夢でみた「ザ・シンプソンズ」

今朝方見ていた夢は、アニメの「ザ・シンプソンズ」でした。
忘れないうちに、覚えている部分を書いておこうっと。

バートとリサが今夢中になっているテレビ番組は、今川焼きに2つの点のような目がついた飛行物体と、目だけが大きい頭の下がすぐ足という気持ち悪い生き物が出てくる特撮もの。これが、<アニメ>や<CG>でなく、実物やミニチュアを使った<特撮>なのがいいんだよね〜とバートが繰り返している。

その番組の最後に、キャラクターのTシャツプレゼントをやっていて、家族全員でハガキを応募。「当たるといいね〜」「おれ。絶対×××のやつ!」

電話が鳴ってマージが出ると、なんとその特撮番組のキャラクターを「ザ・シンプソンズ」にゲスト出演させる企画があるという。これから「ザ・シンプソンズ」のアニメーターたちが、その特撮番組の撮影現場に行って絵を描いてくるというではないか!
バートとリサは大喜び。
(注:「ザ・シンプソンズ」では、有名人がよくゲスト出演するんですよ)

その特撮番組が始まる時間。家族そろってテレビの前に集まりながら「ねぇねぇ、彼らがゲストで来るの、いつ頃?」「そうねぇ、先週描き始めたって電話あったから、早くて1ヶ月後くらいかしら?」と話していると、「臨時ニュースです!」とニュースが始まってしまった。

「子供たちに大人気の特撮番組●●●のキャラクターは、本物の奇形の子供を使って撮影していたことが判明しました。
差別主義者のバーンズが、生まれたばかりの赤ん坊をさらってきては特殊な容器に入れ、熱を加えてキャラクターに変形させていたんです。
これは、「ザ・シンプソンズ」のアニメーターたちの内部告発で判明しました!」

ショックを受けるシンプソンズ一家。
そこへ、宅急便でーすとダンボール箱が届けられ、キャラクターの上に大きく×がつけられた番組のTシャツがいっぱい詰まっていた。
重たい空気の中、テーブルでそのTシャツを仕分けする家族。
マージが泣きながら言う「アメリカ合衆国は、星条旗というシンボルでしか接点のない国民なのよ」バートがやさしくマージの背中をさすって慰めてあげている。

ドアがいきなり開いて、そこに特撮番組のキャラクターが立っていた。「た、たすけて。僕、消されちゃう…」(この部分、実写とアニメのクロマキー合成)
そのグロテスクな姿に「うわー、きも悪いー!」
窓の外では、今川焼きキャラが空を舞って、町中を破壊している。
そこからいきなり、絵の半分しか色が塗っていない状態になって、絵が動かなくなってしまう。
画面にテロップ「申し訳ございません。作画が間に合いませんでした。この回はここで終了します。」

しかし、そのテロップを読んでいる視聴者(僕)は、話の内容がヤバすぎたので、スタッフはわざと間に合わないことにして話を強引に終わらせたんだなと了解する。


という内容の夢。支離滅裂なんだけど、それが妙に「シンプソンズ」らしいよね(笑)
夢判断のしようもない内容だけども。

「ザ・シンプソンズ」の公式サイト
[PR]

  by tzucca | 2006-03-26 10:30 | → LIFE

<< サプリ、H20、宮大工 エンターテイメントを忘れてはい... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE