カテゴリ:→ LIFE( 92 )

 

しばらく別のBLOGに書いてます

こんばんは。
すっかり暖かくなって、上着にダウンを着る必要がなくなりました!
少し前、一人で勝手に焦ってしまい、勝手にズドンと病を悪くさせて
しまいましたが、のほほんとした陽気のおかげで、持ち直してきましたよ。

ご心配かけてしまったみなさん。ごめんね。えへ。

さてさて。ここのブログに書いておきたいこと、いろいろあるのですが、
思うところがあって、現在職場のチームサイト<iD-BR>にあるBLOG
連日記事をアップしています。
日記というより、コラムって感じかな。
いや、そんなたいそうなものじゃないけども。
僕個人というより、アイデアビューローWebチームのTZKという
立場で書いているので、ちょっと偉そうに思うかも(笑)

もし興味を持っていただけたなら、そちらの方もご覧ください。
よろしく頼んだわよ!(笑)
[PR]

  by tzucca | 2008-03-18 00:52 | → LIFE

2月は誕生月なのです

2月18日で、44イヤーズ・オールドになります。
世の中的に44男といえば、悲喜こもごもな経験を重ね、それなりの社会的スタンスを築き、人間的な重みが出てくる頃だと思うのですよ。
自分の場合、こんなんでいーんかいな?あまりにも重みがなさすぎじゃね?と思っていながらも、世の中標準と自分を比較する気がさらさらナイときてる(笑)
夢は抱くが、野望はない。脳内イメージ・シミュレーションしながら、現実とのギャップにひとり突っ込みやイラッとすることも多いけど、かなりの楽天家であることも自覚。
この歳で人生出直しモードになるとは思ってなかったけど、立ち位置キープしたままのリセットだから恵まれてます。ありがとう、ありがとう。…そんな想いで静かに迎える44回目のanniversaryです。

a0028078_22261944.jpg



ブログの更新が滞っておりましたので、かんたんに近況を報告しておきますね。
リハビリ出社は、1月から週に3日ペースになりました。
受注案件に追われていると、自分たちのことはどうしても後回しになります。そんな自分たちのこと、を現在手がけております。受注案件については、クリエイティブ・ブレーンとしてワンクッション置いた立場でかかわらせてもらってます。

冬にしては昼間は暖かい日が続いてるけど、今年の2月の寒さは、この20年で一番寒いんだって。
とにかく寒いのが苦手な僕としては、この時期は毎年「冬眠したい願望」との葛藤にもがいている温室野郎なので、リハビリ中の今は無理しないモード全開です。
低気圧と前線が近くにいると、うつのぶり返し状態になってしまうのですが、まぁまぁフツーにやっていけてるようです。

ダンスからは遠のいちゃってる自分。でも地元のジムで「ファイトアタックBEAT」なる格闘技系エクササイズにハマってます。ちょいと前にやっていた岡田准一くん主演のTVドラマ『SP』にすっかり影響されちゃって(単純)
「いざという時戦える男じゃないと!」な〜んて。
「ファイトアタックBEAT」では、使用する音源にドラマのアクションシーンみたいなパンチ音や空気を切る音が入ってるもんだから、<すっかりその気になれます!>(笑)

最初の頃はね〜、ダンス経験のおかげで、カタチだけはついていけたんだけど、とにかく見た目が弱っちくてさ(汗)
相手にダメージを与えるような動きじゃなくて、ダンスの振りになっちゃうんだよね。
パンチを打つタイミングも16ビートに合わせちゃうしぃ(笑)
この歳になって、はじめて真剣にボクシングの試合中継を観るようになりましたよ。
それで、ダンスとは頭を切り換える必要がある!って気づいたわけ。
今でも「なんちゃって」感ありありなんですが、「慣れ」で少しはサマになってきたかな?って自惚れております。エクササイズなのに、鏡に映る自分に向かって必要以上に本気でパンチ打ちこむのも、ちょいと病的?と思えて気に入ってます(笑)


a0028078_2227075.jpg

話題はかわって、寒いと甘いものを食べたくなりません?
僕の場合、セブンイレブンで売ってる「駄菓子屋さんのきなこ玉」にハマってしまって、いわゆる黄色い粉中毒なんです。
メンタル系おクスリ飲んで、あとは寝るだけという朦朧とした時間帯がヤバイんです。ぼぉ〜としながら一袋を一気食いしちゃうことがよくあるんです!
翌朝テーブルに残してある空き袋を目撃し、「ぎゃぁぁ〜寝しなに363kcalが俺の中にぃぃ〜!」と頭を抱えてしまうのです(悔)
「ファイトアタックBEAT」イントラであるS君に、このお腹を引き締めるのに自分で殴るのってどう?と聞いたら、「殴ればたしかに固くなりますよ(^^)」だって。
だったらば!と、お風呂に入った時にお腹にグッと力を入れたところを殴ってみたりして。なかなかエキサイトしますぜ(笑)他人には(家族にも)見られたくない姿だけど。


私信:
●水瓶座ともだちの光ぼぉ、手紙をありがとうV
●いつも心配していろいろアドバイスをくれるMさん、メッセージありがとうV
[PR]

  by tzucca | 2008-02-17 22:27 | → LIFE

年のおわりと、はじまり。

みなさん、正月休みはのんびりできました?
風邪が流行っているので、寝込んだまま年が明けちまった、
という人もいるやもしれませんね(苦笑)

僕はといえば、昨年末に限定会社復帰を果たし、
無事、年末最終営業日の納会に参加することもできました。
その翌日、地元のジムに行った帰りあたりから、右奥の歯茎に痛みが…。
その痛みは夜になってクレッシェンド。
感覚を麻痺させてやれ、と氷を口に入れてベッドに入り、
「をいをい…。もう歯医者もやってないじゃないか。どうするよ、僕」
とツイてなかった2007年のエンディングに用意された、予想外の苦悩に
悶々としてしまいました。

朝を迎え、ネットで「休日診療、歯科」を検索。
をを!駅前のあの施設は、そのためのものだったのか、ラッキー!
つくづくこの地元には何でも揃ってるなぁ、とありがたく思います。

歩くだけでも痛みが頭部右側をいい具合に打ちのめし、
「痛みを全身で受け止めるんだ!イメージしろ、イメージしろ!」
と自己暗示をかけながら、駅前の施設へ朝一番に到着。
診察室のソファーで、スタッフが出勤、そうじ、診察開始の準備を
ぼ〜と眺めておりましたさ。

「つかれがちょっと溜まっているんじゃないですか?」
医師からの言葉。
そんなに疲れていないんですけど…、もしかしたら出社の疲れ?
というか、それ以外ないなぁ。
治療が完了して4ヶ月しか経過してない歯の奥で、膿がたまっている
袋のようなものができてしまったらしいです。
被せモノをこじはがされ、穴開けて、膿を吸引。
「じっとしてなさいね」
そう言われて、その日はじっとしてました。

が、また夜になると、痛みがクレッシェンド。
なぜ?終わると見せかけてどんでん返しを用意するホラーの常道?
2日連続で休日診療センターへ。
受付のスタッフさんは「あら、昨日の方?」と哀れみの目。
医師は昨日とは違う人で、「あ〜、なるほどね〜、いきなりテンション
あがるなぁ」と20分くらいいろいろされました。
何をされているのかまったく分からなかったけど、先生のテンションを
あげることができてよかったな、ってぽつりと口開けたまま思いました。
最後に「切開しますよ、痛いですよ」
と前置きされて歯茎にメスが入って、残った膿を出し切りました。
「じっとしていてください」
は〜い。おとなしくして過ごします、2007年の大晦日。


元日は弟夫婦のいる実家に行き、一緒に墓参り。
あとは部屋の掃除をしたり、ジムに行ったり、三が日過ぎてから西新井大師に
初詣に行ったり、雅叙園での少人数新年会に誘ってもらったりして、
いよいよ明日は2008年のスタートとなる初出社の日です。

休養期間中、本やネットでいろいろ「うつ」のことを調べたのですが、
いちばん共感できたものは、ダントツで、
細川貂々さんの描いた「ツレがうつになりまして。」という本。
ゆるい絵柄のコミックなのですが、ひとつひとつが「そうそう」「うんうん」
とうなづけて、すごい励みになりました。
この休み中、続刊の「その後のツレがうつになりまして。」を読みました。
ツレさんは、治るまで3年という時間を費やしているんですよね。
再発しやすいことから、気をつけて生きていることが強調されていますが、
僕も気をぬかずに「ほどほどに…」からがんばってみますよ。

正月の間にTVでやってたイチローを密着取材した番組と、アルマーニが
銀座タワーのオープンを迎えるために来日した際の密着取材番組。
イチローもアルマーニも、頂点の結果を求められることを受け入れ、戦ってます。
焦点を定めて、ストイックに、こだわって生きてます。
そうだよな。そういう生き方をしたいです。…そのうちに(笑)
[PR]

  by tzucca | 2008-01-06 19:25 | → LIFE

今年もよろしくでございます。

a0028078_9392335.jpg


2008年のスタート、みなさんいかがお過ごしですか?

おひさしぶりです。長い不在となりました。
うつ病で会社に行けなくなって、しばらく自宅作業をつづけていましたが、
会社からの勧めでいったん休職して、引き籠もり生活を続けておりました。
引き籠もりといっても、ずっと家の中にいたわけではなく、
自転車で行ける距離の近所はうろうろしていました。

昨年末、週に2日出社して、リハビリをはじめました。
一時は、こんな何もできない自分なんて、くたばってしまった方がいい!
という思いに支配されていた時期もありましたが、
いまはずいぶんニュートラルになったように思います。

主治医から何度も言われた「い〜かげんな男でもいいじゃないですか!」
でも1年やそこらで性格は変えられませんよね。

階段の踊り場にいたような1年を過ごし、まだコントロールしきれない自分に
戸惑うことはありますが、ふたたび1歩階段に足をかけることができる
ようになって迎えた2008年。
自分の容量を見極めながら、また水を注いでいきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

  by tzucca | 2008-01-03 09:57 | → LIFE

43になりました。

見慣れた東京の街で、道を埋め尽くす大勢の人が雨の中走った「東京マラソン2007」。
都心全域を交通規制したこの大イベントの日に、わざわざ雨を降らすなんて!
自分の誕生日だから記憶してるんだけど、この日って雪になることが多かったんですよ。暖冬の今年、まさかこの日だけ雪になることはないだろうとは思ってたけど、晴れにはしてくれない日なんだねぇ(苦笑)

最近のボクはといえば、「うつ病」になってます。
昨年暮れあたりからヤバイかなぁという自覚はあったのですが、それまでの自分と違うことや、「うつ病」を疑うチェック項目にいくつも当てはまって、いよいよ出社できない日が何日か続いてしまったことから、数年前に通院していた精神科のクリニックに足を運びました。
「うつ病」と診断されて、「ああ、やっぱりね」。
他の病気でなかったのが、ちょっとほっとしたかも。

今は、薬(パキシル30mg)を飲みながら、ちょっとペースを抑えて仕事を続けてます。出社できない時も自宅でMacに向かってるから、職場では不在でも、ボクの時間軸では、起きている間のほとんどは仕事してます。
作業にかかる時間予測が読めなくて、思ったより時間がかかってしまうようになっちゃった。
でも自責するのはいけないので「仕方ないじゃん」と思うようにしてます。

「今日はあれをやろう、どの順番でやろう」と思うのだけど、それを実際に行ったり考えたりする「脳」のエンジン部分へのギアに、思いがうまくハマらないのは、不思議なことです。
とくに意識しなくても、それは一直線につながっているはずなのに、何かをしようと思うたびに、接触不良を起こして結局何もできないんですよね。
身体も重くだるいし。はぁぁ。
あと、人が大勢いたり、会うことがやたらきつかったりするんですよね。
まぁね、焦らず、待つことにします。自分が戻ってくるまで。

今日は、ゆいが用意してくれた、がらがらどんさんの「クラシック・オ・ショコラ」と、ストロベリーのスパークリングワインと生の苺で、お誕生日をお祝いしました(^^)

メールやメッセージもありがとうございました(^^)


2/19追記

今日は、職場のメンバーから、とらやの羊羹で誕生日を祝ってもらいました(^^)
透明感ある五色が美しい「雛衣」という季節の羊羹。上品な甘さがたまらない!
そして、AKIRA+からは超リアルなカエルのフィギュア、ミネトモからはカエルさんのポストカードブックをもらいました。うひょ〜!カエル尽くし!!
かわいいい〜、たまんねぇぇぇ〜(^^)thanks!


そういえば今日、もし「うつ」の治療のために、仕事をしないで日々を送れるとしたら、どうすごそう?なんて想像してました。
ダンスには行けないのだけど、ジムへ筋トレには行けるんですよ(週に1回だけど)。黙々と誰とも会話せずに自分のペースでやれるからいいのかもしれない。
ということで、日中はジムで過ごして、お昼寝のあと、映画を観るか読書をするかして、静かに過ごすのがいいな。
これってまるで、村上春樹「海辺のカフカ」の少年みたいな生活だね。
彼も「タフ」を目指してたっけ。必要なのは肉体的なタフさではなかったようだけど。
[PR]

  by tzucca | 2007-02-18 18:53 | → LIFE

いちがつ みっか

正月三が日、更新。ここまでは、よし!(^^)

a0028078_04021.jpg今日は毎年行っている西新井大師に詣でてきました。
厄年だった昨年はじめて受けた護摩奉修がすっごく気持ちよかったので、またあのLIVEを聞きたくて。ハリのある重厚な僧たちのお経と太鼓のリズムがどんどんアップビートになっていって、トランス系のようなんですよ。

厄年は抜けたから、なにを祈願しようかなぁ。引き続き厄除けでもいいのかもしれないけど、申し込み用紙に「身体堅固」って項目があったから、それに○をつけました。
どんな願かけをしたところで、結局は日々願をかなえるための努力をしていかねばならないとしたら、とにかくカラダが丈夫であることが一番大切だもんね。元気でさえあれば、自分の力でどうにかできそーだし。

護摩奉修は、人が多すぎて本堂にあがることができず、スタンディングで聞きました。それでも気持ちはアップできたけどね。

家族の分のお守りと、西新井大師名物・清水屋の草だんごをおみやげに買って帰宅すると、護摩で受け取った御札を見たゆいが一言。
「身体堅固…、これ以上カラダ固くなったらどーするのぉ?(笑)」
え?がぁぁぁん!(大汗)


さて。お正月のテレビ番組には中身のないくだらないものが多いよね。それでも今年はバラエティ一色ではなかったかな。
遠出するわけでもないお正月を過ごしている我が家では、なんだかんだテレビ観てます。地上波でなくBS HiVision放送。
BS HiVisionでは、NHKも民放も、世界遺産や自然や動物ものなど、美しい画面で知的好奇心を満足させる番組をたくさんやってくれてて、いい感じなんですよ。こういう番組って、NHKでなくても作れるんだなぁと思いました。
あとさ、WOWOWで深夜にスタンリー・キューブリック監督特集やってるんだよね。傑作しか作らない巨匠キューブリックの描く「狂気」に毎晩やられてます。キューブリックの作品は、DVD-BOXを持ってるのについ観ちゃうのって…。

そういえば、まだ家の掃除をしてないや…。どうするかねぇ(苦笑)
[PR]

  by tzucca | 2007-01-04 00:05 | → LIFE

いちがつ ふつか

このBLOGのスキン・デザインを変えてみました。
ベースはExciteブログに用意されたテンプレートですけど、ちょこちょこいじってカスタマイズ。この色合いは、いかにも僕っぽいと思いませんか?(笑)

今日はフィットネスジム初め。
土日のどちらか、週に1回しか行っていないマシントレだけど、続けてるのとそうでないのとでは、やっぱ違うんだね。
12月はマシントレどころか、週1のダンスさえ行けなかったんだ。この年で体を動かしていない時期を作っちゃうのって、かなーりマズイってことが分かりましたよ。
いつものウエイトをいつもの回数できないのはまぁいいとして、体型の崩れを食い止められないのも仕方ないとして、代謝が滞ってしまってる感覚がヤバイ感じ。なんていうのかな、1日体洗わないと、体臭がちがうんだよね。これって加齢臭?ヤバイなー。いいかげん大人らしくしろって、細胞からお叱りを受けてる気分ですよ。

a0028078_0411488.jpg年の話はさておき(笑)
実は、年末にMacBook Proを買っちゃたんだ!
2.33GHz Intel Core 2 Duoの15インチ。

今まで使っていたPowerBookG4(800MHz)もまだ動くんだけど、さすがにOS10.4でPhotoshop CS2のレイヤーいっぱい使った作業ができなくなってきちゃって、作業をお持ち帰りできず会社に泊まるしかないってことが増えちゃったんだよね。
インストール大会している時間あるかなぁと思ったけど、初回起動時の設定にある「移行アシスタント」を使って古いMacとFireWire接続させると、Photoshop CS2以外は、アプリも保存ファイルもメールもiTunesも設定込みでぜーんぶコピー感覚で移行できました。すっごいラク!
ATOKだけintelMacに対応した2006 for Macを買って入れ直したけどね。

Intel搭載のMacが出てから1年になろうとしているけど、そもそもなんでMacがPowerPCでなくIntelプロセッサに乗り換えたかといえば、G5では発熱量や大きさの問題からPowerBookに搭載できなかったことが原因。Intel Core 2 Duoを搭載した64bit対応CPUノート型プロ仕様Macの登場は、Macの歴史的にも意味あるマシンです。


a0028078_3102870.jpgディスプレイ・フレームの上部にちっこい穴が開いていて、そこがiSight(カメラ)になってるんだよね。ビデオチャットがそのままできるってわけ。
それで録った画像が→(実際の画面は640x480です)
ディスプレイに向かってる時の顔ってさ、ふつー真顔じゃない?にこにこしてたら気持ち悪いよね。もっと恐い顔している時の方が多いかもしれない。そんな映像がチャット先の相手のディスプレイに転送されるってのも、妙な感じ。
ビデオチャットってしたことないけど、相手がいるとなると、もっと愛想がよくなるものなのかな?

ちなみにこのMacBook Pro。金額が期待できないボーナスではなく、ちょうど満期になった保険があったので、それを解約して買いました。
…そんなわけで、解約した途端、我が身になにかありそーな予感もあり(ツイてないやつと言われそうな結果が…)、ビクビクと警戒して日々過ごしております(苦笑)
[PR]

  by tzucca | 2007-01-03 00:46 | → LIFE

いちがつ ついたち

例年通り弟家族と一緒に、両親の墓参りに行ってきました。
ウチの墓は亀戸にあるので、お寺で解散したあと、ゆいと2人で亀戸天神に詣でてきました。
参拝者の列に並んで、もうすぐ僕らの番という時、いきなりスピーカーからお琴による「とおりゃんせ」が流れ出しました。思わず顔を見合わせる僕とゆい。頭の中では歌詞が…。

とおりゃんせ とおりゃんせ
ここはどこの細道じゃ
天神様の細道じゃ
ちょっと通してくだしゃんせ
ご用の無いもの通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに お札を納めに参ります
行きはよいよい 帰りは怖い
怖いながらも とおりゃんせ、とおりゃんせ

…なんか、こわい(^^; 天神様ですもんね、道真公ですもんね。
天神様は学問の神様。学業成就といっても、受験するわけじゃないからなー。CSSをマスターできますよーにとでもお願いするか(実際はもっと大それたことをお願いしました)

今日からカレンダーが新しいものになりますね!
見て、見てよ、このカエルさんのカレンダー!かわいーだろー!
もうね、一目惚れで気がつけばレジを済ませてましたよ。そしたらゆいが「ねぇねぇ、同じヤツのデスクトップ用のがあるよ」って。俺はそいつもグワシと手にとって一直線にレジへ(笑)1つは自宅用、小さいのは会社のデスク用にするんだ!

このカエルさんのイラスト、カエル好きな俺のツボにずっぽりはまっちゃいました。
会社の昼休みに12枚のイラスト見ながら、「くぅぅぅ、かわぁいいーー、た、たまんねぇぇぇ!」と口にしてたら、多少引かれました(笑)俺はカエルでイケます(をいをい)

このカレンダーの作者さんのサイトには、カエルさんのイラストと写真、カエルさんグッズがいっぱい紹介されています。た、たまんねーっす(笑)

KAERU NINJA http://www.kaeruninja.com/
[PR]

  by tzucca | 2007-01-02 00:35 | → LIFE

新年あけましておめでとうございます!

a0028078_0224116.jpg

2006年がリセットされて、2007年がスタートしました。
昨年は、後半から仕事没頭モードと体調不良で、引きもこりモードになっていました。
それでも区切れてみれば、充実した1年だったかな。

昨夜の「GACCHO!エンターテイメントDP」では、飛び入りでピンクレディのUFOを踊らせてもらって、前向きな気持ちで2007年を迎えることができそうな予感(^^)
大晦日は、大学時代に観て以来久々に「市民ケーン」をDVDで鑑賞。映画史上No.1とされるこの作品のすごさ(異様さ)は、年をとるごとにわかります。ストーリーではなく映画の作り方のクオリティは、まさに天才の業。というか、ライブドア事件のあった2006年にこそ観る作品でした。ぎりぎり間に合った!
あと、今年大きな感動をくれたマドンナの「コンフェッションズ・ツアー」がWOWOWでオンエアーされました!録画を何度も何度も再生。一緒にオンエアされた前回のマドンナのツアー・ドキュメンタリー「I'm Going to Tell You a Secret」も字幕入りで(日本発売されているのは字幕なしなんだもん)、その内容の深さに改めて感動。すごい前向きパワーをもらっちゃったよ。内面、満たされました(^^)

さてさて。2007年はどんな1年になるだろう?
付き合いの悪い僕ですけど、2007年も存在を忘れないで、おつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

@年末ぎりぎりまで仕事に追われていたため、年賀状を作ることができませんでした。すみません!この画像が、2006年最後のPhotoshop作業です(笑)僕とつながりのあるいくつかの場所に、この画像が色違いで使われてますよ。うふ。
[PR]

  by tzucca | 2007-01-01 00:24 | → LIFE

ご無沙汰でした

みなさん、こんばんは!実に2ヶ月余りもBLOGを放置してしまいました。
これだけ間があいてしまうと、さて、どういうネタで書き始めたらいいものか。考え出すと、キーボードの手が止まってしまい、また放置期間を更新してしまいそうなので、つらつらと思うがママに文章を書くとします。リハビリ、リハビリ。

サイトのフル・リニューアルが2つ、同日公開という修羅場がありました。
どちらのサイトもMovable Typeを使った、僕らWEB制作チームにとってチャレンジとなるプロジェクトでした。
新しい領域に踏み込んでいくこと、学んでいくことは、熟成度をねらったギリギリ感とは別のテンションがあって、とっても大変だったけど、楽しかった!
僕が1人深夜まで残業していることはよくあるけど、チームのほぼ全員が休日出勤や徹夜をするのは、数年ぶりの出来事なんですよ。
熱意と一体感が、「本当に期日までに完成できるの?」という不安を押し流していった気がする。1人だけでどうにかできるものじゃないし。チームのメンバーを信頼して任せることが大切だよね。結果、プレッシャーが自分だけでなくみんなに分散されたことで、押しつぶされずに済んだのかもしれない…。

その間、頭の中ではお仕事モードがなにかしら渦巻いていて、帰宅してからパソコン画面を前にしても、自分のことを文章にしようって気がさらさら起きなかったんだよね。その時間があったら、仕事のメールにRESを書かないと、あれを調べておこないと、って気持ちが優先しちゃってさ。

mixiとかプライベートなネット活動は一切「一時停止」状態だったので、メールへのお返事もできず、巡回もできず、不義理をお許しください。
いろいろマルチにできるほど、器用じゃないんです、僕。

深夜帰宅が続いてあらためて思ったことがありました。
昼の街並みよりも夜の街並みの方が、ずっとリアルに感じられて、心落ち着いて目に映るってことに。なんで夜が好きなんだろう。なんで昼は集中力が弱いんだろう。
そんな中でふと思い出したのは、大学時代に課題で作った3面マルチスライドの作品。STINGの"Children's Crusade"をBGMにして、夜の風景を撮影したスライドを構成したもの。夜の道路工事、夜の誰もいない児童公園、暗闇の中で皓々と光っている自動販売機、ホームに止まった電車から降りてくる帰宅する人々などなど。高感度撮影した夜の風景って、なぜだかミニチュアみたいに見えるのが不思議なんですよ。
この頃からもう、僕は夜の空気が好きだったんだなぁ。
なにもかもがはっきりと目に見えるより、ピンポイントの光で照らされた部分だけが見える、余計なものが隠された世界の方がいいんだね。人の少なさにも心落ち着かせるものがある。

過去にも何度か書きましたが、僕は子どもの頃カラダの弱い子だったんです。学校も休みがちで、学校帰りに友達と外で遊び回ることができなかったんですよ。いつも一人家の中にいた。家の窓から、外で遊ぶ子どもたちの声を聞いて1人で怪獣の人形で遊んでいた、そんな子だったんですね。
他人との接し方を学ぶ時期に、一人でいる時間が長すぎた。その分、自分の中のインナースペースが豊かになったのかもしれないけれど、外界との接し方には今でも多少の緊張を強いられる人間になってしまいました。これ、子どもの頃カラダが弱かった人の共通スペックみたいですね。

そういうインナースペース人間だったから、クリエイターをやってられるのかもしれないとは思いますがね。

先日、終電で駅から降り立ち、自転車で家まで帰る途中にある団地の駐輪場が、炎をあげて燃え上がっていたのを目にしました。時々タイヤが破裂するパーンという音が聞こえるほかは、不気味なほど音がしないんですね。黒い背景に、オレンジの炎だけが生き物のように動き回っていました。
その場には、通行人が何人かいて、すでに携帯で消防署に連絡をしているようでした。しばらくその場にいましたが、音がしないせいか、団地の窓は夜中なので真っ暗、みな寝静まっているのが恐かった。その場を立ち去ってまもなくサイレンの音が近づいてきたので、団地の人たちも気づいたことでしょう。

最近、このあたりでは、同一犯人とみられる放火が多発しているようです。
街のあちこちに「放火多発地帯」と書かれた立て看板があるのが、いやな感じです。
また12月に入ると、庭先を電飾でデコレーションした一般住宅がいくつか見られ、夜の静けさに不思議な騒々しさを加えています。

先に書いた修羅場が過ぎて一ヶ月経ちますが、その間、急激に寒気が襲ってきたりして、冬が苦手な僕には体調のダメージもあって、気分どんよりでした。
少し鬱っぽくなっていたかもしれません。気力がなくなり、ふつうに出社して仕事するのがかなりしんどかった。正直、しんどい、ってやつです。
さいわい、修羅場の時期に胃の薬と一緒に、抗うつ剤パキシルの軽いのを処方してもらっていたので、どうしようもない状態まではいきませんでしたが、パキシル服用者「パッキー」をもうちょっとやっていかなくてはです。
年末に向けていろいろ忙しくなるのに、へたっていられないっす。

軽い無気力状態もですが、最近僕のまわりでは、ハッピーでない人が多いようです。それに比べたら、自分は割と安全地帯にいつもいるので、ずるく生きてるもんだと、いやいや見守っていただいているすべてのものに感謝して生きております。

最近はめっきり映画館へも行っていませんが、DVDで「嫌われ松子の一生」を観て、この作品にゾッコン惚れ込みました。こういうぶっ飛んだ作り方でなかったら、かなり悲惨なお話なんだけど、それでもポイントポイントで泣けてきちゃうんですよね。人生って、俯瞰で見下ろした時、実はこんなものなのかもしれないって思った。「人生これで終わった」と思っても、3ヶ月後には歌を歌っていた、というようにね。中島哲也監督は、「私立探偵 濱マイク」の中で一番好きだった『ミスター・ニッポン〜21世紀の男〜』を作った人。さすがですよ、このテンション。もっともっと作品を作ってもらいたいクリエイターです!

そうそう、先週、携帯を新しくしましたよ。SO903iを発売日に買いました。
プロダクトデザインがピピッとくるDOCOMOケータイがやっと出た!という感じだったので。いままでずっとNだったから、操作方法がいろいろ違っていて、オドオドしております(笑)

ということで、とりとめなく長くなりました。
久しぶりなので顔写真でも載せるかと思いましたが、先週末職場で柱にかけていた時計が落ちてきて、右目脇にキズを作っちゃいまして。恐い顔なのでやめときました(笑)
[PR]

  by tzucca | 2006-12-04 01:25 | → LIFE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE