映画「鉄コン筋クリート」イカしてた!

a0028078_0353677.jpg

すっげーーーー!
2007年はじめに劇場で観た映画が、こんなすっごいフィルムだったなんて、おみくじの「大吉」以上のおっきな幸運!

原作を読まずに観たのですが、作り手の原作に対する愛情、リスペクトがぎしぎしと伝わってきましたよ。しかもその愛情が独りよがりなものでなく、原作を知らなくてもきちんと映画としてドーンと楽しめるものに作り上げたところが拍手です。原作への強い思い入れがありながら、ただなぞるだけでなく、作家性レベルで原作者の松本大洋氏と同じビジョンを共有するほどの入り込みようだったんでしょうねぇ。
演出もアニメーションも緻密な背景美術も、それぞれ多くの才能あるクリエイターによって紡ぎ上げられたにもかかわらず、まるで1人の作家が作り上げたアニメーション作品のように、細部にいたるまで独自の世界観を作り上げてましたからね。
傑作「マインド・ゲーム」からつながるSTUDIO4℃の「画」のカッコよさにも口がぽかんと開いてしまいました。

というわけで映画を観たあと原作を読み始めて、背景画の画集も注文してしまいました。

思った以上に原作に沿った映画だったんだ!とまずびっくり。
コミックスの毒ある絵柄が、アニメ化されるにあたってクリーンナップされてしまった感じはあるけど(輪郭線は黒の方がよかったかも)、今の日本のアニメにしてはクセある絵で、アニメだからできる表現で見事に「鉄コン筋クリート」を再構築してました。
時間軸がある映画だから、ストーリーの流れが分かりやすくなっていたし、シロの存在がずっと大きくなっていて、シロとクロは一緒にいなきゃいけないという絶対性も分かりやすくなってたと思う。
映画がとんでもなくすごいのは、「宝町」に街の体臭を与える緻密な描き込みと奥行き感。大阪っぽいというか、東京でいうなら浅草や上野のアメ横や下北沢の空気。時間の止まった昭和の歓楽街。クロは「俺の町」と口にするけど、町ってそこに巣くってる人間によってカタチになっていくから、ああいうHeavy Mixな外観と同じ人間がぎょうさんいる場所なんだろうな。人物と町が一体になって画面を埋め尽くし、画面に映っていない部分まで、その世界がどこまでもつづいている感じがしっかりあった。でも、そんな時間が止まった町でも、変わっていくことによる歪みをセンチメンタルに感じちゃうのは、俺も昭和の人間だよと思った。

ーーーーーーーーー

ちょっと足りない子、のシロのセリフは、ポエムだよね。クロとシロ、それぞれネジが足りなくて、互いにないものを持っていて、それでも凹凸が一緒になったからって、正方形にはならない。シロの声って芝居が過ぎるとイタイものになるところを、蒼井優はうまかったなぁ。絵と一体化してたもんなぁ。
ただ、映画だけ観ると、シロは女の子だと思っちゃうんだよね。原作ではっきり男の子として描かれているのを見ると、その方がずっといい、と思えた。
クロの二宮君もいい感じだったよ。ヘーゼンと暴力を発動させるガキは、今の時代描き方がむずかしい部分だけど、二宮君の声によって恐れや絶望が絵にプラスされてたから。リミッターのないガキは恐いよ、ほんと。でもそれがガキらしいところ。下手にオトナ社会のメタファーに当てはめていないところが、このストーリーのいいところだよね。
印象的なセリフの多いヤクザの"ネズミ"こと鈴木の声もよかったなぁ、手垢のついた深みといーかげんさがかなりよかった!銃を構えた手下の木村との掛け合いは、迂闊にも涙が流れてきちゃいましたよ。

そう、「鉄コン筋クリート」は、泣けるんだ。
いろんなところで。なんかね、心が痛くなるんだ。人って、自分のためよりも、誰かのための方が意地で頑張れるってことが分かっていなかった若造だった頃にこの作品と出会っていたとしても、こういう受け止め方はできなかったかもしれない。「おかえり」「あんしん、あんしん」なんて短い言葉に、ぐぐっと心のツボを押されちゃうことはなかったかもしれない。
いや、たんに画の力が十分に魅力的だから、好きな映画にはなっていただろうけど。

ーーーーーーーーー

ところで、この作品を観てあらためて分かったことがあるんだ。僕、町の中を垂直に飛んだり跳ねたりするアクションに、すっごくワクワクするってこと。映画の中のクロとシロは、アニメだから気持ちいいくらいに高いところに立って、宙を飛んでるんだ!
でさ、マドンナの最新シングルである「Jump」のPVは、日本の町中を走って飛んでを生身の人間がやってるんだ!コンサートでも鉄骨を使ってジャンプしまくってたけど。おれ、バック転はできなくてもいいけど、ああいう動きができるようになりたい!と思う今日この頃なのでした。


「鉄コン筋クリート」
2007年1月4日 ユナイテッドシネマ豊洲 スクリーン12で鑑賞

ーーーーーーーーー

「鉄コン筋クリート」公式サイト
*トップに貼っている画は、この公式サイトで「宝町」の住人登録をするとゲットできる壁紙の1枚です。

■「鉄コン筋クリート」が、MoMA(ニューヨーク近代美術館)発行『ARTFORUM』で、学芸員が選出した「2006年で最もアーティスティックな作品」に!
[PR]

  by tzucca | 2007-01-15 00:45 | → MOVIE

<< 映画「それでもボクはやってない... いちがつ みっか >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE