最高に入る出来。
子供の頃楽しみに観に行った、「東映まんがまつり」の東映動画長編漫画映画を思い出しました。カタカナのアニメというより漫画映画って言葉、ぴったりかも。

『スチームボーイ』オフィシャルサイト
スタッフによる『スチームボーイ』BLOGサイト
『スチームボーイ』の食玩:メインキャラ&メカニック
東京都現代美術館で開催中の「日本漫画映画の全貌」
[PR]

  by tzucca | 2004-07-23 02:43 | → MOVIE

この携帯スピーカーがカッコいい

iPodミニの日本発売がようやっと、という時期に、新しいiPodが発表。
客を惑わすいじわるなAppleさん。
iPodミニのちょっとバランスを欠いたデザインに比べ、新型iPodのデザインは、これ以外ないってくらい完成されたバランスですね。
その外見はAppleのサイトをご覧いただくとして、まだ買い換えには早いよというiPoderには、こんな携帯スピーカーはどう?

JBLから発表になった「ONTOUR 」ってやつ。
すっきりとしたシンプルなフォルムながら、カバーを開けるとステージモニターのようなスピーカーがお目見え。17.5cm(W)×8.8cm(D)×3.5cm(H)というコンパクトサイズは、iPodとのバランスもいいよね。

イベントに出るためにダンスの練習を屋外でやっていた頃、こんなスピーカーとiPodがあれば、どんなにラクだったことでしょう。ううん、もういいの、そんな昔の話。
新型iPod登場のニュースに合わせて、その2。
クリエイティブ・メディアから、パチモノiPodくささ70%って感じの「Creative Zen Touch 20GB 」という商品も発表になってましたね。この見た目はヤバイッす。でもお値段は手頃で20GB¥29,800(税込)。
[PR]

  by tzucca | 2004-07-22 02:56 | → iPod

青山ブックセンターが閉店!

なんてこった、あの「青山ブックセンター」が、16日午後六本木店含む7店舗すべてを閉鎖!長引く不況でハードカバーなど高額書籍の売れ行きが鈍るなど業績が悪化していたらしい(ニュースソースはYahoo! Japan NEWS

青山ブックセンター(略称ABC)の六本木店は、デザインやアート、写真、サブカルチャー系書籍、輸入雑誌の品揃えが豊富で、深夜も営業していたから、ネタにつまったデザイナーが藁をも掴む想いで足を運ぶ本屋として有名でした。
僕も、六本木ヒルズの入口あたりにWAVEがあった頃から、引出しからっぽ状態の充電儀式の一環として、ABCには足を運んでました。

インターネットが発達して海外のアートやデザインに触れる機会が身近になってからも、ABCの階段を上った奥のフロアで、デザイン関連本や東京のクリエイターが発信するインディーズな冊子を目にするのはいい刺激でした。
最近では、深夜のクラブイベントが終わって始発が出るまでの時間、ABCで時間を過ごすようになって、そのたび「自分はデザイナーなんだなぁ」と、自己満足な感慨に浸ることもしばしばだったし。
でした、と過去形にするのが悲しいですね。〈特別な場所〉がなくなってしまった…。いろいろありがとう。とってもお世話になりました。

たしかにデザインやアート作品集、写真集、マイナーな映画のビデオ/DVDなど、高額なものが多かったからなぁ。しかも次々売れるって品々でもなかったし。
すぐ近くの六本木ヒルズにある「VILLAGE VANGUARD」に客を取られたってのもあるかもしれませんね。「VILLAGE VANGUARD」の方が、自分でも気が付かなかったツボにはまる本に出会うことが多いし、なにより雑貨の数々を見て回るのが楽しい!
これからは、純粋にアート系書籍を扱う本屋さんって、経営が難しいんだろうな。青山ブックセンターでさえ、なんだから。とくに輸入系の書籍は、Amazonでしか手に入らなくなる日が来るのかな。でもさ、Amazonじゃ立ち読みできないじゃないかー(泣)
[PR]

  by tzucca | 2004-07-19 02:57 | → WEB+DESIGN

坊主頭にはしなかった

a0028078_225351.jpg夏だから、坊主頭にするべか。
と思って髪を切りに行きましたが、髪が痛んでいるワケでもないのに、健さんにただの丸刈りをお願いするのも失礼だよな、と思い直して、ショートだけど適当にメリハリつけてくださいとオーダー。
健さんのフィニッシュではカッチョよく髪に動きが出ていますが、一歩外に出て汗だらになっちゃうと、いつもよりちょっと短めって感じになっちゃうんだよなー。

ということで、まだセットが保たれている状態で写真をとっておこう。めんどくさがり屋の俺なんで、こんな風に自分じゃセットしないだろうからね(笑)
[PR]

  by tzucca | 2004-07-18 22:55 | → LIFE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE