アサヒ 「南高梅(なんこうばい)」

a0028078_342245.jpgタイミング逃して書いていなかったけど、実は最近一番リピーターしているのが、この「南高梅」っていう梅炭酸飲料。
大粒で皮が薄く肉厚な梅の高級品種、紀州産南高梅の梅果汁を1%使用、クエン酸1200mgという、品種ブランドと健康志向にのっかったような梅ドリンクだけど、けっこううまいのよ。
ウチの家族は、毎年紀州産南高梅を大量に買い込んで、自家製梅ジュースを作ってるんですよ。まじめに作った自家製のおいしさと香りは別格だけど、この「南高梅」は147円ペットボトルにしてはイイ感じ。

梅酒のアルコールぬきっていうのが梅飲料の味だけど、アルコールを抜きにすると甘酸っぱさが濃すぎると感じることもあるんだよね。
でもこの「南高梅」は、甘すぎず、果汁1%ではあるけれど果肉の味が感じられて、炭酸と梅の甘酸っぱさのバランスがいい感じにまとまってるなと感じたんだ。
発売されてしばらく経っているから、もう店頭から消えててもおかしくないんだけど、いまだにちゃんと売ってるし、BLOGでの評判もいいみたいで、寿命の長いドリンクになるかもです。

パッケージデザインもなにげにインパクトあるよね。果実感を前面に出すんじゃなくて、思い切り「チョーヤの梅酒」のボトルみたいなデザイン。半透明のグリーンを透明ペットボトルに巻いてあるだけなんだけど、生梅から作った飲み物って印象を受けるから、ボトルの印象って大きいよなぁ、とつくづく。

(2005年2月16日全国発売・500mlペットボトル・定価税込147円)


◆アサヒ飲料:ニュースリリース「アサヒ 南高梅(なんこうばい) PET500ml」新発売
[PR]

  by tzucca | 2005-04-16 23:58 | → DRINK&FOODS

<< 緑茶対決。若武者、生茶、一、伊... レオ様と同じ石けんでカラダを洗... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE