映画「Mr.&Mrs.スミス」

a0028078_1274399.jpg殺し屋の男と女がお互いの正体を知らずに結婚。だけどお互いの正体が分かった時、身元がバレた相手を48時間以内に消せという規定に従い、殺し合うことに!
っていう、CMや予告編でやってる通りのお話なんですけどね。
殺し合うって言っても、アニメのアクションみたいというか、昔で言えば「007シリーズ」みたいな感じ。ガンアクション部分はやっぱり香港ムービーなのかな。難しいこと考えずフツーに面白かったですよ(^^)

アクションや武器のギミックもいいんだけど、つまんなそうな夫婦生活の合間にお仕事をサクッとこなしていくところが笑えるんだよね。あはは、あんたたちおもしろーい。どーしてそこまでして夕食の時間に帰ろうとするのサ!(^^)
現実的にはありえない設定ではあるんだけど、夫婦ってどんなもんよ?って部分にけっこうリアリティがあって、男脳と女脳の違いを分析する本みたいに「なるほどねー」とか「そうなんだよねぇ」っていう描写が楽しいの。

正体が分かってからは、アクション全開。お互いトップレベルの殺し屋なんで、たんなる結婚相手からリスペクトが加わってきて、だんだんアスリートのペアみたいになっていくんだよね。その過程にある、一緒に暮らしてきた相手を仕事のレベルで分析して見直してみるというのが、新鮮な視点かも。

破壊され尽くしたマイホームからの逃走が、2人とも下着姿というのがイイね!
ブラピとジョリーというセレブ中のセレブが、スリリングなカーアクションをトホホな格好でやってのけちゃうあたり、SMAPが「SMAP×SMAP」でアホなコントやるのと同じような意外性と余裕です。

知っての通り、僕はブラピのファンなんで、そこそこの出来だったらブラピが出てるだけでもうOKなんです(^^; それでも最近のブラピ出演作の中では、一番よくできた作品じゃないかな。アンジェリーナ・ジョリーとのペアがともかく正解。女優としては、最初にキャスティングされていたニッコール・キッドマンの方が好きなんだけど、キッドマンじゃこんなにうまくいかなかったと思う。キッドマンじゃノースタントでここまでのアクションできなかっただろうし。

今のブラピ様ってイケメンとは言えないんだけどさ(笑)、セクシーなボディでやんちゃなオトナの男ってのが、とにかく魅力的。個人的には「セブン」「ファイトクラブ」のちょっとダーティなブラピ様が好みではあるんだけど、この作品のコメディ・センスはいい具合にツボだったみたい。男ってONもOFFもクールなわけじゃなくて、ここ一発っていう時以外はけっこうしょーもない生き物。そんな2面性を、へーぜんと演じてたのが良かった。

この映画のポスター・デザインは、最近の映画では一番のセンスですね。ブラピとジョリーの立ち姿が、なんと絵になることか!今後、夫婦であることをアピールする男女のデザインといえば、このポスター・デザインがテンプレート化していくことでしょう。と思っていたら、今年の年賀状でさっそく夫婦でパロディしている友人がおりました。なーいす!(^^)
@このポスターが貼られ始めた頃って、この映画をヒッチコックの「スミス夫妻」のリメイクものだと思っていたのでした(^^; 全然カンケーないTVドラマの映画化だったんだね。

(2005年1月8日 日比谷スカラ座)

「Mr.&Mrs.スミス」公式サイト
[PR]

  by tzucca | 2006-01-09 23:55 | → MOVIE

<< 映画「バッド・エデュケーション」 映画「秘密のかけら」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE