戸隠のそばと小鳥が池

a0028078_14338.jpg

花火大会明けの翌日、長野から戸隠にあがって、蕎麦を食いに行きました。
戸隠にはおいしい蕎麦屋がいくつもあるんですよね。中でも行列ができる有名店「うずら屋」さんの蕎麦が食いたい、ってことで45分ほど待っていただきました。
おいしゅうございました(^^)そばがきもたまらなかったぁ。
→くわしくはゆいのBLOG

a0028078_144062.jpg

最近なぜか、木々の生い茂る中を歩きたいなぁなんて思ってたんですよ。
都会でないと機能しない僕ですが(ウッディ・アレン風)、RGBカラーでない自然のグリーンを目に映したいって時々思うんですよ。あと新鮮な空気ね。
中社から少し離れた山道を歩いていくと、まさに望んでいたような鬱蒼とした木々と流れる小川。これだわ、これよ!と思って山道を進んで行くと、いきなり視界に朽ちかけた墓石たちが。ぎょっ。いくつかは苔が生えて倒れてます。このあたりは合戦の地でもあるので、武者の墓だったらやだなぁと思いつつ「すみません、前、失礼します」と声に出して通りすぎました。見てみたら、住職たちの墓だったので少しほっとしたりして。ちょっと横溝正史ものみたいなシーンでした。

そしてとぼとぼ歩いていくと、いきなり視界が開けて現れた「小鳥が池」。
人気がなく鳥の鳴く声しか聞こえないこの池、鏡面となった水面がとにかく美しかったぁ。さっきの墓につづいて、またしても横溝正史ものみたいなシーンと出くわした感じでした。
[PR]

  by tzucca | 2005-07-27 01:05 | → LIFE

<< 足立の花火2005 長野県・須坂市「蔵の町須坂 花... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE