カテゴリ:→ LIFE( 92 )

 

早起き生活習慣病健診と極上団子

年に一度の生活習慣病健診。
当初の検診日から1ヶ月延期してもらって受けてきました。
さすがに胃がヤバイ状態だった先月よりは回復してるんで。

日暮里と鶯谷の真ん中あたりにある、社会保険鶯谷健診センター。
人間ドッグのフロアがすっごい豪華で、VIP扱いな施設。
生活習慣病健診は、一般健康診断と同じフロアで豪華じゃない。
でもいいの。この一月半でかなり医療費かかってるし、検査もいろいろ
したから、豪華人間ドッグは来年にするよ。
ゆいは、人間ドッグにチェンジさせたけどね。

生活習慣病健診は、健康ランドのようなパンツ&ガウンに着替えて、
採尿、バリウム飲んで胃のレントゲン、胸部レントゲン、採血、心電図など
10人1グループで次々と回っていきます。
1つ終わったらすぐ次に行く訳ではなく、いちいち待ち時間があります。

僕は、「待つ」ってことがイヤなんです。

だから、できるだけ早くさっさと終わらせるために、
最初の10人のグループに入るようにしているわけさ(順番は先着受付順)。
今回も午前8時までに受付すればいいところを、午前6時50分には会場入り。
3番目でした!(ピース)
え?スタートする8時まで待つのはいいのかって?
ゆっくり着替えをしたり、読書したりして、孤独を楽しむ時間だから
いいのよ、それは。

検査結果は、オプションの腫瘍マーカー以外はすぐに分かります。
ほとんどオールAのワタクシですが、一昨年からB評価になった
総コレステロール値が今年は223、評価C3で再検査になっちまいました(汗)
HDLコレステロール(善玉)値は50(40以上がOK)。
中性脂肪は75(149以下がOK)。
ってことは悪玉コレステロールが多いってわけで……。
たしかに外食がほとんどだけど、野菜はよく食ってるし、
脂ものはあまり口にしないし(とくにこの1ヶ月間は!)。
この1月半はお休みしてるけど、週に2度のジム通いと1度のHIPHOP。
運動不足って訳じゃない、と自分は思ってるんですけど。

ってことを、診断結果と改善アドバイスを説明するスタッフに言ったわけ。
そしたら、「そうですか……、数字上の区分ですから気にしなくていいかもしれません」
だって(^^; さっきと態度が豹変してる……。それでも再検査なんでしょ(^^;;

あと今年は視力がちょっと落ちました。
左1.0で右1.2。昨年まで左右1.5だったのに。
ディスプレイ凝視してるのに、この視力は奇跡ではあるけどさ。

検査は、お昼前には完了。会場はまだガウン姿の人たちで埋まっているのに、
着替えて早々に退場するのはキモチいいもんだ。


さてと。
前日の夜から食事していないし、普段はやらない早起きをした自分に、
ご褒美をしてやらねばなるまい!(^^)
ということで、社会保険鶯谷健診センターから日暮里駅に向かう途中にある
「羽二重団子」に寄って、煎茶と団子のセットをいただきました。
このあたりは、かつては江戸郊外の別荘地。江戸から明治にかけて、
風流人に人気のあった場所です。
「羽二重団子」は、夏目漱石「我が輩は猫である」に登場し、正岡子規が句に詠み、
森鴎外が常連だったという、明治の文人(セレブ)に愛されたスイーツの名店。

羽二重団子

森鴎外が好物だった醤油団子もすごくおいしいのですが、
やはり餡がすっごくイイ。口の中でふわっと溶ける、上品な甘さの餡。
餅自体もふんわりとした柔らかさで、口の中に幸せがひろがるお団子です。
自分だけ楽しんで、しかもそれをBLOGに書いたとなると、妬まれること必至。
おウチとWEB制作部メンバー用に、「しずくあん」をおみやげに買いました。

「羽二重団子」は、伊勢丹や三越でも買うことができるので、見かけたらぜひ。
時間に余裕がある人は、上野・谷中散策のついでに本店で食べてみてください。

羽二重団子 本店
http://www.hoyumedia.com/co/gr/habutae/body.html
[PR]

  by tzucca | 2005-10-16 00:52 | → LIFE

今シーズンは「BLOOD+」かな。

結局この連休も、ほとんど体調悪い人やってました。
胃の調子もだけど、天候不順はデフォルトで体調をダウンさせるんで。
弱っ!辛気くさいぜ、自分!(泣)

先月末に放送が終了した「攻殻機動隊 SAC 2nd GIG」が、
まるまる全話HDレコーダーに録ったままだったんで、
ちまちまDVD-Rに焼いてました。
難民、テロ、国家的陰謀と、このご時世にオンエアするには
かなりハードな内容で、劇場用アニメを思わせる圧倒的な
クオリティに、毎回拍手もので楽しませてもらいました。
野球中継による放送時間のずればかりでなく、
毎回オンエア時間が変わる深夜アニメだったから、
当日の夜に放送時間を確認しないといけなかったのも、
緊張感あったっけ。

今シーズンは、土曜の夕方にオンエアの「BLOOD+」が
猟奇的なアクションシーンがいい感じだったので、
これを録画で追っかけようかな。
「攻殻機動隊」と同じく、PRODUCTION I.Gの制作だし。

深夜になると、やたら遅くまでアニメをやってるよね。
いかにも今風キャラが登場する作品の多くは、
絵柄や設定の前に、ストーリーテリングがひとりよがりで、
どうにも乗れません。難解さとは違うんですよ。すごい空回りしてんの。

そういえば、「エヴァンゲリオン」が初放映から10年経つんだって。
「エヴァンゲリオン」は、設定やキャラの生々しさがよかったけど、
演出も素晴らしかったよなぁ。
市川崑やゴダール作品のようなテロップワーク、
ベルイマン作品のような「間」や「沈黙」の見せ方。
平成ガメラシリーズにつながる、人間の目線から巨大なものを捉える構図。
アニメのマニア向けというより、映画マニアをニヤリとさせる技が
随所に利いておりました。

その後は「lain-レイン-」というアニメにハマったっけ。
ネットの中に生まれる生命体って、インターネットがこれからって時に
すごくワクワクする展開だった。
サブカルチャーなテイストを取り入れたのがよかったね。
今でも、ネットの中を行き交う受信されないメールのパケットたちは
どこに葬られているのだろう?なんて考えると「lain」のこと思い出します。

でもね。「lain」ってば、全話LDで持ってるんですよ。
LD(レーザーディスク)ですよ!
DVDでソフトが出始めた頃だったんだけど、
なんでDVD版にしなかったのか悔やまれます(^^;
他にもね、LD-BOXどーしましょ。
「NIGHT HEAD」とか「TWIN PEAKS」とか…。

ハマるものの傾向がすごくハッキリしてますな、自分。
そうそう!コミックスを読んでいっぺんに惚れ込んだ「蟲師」が、
10/22からCX系でTVアニメがスタートするんです。
あの情緒感がどこまで描けているだろう。
とにかくチェックしないと!
[PR]

  by tzucca | 2005-10-11 01:55 | → LIFE

正体不明を演出するっていいね。

先日、若手と打ち合わせをしている時、
「TZKさん、今年になって『LEON』の話を持ち出すこと何度かありますよね」
と言われて、ああそうね、ちゃんと話聞いてるねキミと思ったもんです。

雑誌『LEON』といえば、
ニッポンの"おじさん"も、イタリアおやじを見習って、
モテることを意識したオトナの男として生きなさいよ
と説くファッション雑誌。
それなり年収を稼いでいる中年男を対象にしているから、
紹介されているモノはみな高級品。

しかしですよ。現実の妻子あるおじさんといえば、
稼いだ金のどれほどを自分のために使えるか、
シビアなもんではあります。

現実離れした夢うつつ、と苦笑するなかれ。
業界的に『LEON』が注目されているのは、
真っ当すぎない生き方を、落語のような軽さで言葉にする
笑えるテキストのスタイル。
<ちょいワルオヤジ>とかね。

まぁ、ちょっとワンパターン化しているし、
1冊の中で言ってることが矛盾しまくってますけど(笑)
数多ある雑誌の中で、成功例としてその名を刻むに至ったのは、
ターゲット設定のツボを得たこともありますが、
ファッション誌なんだけども、ビジュアルだけでなく
語り口調の功績が大きいって、面白いじゃありませんか。

創刊4周年記念号は、厚さが2cmほどもあるボリュームで、定価780円。
オールカラーでこのお値段、すご過ぎ。広告収入がとんでもないのね。
珍しく購入したこの号にはですね。俺の琴線に触れたテキストがあったんですよ。

[引用]ちょい「ロク」なオヤジは一体なんのご商売をされているんだか
正体不明を演出するのもお得意。「一体何やってる人なのかしら?」と
ニキータの興味を引くこと間違いなし。…

「正体不明」を演出する。ここです、ここ。
今でも実際、そんな感じの俺ですけど、
自己プロデュースするとしたら、その路線が自分の道。
「怪しい人」でなく「正体不明」って言い方がいい。
ちゃんとしているんだけど、ちょっと胡散臭いって感じ?
あはは。歳くったクリエイターって、そんなもんでしょ。
ニキータにモテる必要は別に考えてないんだけど(笑)
(のほほんとした『LEON』に比べて『NIKITA』はちょいと
力みが激しいんで)

とは言っても、高級品ばかりを身につけるなんてことはできません。
フツーの会社員でございますから。
最近またゴルチエ(のセカンドライン)が好きですけど、
着るもので一番持っているブランドといえば、ユニクロ。

そのユニクロが、メガブランド・ビルが集中する銀座に、
「次のユニクロを発信する」というテーマを掲げて、
10月7日旗艦店をオープンさせました。
地下が日本一高い鳩居堂の正面からすぐ、アディダスショップの隣。
1〜3階がレディース、4〜5階がメンズ。

エレクターの棚と物干し竿のように陳列された商品群という一般店舗と違って、
店舗デザインがシンプルな高級感にまとめられています。
服を着た時のイメージをより多く提示する。
1商品の点数を多く並べず、種類を多く見せる。
商品をいつもキレイに並べておく。
これだけでもスタッフの作業量が通常店より増えますが、
グレード感ある雰囲気づくりには、その手間こそ必要なことですよね。

というわけで。ユニクロ銀座店にはお世話になりそうです。
ユニクロで、「正体不明」を演出する。
がんばろうっと。ちょっとね。


【はみだしネタ】
ユニクロでも商品を回収するなんてことあるんだ。
今年の夏に発売された男性用スイムショーツ。
[引用]パンツ内側メッシュ・サポーターのメッシュ穴が、陰茎部先端の皮膚を挟み、皮膚等を傷つける恐れのあることが判明(全文→
あああ、なんてこと(^^;
[PR]

  by tzucca | 2005-10-10 16:45 | → LIFE

未来のキミに。

福田康夫前官房長官に萌えの人って、けっこういますよね。
あの肩幅と顔幅のバランスのよさ、表情の作り方のうまさ、
押しと逃げが巧みでユーモアのあるトーク。
昭和24年生まれですからけっこうなお歳ですが、
雰囲気のいいオトナの男として、見習いたい点が数多くありました。
官房長官を辞めることになった時は、たんにミーハーな理由から残念で残念で。
[福田康夫オフィシャルサイト]http://www.y-fukuda.or.jp/

話は変わって。
地下鉄に乗って、窓ガラスに写る自分の顔をみると、
異様に疲れて老け込んで見えますよね。
地下鉄でなくても、夜の闇を背景にガラス面が明るい車内を反射すると、
亡霊のような自分の顔を目にして、がっかりすることが多々あります。

なにを見るでもなくドアの窓から外の暗闇に目を置いていた時、
視界に、僕の後ろに立つ中学生らしい少年の顔が入ってきました。
ビジュアル系ではないのですが、端正な顔立ちをしています。
銀縁のメガネとまじめそうな目つき。
でも制服のボタンを上から2つまで開けていて、
ちょっとワイルドなのがいい感じです。
「キミはあと少しすれば、すごくイケメンになるだろうよ。」

そう思ってちょっと振り返って実物を見ると、
窓ガラスごしに反射して見た時よりも、
ずっと若くてコドモっぽい感じでした。
ロリさんだったら、ここでムラムラくるでしょうな。

枯れている僕は、そのまま目を窓の外に移し、
時々ガラスに映る彼の顔に視線を向けていると、
数年先の顔をそこに見ている気がして、
ちょっとおもしろくなってきました。

30歳くらいの彼の顔を想像できました。
ああ、こういう男いるだろうなぁ、
って感じの顔つき。

さらにその先。想像力を働かせて、
50過ぎの顔はどうだろう。
そしたら、いきなり、福田前官房長官の顔が重なってきたのでした。
目と口の感じ、顔幅と肩幅のバランス。
うわっ。
キミさ、今はまだどこにでもいるガキだけど、
ずっと未来のキミには萌えるかもしれないよ。
まずは高学歴をクリアしたまえ。

この未来へのリザーブ感覚って、
「ハウルの動く城」の中の"未来で待ってて!"
ってセリフにつながるもの?
なんて一人で妄想にふけっていたのでした。

ふふふ。それはきっと、秋のせいってやつ?
[PR]

  by tzucca | 2005-10-10 02:02 | → LIFE

ランチは豆腐。男の料理って感じ。

2、3週間でよくなるだろうと思っていた胃の調子ですが…。

週の終わりになると疲れが出てきて、胃痛でじっとしていられないし
胃液を吐くしで、土日は家に引き籠もり。
3歩進んで2歩下がる〜♪ってな感じで、
亀の歩みのごとく超スローペースで良くなってはきています。

というわけで。職場で顔を合わせている人たち以外からは、
「具合どーなのよ?」と心配させたままで、すんまそん。
だってほら、元気じゃないのに返事のしようもなくってさ(苦笑)

BLOGが更新されていると、安心するって方もいて(ありがとね)
ダイナミックレンジの少ない生活しか送っておりませんが、
小ねたを拾って書いていきますね。
まずはページデザインをちょいと変えてみました。

やつれた。痩せ細った。
久しぶりに会う人から、まず言われますねぇ。

歳くってから急に痩せると、
頬がこけて、首から肩にかけてが細くなって、
老け方が加速したように見えます。
痩せてりゃいいって年齢じゃないからねぇ。
どうせじいさまになりゃ、痩せ細るんだし。

油っけのない料理で、量が今までの2/3以下という
食事でないと、すぐ胃が痛み出すんですよ。
意図せず、ダイエットをしているようなもんです。
土日は家に引き籠もっているから、
ゆいがおいしく食べられるあっさり料理を作ってくれるんだけど、
問題は平日をどうするか。

コンビニのお惣菜は、ヘルシーなものであっても味付けが濃い。
お弁当には必ず揚げ物が入ってるし。
安心して食べられるメニューとして、定番化したのが「豆腐」。
スーパーで絹ごし1丁を買ってきて、会社のレンジで暖めてから、
常備した刻みねぎとかつおぶし、ゆずぽんをかけて<豆腐ランチ>
のできあがり。まさに<男の料理>って感じの簡単&豪快さ。

すごいのは、毎日食っても飽きないところ。
「豆腐」は主食になり得ます!

胃の調子が悪い時は、豆腐!


あとはバナナやトマト、つくね焼きとか。
ランチの費用がいきなり300円代で済むようになって、
医療費の出費がかさんだ分、たすかり!

食事は量を少なく、回数多くした方が胃にやさしいので、
夕方におにぎり1個とか、小分けに小分けに。
ヨーグルトをたっぷり摂ってます。

健康的だわ。でもこれから一生ずっとこれじゃ、たまんない。
筋肉をつけるためにも、もっとスタミナ系を食べて
大好きなエスニック系料理を食べられるようにならないと!
[PR]

  by tzucca | 2005-10-10 00:10 | → LIFE

早く元気になりたいよぉ

吐き気と食道からくる胸の痛みが、いまだに毎晩やってきます。
内視鏡検査では、食道と胃とのゲートに問題はなかったんだけど、胃炎を起こしてました(また胃炎かよ)。そして、検査の数日後から胃から上の腹部にかけて痛みが来るようになっちゃって。あううう。
なんだか、だんだん起きていられなくなってきたんですけど。
夏期休暇でさえ2日+土日しかとらなかったのに、ほぼ1週間会社を休んじゃったし。
何度か病院に足を運んで、薬を変えてもらったり、血液検査や腹部レントゲンをとってもらったり。よくなった!と思っても夜中になるとまた症状がひどくなっての繰り返し。「とにかく安静にして、ストレスを溜めないように」と言われても、この状態が続くってのが一番のストレスなんですけど。

午後から夜半前は症状が出ないので、この時間内に自宅でできる仕事を片づけて、あとはパソコンに向かわず、横になったりじっとしてます。

家にいるとテレビをつけっぱなしにしてるのね。
症状が出て横になっているような時に、なぜかあるCMの歌だけが耳に残って、頭の中をぐるぐる。「食べたら来るぞ、ひとふくろう。首から下は地井武夫。」
な、なぜ、地井武夫?ただのヒトフクロウじゃないの?
このシュールさって、インターネットで流行ってる「バイラルCM」的な<気になってつい話題にしたくなる>のを狙ってる?

連休の間は、近くにある自然公園のベンチで読書してました。バーベキューを楽しむ人たちや、池で釣りをしている人たち、家族で水遊びしている人たちを見ながら、木々を渡る風を受けて、ぼぉっと本を読む。ああ、なんだか贅沢だわ。
読んでいる本は、村上龍の「半島を出よ」。小説を読むのって、ほんと久しぶり。
反乱軍を装った北朝鮮の特殊部隊が福岡ドームを占拠、そして福岡に理想国家を築くために日本からの独立を要求。
すごく面白い。非常事態を前に能なし状態の日本政府。膨大な調査の上であっても、日本人が描くには困難な北朝鮮の軍人たちの描写。アウトサイダーな少年たち。
リアル感を出すためのマニアックなまでに説明が過多な部分はあるけど、面白い。

a0028078_23422348.jpgそうそう。癒されたくって、最近地元にオープンした「岩盤浴」に行ってきました。遠赤外線を放出する高千穂天力石の上に寝っ転がって、抗酸化作用や活水化作用などカラダを内側から元気にしようってもの。
浴衣に着替えてミネラルウォーターをたっぷり飲んだ後、一人が寝ころぶスペースに区分けされた石の床が広がるサウナのような空間で、バスタオル2枚敷いた上に寝ころぶの。俯せ、仰向け各5〜10分を10分の休憩を挟んで3セット。
じんわりとカラダが暖まり、じんわりと汗がにじんできて、さっぱり。
岩盤浴による汗はベタベタしないで自然クリームの働きがあるので、洗い流さずに汗を抑えたら着替えてOK。
家に帰ってきたら、「顔の血色がよくなってる!」と言われました。

今週は出社しましたが、ちょっとペースをセーブしながらやってます。
それでもやっぱり家にいる時よりは疲れちゃうんですね。翌日午前中までは症状が治まらずに固まってます。

もう、なんだかこの状態に飽きてきちゃった。もう1ヶ月近くこんなだし。
ダンスできないのもつまんないし。
痩せてきちゃったので、また筋トレをやり直さないと!
早く元気になりたいです。マジに。
[PR]

  by tzucca | 2005-09-23 23:29 | → LIFE

胸のつかえと吐き気の朝。やっぱり胃と精神的なストレスが原因?

ちょっと前に、両手の平が痒いーという日記を書いたけど、あれからの顛末。

ネットで調べた近隣の皮膚科の中で、最初にお盆休みが明けたところへ藁をも掴む思いで行きました。この痒み、なんとかしてぇ!ドクターに手の平を見せると、なるほどねと見慣れたものを見るような風で、塗薬と飲み薬を処方され、4日もすればよくなるでしょうと。
たしかに、薬を飲み始めて2日目が過ぎた頃、痒みはほとんど治まって赤い斑点も消えてきました。
ところが3日目。夕食後に薬を飲んで1時間ほどすると、胸のつかえと吐き気が襲ってきました。まだ仕事が残っていたのですが、ただごとでない自分のカラダにびびってしまい、早々に帰宅。薬が強すぎるせいかと思って、4日目は、1錠を半分にして2回に分けて飲みました。

もらった薬が終わった翌日。よくなったと思った手の平は、以前より激しく赤い斑点が出てきて痒みもさらに。うわ〜ん、これじゃ「ふりだしに戻る」じゃねーかよ!
ふたたび皮膚科に行くと、薬を変えましょうと。ところが薬を飲んでいると痒みは治まるのですが、赤くなる部分はどんどん広がっていきます。
そして、明け方には決まって胸のつかえと吐き気が襲ってくるようになりました。
2時間もすれば治まってくるのですが、気分的にはゲッソリです。

すでに痒みが出てから2週間以上経過。こんなに治らないのって?

その皮膚科は、たまたまお盆休みが早く明けたというだけの理由で行ったので、このあたりだったらココというオススメの病院ではありませんでした。
医者を変えて、駅2つ先のオススメされた病院へ行こう!
おススメされていた病院はこじんまりした街の病院でしたが、患者もスタッフも多くて、活気があります。なるほど、頼りになる病院とはこういう空気なのだなと。
そしてドクターからは「いままでなんともなくても、歳になればいろいろ出てくるのよ」とキツイ一言。看護婦さんたちも「いろいろ出てくるわよ」とリフレイン(苦笑)
今までの経過をメモして行ったので、処方された薬を調べた上で別の薬をセレクトしてくれました。そして経過を見たいので2日以内にもう一度来なさいと。

う〜ん。チームに新しいスタッフも入るので2日以内はキツイなぁ、と思っていたら、2日目の明け方に襲ってきた胸のつかえと痛み、吐き気がはげしくて、2時間経っても治まってきません。…出社前に病院へ行こう。
赤い斑点と痒みはじんましんなのだけど、治すにはもっと薬を多く使う必要があるだろうと。でも胸のつかえが激しいのは抗生物質が合わないためだろうから、消化器系でかかりつけのお医者があったらそこで診てもらいなさいと言われてしまいました。

結局いつもお世話になってる病院へ行くのか。はじめからそうするべきだったかも。

そしていつもお世話になっている病院へ行くと、「逆流性食道炎でしょう」とのこと。食道と胃の間のゲートが勝手に開いてしまい、胃酸が食道に逆流して食道を荒らしてしまう症状。うわ、やっぱ胃なんですか。なにかというと、俺の場合は胃だなぁ。
原因は薬のせいですか?と聞くと、それもあるかもしれませんが、たぶん直接の原因は激しい精神的ストレスでしょうと。うわ、やっぱストレスなんですか!
心当たりは?と聞かれると、まあ大事に育てたスタッフが辞めていくとか、仕事にミスがあったりとか、いろいろ…。

胸のつかえは食道が詰まったような痛みとなって、激しく息をすると痛みは引くけど吐き気に襲われます。この土日は朝だけでなくほぼ1日ずっと続くもんだから、家で放心状態。酷くなる直前に胃の薬を処方してもらってよかった…。
気が付けば、手の平はキレイになって痒みもなし。
すべては、胃と食道のせいだったんだ。はなから皮膚科じゃなかったんだ。くそー。
今週末には内視鏡で食道を調べてもらうことに。親父は食道ガンだったから、ちょっと不安。

でもねぇ。精神的なストレスと胃とはねぇ。頭ではキモチに整理が着いていると思っていても、精神的なストレスになっているんだってことがよーく分かりました。
[PR]

  by tzucca | 2005-09-04 23:23 | → LIFE

手がかゆいのぉ

両手の平にじんましんが。
痒い、たまらなく痒い。寝ていても痒い。
皮膚科に行ってクスリを使えば一発で治る、とゆいがあちこちの皮膚科に電話をかけてくれたけど、あいにくどこもお盆休み中。
盆休みに医者を当てにしてはなりませぬ。

俺、けっこう皮膚は丈夫な方で、じんましんってはじめてかも。
一体なににアレルギー反応を起こしたんだろう?

日曜日の夜、裏手にある公園で、簡易テントはってゆいとジンギスカンした時、合わない草を触ってしまったのかな。それ以来、蚊に刺されたところもふくめて、体中あちこち痒かったりする。

手の平って、なにするにも使うから厄介。なにかするたび、痒みを抑えるために氷を当てて感覚を鈍らせてます。
とりあえず病院がオープンしたら、とっとと行ってこようっと。

ってことで、夏期休暇も終わり。
ゆいと2人ででかける他は、家の片づけなどをして、のんびりできました。
ただし、お持ち帰りのお仕事でほぼ1日分潰れたけど(苦笑)
[PR]

  by tzucca | 2005-08-17 00:50 | → LIFE

母の命日に・あの事故のこと

終戦記念日の今日、さまざまなカタチで「死」と「過去」について考えるきっかけをテレビが流し続けます。

僕にとってもこの日は生涯忘れることができない日です。
約20年前のこの日、お盆で父の実家へ向かう途中、家族の乗った自動車が電車と衝突事故を起こし、母を亡くしました。JR某線を止めてしまいましたが、乗客に怪我がなかったことは幸いでした。

その事故を思い返すたび、「運命」というものを感じます。
その日のあらゆる出来事が、僕らの乗った自動車を、遮断機がなく見通しの悪いあの踏切に、あの瞬間訪れることを運命づけていたとしか思えないのです。
とても暑い日でした。僕の家族は、毎年この時期を父の実家で過ごすことになっていました。弟が運転し、父がナビゲートする自動車は、その日に限って例年とは違うルートを通っていました。あまりの渋滞で抜け道、抜け道を通っていき、ついにあの地元の人たちしか使わない踏切に来てしまったのです。

猛暑でしたから、窓を閉め切ってクーラーをかけていました。もし窓が少しでも開いていれば、目の前の踏切に警報機がなくても、遠く離れた踏切にある警報機の音が聞こえていたかもしれません。でもそれは、後になってからの話。
踏切の左側には杉並木があり、線路を確認するには踏切停止線より少し前に出なくてはなりませんでした。そこに出た時、視界のすぐ左、すぐ間近に電車が迫ってきていました。車の先端がぶつかる!と思った瞬間すごい衝撃を受け、僕は気を失ってしまいました。

救急隊に支えられて救急車まで歩いていく途中、朦朧とした意識の中で血の池となった田んぼが目に入りました。後日、それが母のものだと分かりました。
(不謹慎ながら、血の池を目にした時、「人間ってこんなに血がたくさん詰まってるのかー」って思ったのをしっかり覚えています)

病院に運ばれた時、家族の中で僕が一番の軽傷でした。弟は脾臓が破裂、父は骨折と片目を失っていました。弟が回復し父の転院が決まりかけた頃、張っていた気がゆるんだのでしょうか、僕は40度の熱が下がらなくなりました。咳が止まらなくなり、ベッドから起きられなくなりました。念のためレントゲンを撮って欲しい、と看護婦さんに話しましたが、疲労から風邪を起こしていると思われていたようです。1週間ほどしてレントゲンを撮ってもらったら、ベッドで寝ている僕に看護婦さんが駆け寄ってきました。「苦しくない?」ええ、とっても苦しいです。
体を強く打った衝撃で、肺の内側にできた傷から漏れた血が肺に溜まり、すでに肺いっぱいになっているというのです。すぐに肺から血を抜く処置がとられました。

相方であるゆいは、大学4年の夏というリクルートの時期を、東京から離れた病院近くにあるビジネスホテルに泊まって、ずっと僕ら兄弟の面倒を診るために費やしてくれました。
一緒に歳を重ねていけるパートナーがゆいで良かった。本当に。

父の実家にもう30分もすれば着くという場所でした。この事故によって、父の親戚のみなさん、事故を起こした踏切近くに住んでいらっしゃる方々、その他多くの方々が力を貸してくださいました。
翌年、その場所を訪れた時、踏切には遮断機と警報機、踏切にかかる道路も立派に整備されていました。僕ら家族が経験した不幸を、ほかの誰かに繰り返されないよう、想いがカタチになったことに、何とも言えないキモチになりました。

母を亡くして10年以上経っても、夢で母がいる生活シーンが登場すると、夢の中ではあるんだけど「生きていてくれたんだ!」という再会の喜びを感じたものです。
仕事で毎晩遅かった父は、事故後会社に復帰した後は、夜の10時には帰宅するようになりました。その父も癌でこの世を去ってから10年近く経ちました。

あの事故のことを、こんなふうにテキストにしたのは初めてかもしれません。
これまで断片的には書けましたが、まともに向き合うにはかなり時間がかかりました。日本や世界各地で起こっている大惨事で、大切な人を失った心の傷を癒すには、長い長い時間が必要なんだと思います。

僕は、父や母が望んだ息子になっているでしょうか。
たぶん違うとは思います。でも。体を壊して高校を中退しなくてはならなかった時「お前の自由にしなさい」と言ってくれた両親ですから、自由に生きている今の僕も「好きでやってるならいいさ」と思ってくれていると勝手に決めています。

早くに両親を亡くし、自分の身ひとつで戦後を生きた母。人生に余裕ができたらダンスをしたい!という夢から、晩年は社交ダンスに夢中だった母。僕、子供の頃は体が弱くて苦労ばかりかけたけど、今HIPHOPを踊ってる中年になってんだよ。あなたの息子らしいでしょ。
そして、鏡に映る自分の顔の中に、父の面影を見るようになりました。
[PR]

  by tzucca | 2005-08-15 22:03 | → LIFE

まいったなぁ

a0028078_16519.jpg2週間ほど前から、右手首を上下に動かすと痛いんですよ。
実は数年前にも同じように痛みを感じることがあって、整形外科でレントゲンを撮ってもらったんです。そしたら生まれつき手首のアジャスト部分の隙間が少し狭いことが判明。だから、立ち上がるとき右手を地面に着くときは、手はパーでなくグーにして腕と手が直角になることをできるだけ避けてくださいと忠告されました。

なにげに普段の生活で気をつけていたのですが、一番のネックがあったんですよ。
パソコンのマウスを使う動作も、右手首に負担をかけているようで。肘を少し浮かせた状態なのも、肘から手首までの筋を硬くさせてしまい、手首の柔軟さに影響が出てしまうそうです。

先週半ばからかなり痛みが本格的になってきたので、会社近くの鍼灸整骨院に通ってます。肘から手首までをマッサージしてもらって電気をとおして。
初日は、痛みが走る角度に手が曲がりにくいようにキオシネテーピングしてもらったのですが、その夜踊りに行ったら、汗でテープが浮いてきてしまい、見事にほどけてしまいました(^^; しかも少しかぶれてしまいました。

しばらく右手首に負担のかかるようなことは御法度です。
パソコンも仕事以外ではできるだけ使わないようにしたいんですけど、そういうワケでもいかないですね(^^;
マウスを握りっぱなしのPhotoshop作業を短時間に抑えられればいいんですけど、それが仕事ですから困りもの。ちょっとだけ、職業の危機を感じます。
[PR]

  by tzucca | 2005-08-01 01:06 | → LIFE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE