オリンピックが終わっちゃって…

オリンピックが終わってしまって、夜更かしを正当化する理由がなくなっちゃったよ。
北京…4年後、その頃自分はどうしてるのかな?

スピードや難度がどんどんレベルアップしていく競技って、adidasのキャッチフレーズじゃないけど、ヒトの身体的可能性を思い知らされるよね。
現代人の筋力の弱さ、ストレスからくる生殖能力の低下などが叫ばれていながら、トップにいるアスリートたちの身体能力と技術って、4年前、8年前よりもレベルが高くなってるんだもんね。ヒトは、そうやって4年ごとに進化してるのかな…。

なにをどうすれば可能になるか?のデータ解析とサイエンスの結晶でもあるんだろうけど、それを体現できる肉体が存在するのってスゴクない?

トップレベルでなくても、時間の経過とともに技術レベルがアップしていくことってあるよね。自分がやってるダンスで痛感するもん。ダンスをはじめて1年くらいのレベルが、自分の時より今の方が数段上なんだよね。
高いレベルを目にする機会が増えると、脳内の基準値が底上げされて、環境に順応するかのようにレベルがアップしていく感じです。

ってことは、すごい記録や技術は、人類全体の脳内基準値をアップするスイッチってこと?そりゃたしかに偉大だ。
今この瞬間、自分が世界の頂点にいるという感覚を「チョ〜気持ちいい!」と言ってのけた北島選手の脳内快楽を、少しでもお裾分けしてもらおう。

ところで、話はトップからボトムにまで転がり落ちるんだけど。
カラダが弱くて体育が苦手だった中学時代のオイラ。授業の3000mマラソンで、合格点の15分以内には入れなかったんですよ。
それが、このトシになって、スポーツジムのランニングマシンだけど、15分以内で走れるようになったんだ。自分的快挙。
これも、時間経過によるレベルの底上げなのかな。

ふたたび話はトップの世界にもどって。(ミスチルの曲のような構成でしょ)
新体操は美しいよねぇ。うっとり。自分が女に生まれていたら、新体操の選手になりたかった、なんて妄想を抱くくらい。
美しさに見とれると同時に、カラダの固い僕にとっては驚愕とイヤミのサイクロンと化した驚異の柔軟性に、デビッド・リンチの映画に出てくる奇人を見るような思いが重なり合ったのでした。

先の投稿で、オリンピック中継のテロップ・デザインのことに触れたけど、今回のアテネは凝ってませんでしたね(^^;
おまけに、NHKのカメラでない国際中継用映像だと、撮影のヘタさにビックリ。
そこをアップにしてどうするよ!ピントあわせろよ!ちゃんと被写体追えよ!
どういうレベルのカメラ・クルーが集められたんでしょうねぇ。

@録画しておいた閉会式はいつ観られるだろう…。
[PR]

  by tzucca | 2004-08-31 02:42 | → LIFE

<< 台風で体調不良になるヤツ 「華氏911」は来年でなく今観... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE