胃痛と寒さとドコモだけ

3年前から、1月になると胃を壊す僕。
仕事がたて込むのは、1年中なんですけど(人が少ないもんで)、1月から3月にかけては、とにかく案件がいくつも重なっちゃうんですよね。で、他人に対しても自分に対してもイライラすることが増えるんですが…。
原因はそれだけじゃない気がする。
この時期もっともストレスを感じるのは、寒いこと!
2月の雪が降る日に生まれた僕だけど、とにかく寒いのが苦手。とてつもなく不快。
積極性やパワーが、すべて寒さに吸い取られちゃうの。この時期、生き物はすべからく冬眠すべきだよ!あったかいところに引きこもろうぜ!って気分全開です。
なのに、ああ、それなのに、1年の中でもっともパワーが必要な仕事の量。
カラダに鞭打つとはこのことね。この濃い系の顔は、やっぱ南方系に生きるべきだって証なんだと思うよ。

電車の中吊りにある「ドコモダケ」ちゃんがやたら目に入ってきます。
キノコのキャラクターで「ドコモダケ」とは、直球すぎだけど、やったもん勝ちだよなぁ。
キノコか、キノコねぇ…。食べるのは好きなんだけど…。

東宝特撮映画が大好きだったガキの頃。はじめて「マタンゴ」って映画を観た時の衝撃と恐怖は、よくトラウマにならなかったと思うくらいでした。
無人島に漂着した若者たち。そこには不気味なキノコ以外には食料がなく、空腹に絶えきれずにそのキノコを食べた者は…、キノコ人間になっちゃうんですぅぅ。
しかもその若者たちは、力を合わせて助かろうなどとは考えず、理性を失ってエゴ剥き出しの醜い争いを繰り広げていて…。
キノコも人も、とにかく恐くて、この映画のせいで、キノコの姿をしたままではキノコが食べられない子になってました。
子供の頃の衝撃があまりに強く、実は大きくなってから一度も「マタンゴ」を観なおしていないんです。今観て、思ったほど恐くないとか、チャチさに目が行ったら、嫌だなって思っちゃって。
さすがに今ではキノコ食べられますけどね。むしろ、好きだし。

車内広告の「ドコモダケ」を見つめてたら、いつのまにか居眠りしてました。
そこでみた夢。梅酒をつける透明なガラスの瓶に、茶色い液体がつまっていて、白くて不定形なものが浮かんでいます。子供の頃やたら流行って、友だちの家に遊びに行くと、たいてい置いてあった<紅茶キノコ>。僕は、恐くて飲めませんでした。
誰かは覚えてないけど、親しい人がその<紅茶キノコ>をカップに注ぎ、「さあ、早くこれ飲んで。すぐよくなるから」ってカップを差し出しています。やだ…やだやだやだ。「みんなみんな飲んでるのに。みーんな飲んでるんだよ。」やだ、やだよぉ。すると友だちらしいヤツが、ビールジョッキくらいのコップで、ゴクゴクとそれを飲んでいるのが目に入りました。そいつが振り返って「ほら、みーんな飲んでるんだよ」。そういう彼の目は真っ白だった…。

うわぁぁぁぁ。そこで目が覚めた。見渡すと降りる駅にもう到着していて、ドアが閉まるジングルに、あわててホームに走り出ました。
恐かった、今の夢。なんでこんな夢みるんだ…。夕方から、急に胃が痛くなってきたから、弱りはじめた僕に、なにかの警告か?
わからない。わからないけど、「ドコモダケ」はキノコなんですよ。
[PR]

  by tzucca | 2005-01-11 22:57 | → LIFE

<< Mac mini こりゃ、すげーわ 大(Oh!)水木しげる展@江戸... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE