JT「華 烏龍烏龍」

パッケージデザインと味の秀逸さで、烏龍茶ドリンクのAランクだったJT「紅烏龍」。その流れを受け継ぐ「烏龍烏龍」シリーズから、桂花(金木犀)をブレンドした「華 烏龍烏龍」が登場。

「烏龍烏龍」の感想では、ウナギのようなドラゴンと書きましたが、今回そのウナギのラインが舞ったレトロ・チャイニーズなロゴが目をひきます。このデザインは、アラン・チャン氏の手によるもので、言われてみればなるほどです。
アラン・チャン氏は香港の著名なグラフィック・デザイナーですが、同時にお茶へのこだわりが強い方として有名で、数年前に〈お茶の達人〉としてキリンから「Mr.CHAN」をリリースしましたね。また新宿高島屋には「茶語(Cha-Yu)」というティールームを持っています。

この「華 烏龍烏龍」のブレンドにチャン氏がかかわっているかどうか知りませんが、なかなか通好みな味です。花の香りがダメっていう人は、下がっていてください(^^;
秋の花茶「桂花」と烏龍茶とのブレンドは、烏龍茶の苦みがなくとてもまろやかで華やか。毎日飲みたいドリンクとは言えませんが、ちょっとだけ優雅な気分に浸りたい時にはマダムな気分になれます。ほほほっ。

(2004年9月13日発売)
[PR]

  by tzucca | 2004-09-19 01:03 | → DRINK&FOODS

<< ナイト・キャンプと猫の森 自宅の居間はネイキッドな蛍光灯 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE