国営昭和記念公園花火大会(立川の花火大会)

隅田川花火大会はじめ、今日明日は日本全国で花火大会のラッシュ!
東京周辺でも、八王子、江東、浦安、越谷、朝霞であるんだよね。そんなに集中しちゃって、花火師さんがそれだけいるのかな?いや、いるから開催されてるんだけど。

僕らは、隅田川じゃなくて立川の国営昭和記念公園花火大会に行ってきました。昨年の隅田川があんまり良くなかったのと、気分が低空飛行気味なので自然の中でゆったり花火を楽しみたかったから。
広大な昭和記念公園は、会場の「みんなの原っぱ」まで歩くだけでも、豊富な緑とそこを吹く風がキモチいい。だだっ広い「みんなの原っぱ」は芝生だから、シートを敷いて寝転がってもキモチいい。隅田川のように、狭い場所に人数以上のスペースを場所取りしているむかつく人たちを見ることもないので、精神的にもキモチいい。

この昭和記念公園花火大会は、公称5000発と決して多い打ち上げ数ではないのですが、スペースの広さを強みに、芸協玉(日本煙火芸術協会会員の作品)10発や尺五寸玉があがるんですよ。幅300mのワイドスターマインも迫力。そういう見せ場以外は、中国製か量産の安い玉でのんびり場つなぎ。予算の厳しさから今やどこでもそういう傾向ですけど…。

足立の「大玉はあがらないけど演出力とカラーコーディネイトで勝負」の花火大会を観た後だと、あきらかにエンターテイメント性に欠けるのですが、芸協玉のクオリティーにはさすがにおお!と血が騒ぎました。
また「匠の華」というプログラムでは、担当煙火店ホソヤ・エンタープライズさんの技術力を見せる尺玉10発で、プログラムには「これがキレイに決まったら競技会で優勝」の四重芯が2発エントリー。1発目は崩れちゃった。まあ仕方ない。三重芯さえかなり崩れちゃったので、大丈夫かなぁと心配していたら、ラストの四重芯2発目がけっこうキレイに決まったので、すげー!成功じゃんと拍手拍手。
今回は、尺五寸玉5発も成功してよかった。これ失敗しちゃうと、会場中の落胆もでかいからね。

エピローグ。
大会が終わって昭和記念公園を歩いていくと、蝉が狂ったように鳴いてました。いつもと違って照明灯がたかれて明るいから、おかしくなっちゃったのかも。
そんな狂い蝉が一匹、一緒に行ったMさんの胸の上にピタッと止まっちゃったんだ。Mさんは蝉が止まったくらいでうろたえるような女性じゃないけど、「とって、とって!」と言うので、僕はデジカメ、ゆいは携帯で写真を撮りまくり。
そしたら、うれしそうに「ちがうー」って。「取って」と言ってたのね(^^;
[PR]

  by tzucca | 2004-08-01 02:51 | → 花火大会

<< トワイニング アールグレイ微糖... 「茶楽CAFE」<抹茶&オレンジ> >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE