たわいもなく、いきましょうや。

ちょっと気をぬくと、すぐに吐き気がぶり返してしまうから、
相変わらず外食が少しコワイし、土日は地元に引き籠もること多しです。

今年の後半4ヶ月はずっとそんな調子。

どっか出かける時は、ゆいと一緒か1人がほとんどで、
友だちと遊びまわる機会がめっきり減ってしまい、
ちょっとつまんないなぁと思いつつ…。
実際遊び回らなくていいから、仕事の打ち合わせ以外で、
人とたわいもない会話をもっとしたいであります。
省エネルギーモードで仕事していると、
自分1人の世界に入っちゃうか、考え事しちゃうかで、
だんだんとしゃべらなくなってるし。

といいつつ、先日外部のクリエイターさんと打ち合わせした時
「いつもハツラツしていてパワーありますねぇ」
なんて言われて「なるほど、そういうものか」とテメェの外面の良さに
ちょいと苦笑しちまいました。

唐突ですが、前から話題になっていた本「きょうの猫村さん」が家にあって
一気に読んで妙〜な気分になりました。
決してほのぼのしたお話じゃないのに、らくがきのよーな絵と
かいがいしく働くネコさんの姿に、"脱力系"という言葉がぴったりなのか
どうか?だけど、気分的なデトックスになりました。
ウチのみづきさんも、僕を愛してるなら家事をやっておくれ(笑)

あと同じくベストセラー本「生協の白石さん」も一緒にあって、
前評判通りに"白石さん"のソツがなくもユーモアある回答に、
微笑ましくも拍手です。フツーのオトナが、実はスゴイ!ってのが
楽しかった、いや恐れ入りました。
[PR]

  by tzucca | 2005-12-14 00:28 | → LIFE

<< クリスマス・イルミネーション ホアキン・コルテス >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE